« 自宅で星撮り ライブスタックの練習 | トップページ | 1/25の月 μ180F12+IRパスフィルター+ASI385MC »

2018年1月16日 (火)

自宅で星撮り μ180+ASI385MCでエスキモー星雲

風が収まってシーイングが良くなったかもと ふたご座の惑星状星雲をミューロン180で撮ってみました。まずはレデューサーを着けてF9.8焦点距離1764ミリ 1枚当たり5秒露光で288枚の総露光24分のエスキモー星雲は↓
Stack_32bits_288frames_1440sngc2392
2018/1/15 23:11 288x5sec シャープキャプチャのLiveStack画像取り込み
NGC2392Eskimo μ180+RD(F9.8)+ASI385MC
なかなかの解像度が出ましたが 後で撮った直焦点には負けましたcoldsweats01 まあ レデューサー着けたら多少解像度低下は仕方ないですね
ライブスタック画像を強調したのですが 例によって原色のホットピクセルが散見
赤道儀はiEQ45PROですが ホットピクセルの軌跡から赤道儀のピリオディックモーションは±13秒程度と思われます
LiveStack画像では無く 5秒画像300枚をオートスタッカーでスタック後 いじくり回した画像は↓
Ngc2392m180rdasi385mc300f
エスキモー星雲の左下に線になって写っているのは小惑星288のようです(13等星)
アストロアート6付属の星図で見たら 写野に幾つか小惑星が居たようですが288以外はかなり暗くて写っていません↓
Mp288
続いてレデューサーを取り外して直焦点F12(焦点距離2160mm)総露光30分のエスキモー星雲は↓
Ngc2392_m180f12_360x5sec
2018/1/16 00:52- 5秒露光360枚の総露光30分 アストロアート6で画像取り込み 360/1100枚をオートスタッカー3でスタック レジスタックス6でシャープ処理 
ミューロン180で何度か撮ったエスキモー星雲の中ではダントツの解像度です・・1枚5秒の短時間露光が効いたのでしょうか?高感度低ノイズカメラは凄いですねhappy01 
ASI385MCのGain400 Offset150にしたのですが オフセットが小さすぎたようでヒストグラムの左が切れていました 残念↓
Ngc2392_hg
 
 

« 自宅で星撮り ライブスタックの練習 | トップページ | 1/25の月 μ180F12+IRパスフィルター+ASI385MC »

天文」カテゴリの記事

コメント

初めまして、惑星状星雲の撮影で検索してたどり着きました。
似たような撮影をされている方がおられてうれしいです。
私はまだまだ試行錯誤の最中です。

M57は私の15cmよりもはるかに良く写っていますね。

最近、天体用CMOSカメラ掲示板というのを立ち上げました。是非お越し下さい。

Yamashitaさん初めまして、コメントありがとうございます。

M57はたまたま気流が良かったようで、最近出番の無いC11の口径が活きたのでしょう。

カメラは未だ使い方わかっていないので暗中模索で撮影しています。いっぱい失敗しながらの回り道です。CMOSカメラ掲示板にお役立ち情報書き込めるといいのですが・・よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅で星撮り ライブスタックの練習 | トップページ | 1/25の月 μ180F12+IRパスフィルター+ASI385MC »