« 自宅で星撮り 総露光12時間のM81とM82 | トップページ | 2/24-25の星撮り »

2017年2月20日 (月)

撮影写野中心への天体自動導入

赤道儀の自動導入一発ではカメラの写野中心に入りません。下手すると写野から外れている事も。こんな時 撮影された画像から座標を計算して目標を中心に導入する機能があると便利ですが ステラショットやAPTにはこの機能があって便利そうです。
自分は天体統合ソフトのAstroart6を使ってるのですが 写野中心導入のスクリプト例がAstroartに載ってるので しし座のレグレスでスクリプトを走らせてみましたが・・
Aa6_regulus
レグレスは中心から右上に外れています(-_-;)
↑の結果はステラナビゲータやTheSKYなどから導入した場合で Astroart6付属の星図からは中心にちゃんと入ってきます。画像からの座標計算は一瞬で終わります。
Astroart6は2000年分点で計算してるようで 外部プラネタリウムが使ってる視位置との差が導入誤差になったようです。
で 2000年分点に変換したらいいかもと↓の1行をスクリプトに挿入すると
ra,de = PrecessionJ2000(ra,de)
レグレスは写野中心に来たのでした。
Astroart6のテレスコープコントロールにJNowにチェック入れる処があるんですが なぜかうまく動作してないようでした。
よく分からんけど とりあえず中心に持ってこれたので まぁええか。
 

« 自宅で星撮り 総露光12時間のM81とM82 | トップページ | 2/24-25の星撮り »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216629/64919413

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影写野中心への天体自動導入:

« 自宅で星撮り 総露光12時間のM81とM82 | トップページ | 2/24-25の星撮り »