« ヘビ座の散光星雲 M16 | トップページ | おおぐま座の回転花火銀河M101 »

2017年5月13日 (土)

Astroart6のスクリプトで最大12個のボタンが使える

アストロアート6のスクリプトを走らせて冷却CCDカメラで撮像しているんですが 露光時間のインプットなどはキーボードをたたいていました。薄暗いので入力間違いもありそうです。マウスでボタンに割り当てた数値が入力出来たら便利ですが最近 ボタンを扱えるようにアストロアートのスクリプトがバージョンアップされたようです。
ビニング撮影の2つの変数にボタンで入力を試してみると
Aas
上の2行で変数binLにLフィルターのビニング数を代入
Aal
下の2行で変数binCにRGBフィルターのビニング数を代入してみます
Aargb
左端のボタンに よく使う数を割り当てると便利かと・・
Aae
露光時間は自分の場合 5つのボタンにそれぞれ 300 600 10 60 120 とか割り当てておくと だいたい間に合うかな?
 

« ヘビ座の散光星雲 M16 | トップページ | おおぐま座の回転花火銀河M101 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216629/65275804

この記事へのトラックバック一覧です: Astroart6のスクリプトで最大12個のボタンが使える:

« ヘビ座の散光星雲 M16 | トップページ | おおぐま座の回転花火銀河M101 »