« おおぐま座の回転花火銀河M101 | トップページ | 南天低空の ろ座銀河団 »

2017年5月28日 (日)

しし座銀河団 Abell 1367

4月と5月の5日分で合計10時間余り撮り貯めた しし座の銀河団Abell 1367を処理しました。FC60(合成焦点距離360ミリ)とチップサイズの小さな冷却CCDカメラで銀河の群れを一網打尽にできました。銀河同士の相互作用できたと思われる 不思議な形の銀河が多くて興味深い領域ですね。大型機材で撮った高解像画像が見たくなりました。
ほぼトリミング無し画像は こんな感じです↓
Abell1367_fc60f6_610min
2017/4/28 4/30 5/18 5/19 5/22  L86x5min RGB各12x5min
FC60+RD(F6)+SXVR-H694 iEQ45Pro アストロアート6スクリプト自動撮影 徳島県美波町
画面左上の明るい星は しし座93番星(4.5等星)で 写ってる銀河は明るくても12等星と 眼視するには大きな望遠鏡が必要そうです。
 
元画像を150パーセント拡大して主な銀河をトリミング
まずは 中央付近の巨大楕円銀河? NGC3862  中心は明るいけど その周りのハロは暗くて大きく広がってるようです・・右上にも長く伸びてるようにも見えます。ハッブル宇宙望遠鏡で撮影の 銀河中心巨大ブラックホールから光速に近いスピードで吹き出してるプラズマ流の静止画や動画がアップされてます。
Ngc3862
次は 巨大楕円銀河NGC3842と右の青く細長い銀河UGC6697で UGC6697は星が次々と生まれてるスターバースト銀河のようです。星の原料のガスは そのうち吹き飛ばされてしまうようです。
Ngc3842ugc6997
次はNGC3861で 土星と輪のような形の渦巻き銀河です。トリミング無し画像には同じような形の銀河が他にも写っているようです・・小さくて暗いけど・・・
Ngc3861
次もリング状構造の銀河NGC3821 
Ngc3821
次は何とも不思議な形のNGC3816  小さな銀河を取り込む時に出来たと思われるスジがうっすら写っています。ハッブル宇宙望遠鏡並みの高解像でぜひ見てみたいものです。
Ngc3816
撤収前の機材は こんな感じです↓
Kimg0015
望遠鏡接眼部の回転装置はタカハシ純正品を持っていないので 星見屋さんから購入した回転装置を使っています。ツマミが小さくて微調整が少しやりづらいので ちょっとだけ回転する時は鏡筒バンドを緩めて鏡筒全体を回しています。
電源はSUAOKIのリチウム充電池(220WA)を2個使っています。冬に1個で使っていたら一晩持たず カメラにノイズも乗ってたので 電池1台はカメラ専用 残りの1台は赤道儀 パソコン USBハブの電源に使ってます。
現地到着から撮影開始まで 最初は軽く1時間超えていましたが 何度も通う内に1時間でなんとか準備OK。10数秒でカメラの写野中心に導入補正してくれるのがありがたい。
 
 
 
 

« おおぐま座の回転花火銀河M101 | トップページ | 南天低空の ろ座銀河団 »

天文」カテゴリの記事

コメント

いつもながらすばらしい写真ありがとうございます。6センチのフローライトでここまで写るなんて素晴らしいです。具体的な撮影の現場の写真大変参考になります。これだけの移動可能な器材でこのクオリティーは価値ありますね。6センチ直焦点でガイドスコープでなくオフアキというのも斬新です。軽量化の為でしょうか。オフアキシスガイド装置は何をお使いでしょうか。また赤道儀はかなり特殊なものですが、タカハシのEM11をお使いでないのはどんなアドバンテージがあるのでしょうか。差し支えなかったら教えてください。

うっぱしさん、こんにちは。
古い鏡筒ですが、今時の望遠鏡より暗い口径比8.3が案外良かったのかも知れません。
それでもやはり6センチなりの分解能ですので、良シーイングでは大口径長焦点を使いたいです。
上画像のオフアキはTS-OAG9で光路長11ミリ程です。
オフアキはガチガチに固めていない鏡筒のたわみでガイドずれが発生するのを防ぐ目的で使っています。軽量化は副産物です。
赤道儀はEM11よりノータッチではかなり劣ると思いますが、ガイド撮影では直径130ミリの大きなウォームホイールが有利に働くのではと思っています。赤道儀は自己責任で分解して、購入時よりガタが小さくなるよう調整しています。

教えていただき感謝します。大変参考になりました。この鏡筒はFCなのですね。FSとばかり早合点していました。架台も私にはタカハシ以外思いつかないので参考になります。FS60BCををコンパクトでいつでもすぐに小遠征できるシステムの構築を考えています。今後ともブログ楽しみにしています。参考にさせてください。

FS60レデューサー付きを持っていて、デジカメでアンドロメダ銀河やオリオン星雲を撮った事ありますが、なかなか良い写りでした。コンパクトな鏡筒なので、風によるブレにも強そうですね。
長い間ブログ更新が出来て無くてすみません。次の新月期あたり、また頑張りたいと考えてるのですがどうなりますやら。夏は気流が良い日があるので、高解像な画像も撮ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おおぐま座の回転花火銀河M101 | トップページ | 南天低空の ろ座銀河団 »