« 12/10の46P ウィルタネン彗星 | トップページ | 1/16の月 »

2018年12月14日 (金)

12/13の46P ウィルタネン彗星

ふたご座流星群のピークが間近で遠征日和ですが 風邪こじらせて体調不良なので自宅でおとなしく ウィルタネン彗星だけ撮りました(^_^;)

彗星は おうし座の賑やかな場所に近づいて来ました↓
46p_20181213_map

10日に撮った時は写らなかった尾が写らんかと 前回と同じ機材で撮影。彗星位置基準で合成すると↓
46p_20181213_fs60f6_l60x30sec
2018/12/13 22:07-  FS60 + FC/FSマルチフラットナー + SXVR-H694  L 60x30sec (bin2x2)

時々流れて来る雲や PCの突然の再起動に邪魔されながら LRGB合成用の画像も撮ってみました・・が カラー化はめんどくさそうなので L画像だけ使って合成してみました。こちらは淡い尾が時計の10時方向に出ているのが 撮影中に分かっていました・・・遅い時間帯だと町明かりが落ちた分 天体が写りやすくなるのかな?
46p_20181213_fs60f6_l30x30sec
2018/12/13 23:38-  FS60 + FC/FSマルチフラットナー + SXVR-H694  L 30x30sec (bin2x2) iEQ45Proオートガイド

で 早い時間帯の分も 強調したら尾が出るかもと アストロアートの Larson sekanina filter を使うと 彗星核から延びる尾らしき模様が出て来たのでした↓
46p_20181213_ls
移動天体の合成は面倒ですね。
ステライメージ8は自動で彗星核基準の合成が出来るそうですが アストロアートでは画像のfitsデータや軌道要素 カメラのピクセル情報入力で 似たような合成が出来ます。
10日に撮った画像はDSSを試したのですが 彗星核を手動で指定するのが面倒でした・・彗星も恒星も止める処理に期待したのですが 引きずったような痕跡が目立って見事に失敗(>_<)

追記: 12/15
その後 RGB画像を処理してLRGB合成してみましたが 彗星の色が薄めに出ただけでした↓
46p_20181213_fs60f6_lrgb57x30sec
ふたご座流星群の極大日 阿南市の自宅は雨のち曇りで1個も見えず(T_T) 天気予報は晴れでは?
 
 

« 12/10の46P ウィルタネン彗星 | トップページ | 1/16の月 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/10の46P ウィルタネン彗星 | トップページ | 1/16の月 »