« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月24日 (土)

12/23の月と木星

180mm望遠レンズとデジカメで月と木星のツーショット撮り。無精して小型三脚にカメラを乗せたのでシャッターショックでブレていました。
Img_9632_2
レンズはタムロンSP180F2.5をF4で使いました。薄明の青色を出したかったのですが 処理してる内に色が飛んでしまいました( ;∀;)
撮影データは↓です 
Img_9632_fit

12/21の木星

前回の最悪気流よりかなり改善した見え方の木星をミューロン180とUSBカメラで撮ってみました。ガリレオ衛星が近くに居て PCモニタには木星本体に衛星の影も見えていました。
Jp161221
FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Camera=ZWO ASI174MC
Filter=L
Profile=Jupiter
Diameter=34.42"
Magnitude=-1.88
CMI=193.1° CMII=35.8° CMIII=126.2°  (during mid of capture)
FocalLength=4200mm
Resolution=0.29"
Filename=Jup_063635_Tile-018.ser
Date=211216
Start=063535.241
Mid=063635.248
End=063735.256
Start(UT)=213535.241
Mid(UT)=213635.248
End(UT)=213735.256
Duration=120.015s
Date_format=ddMMyy
Time_format=HHmmss
LT=UT +9h
Frames captured=9218
File type=SER
Binning=no
ROI=544x492
ROI(Offset)=848x376
FPS (avg.)=76
Shutter=10.00ms
Gain=300 (75%)
WBlue=99
Gamma=80 (off)
Brightness=0
AutoExposure=off
USBTraffic=95
WRed=70
HighSpeed=off
SoftwareGain=10 (off)
AutoHisto=75 (off)
Histogramm(min)=0
Histogramm(max)=2476
Histogramm=60%
Noise(avg.deviation)=n/a
Limit=120 Seconds
Sensor temperature=24.1 °C
 
処理はオートスタッカーで50パーセントをスタック レジスタックスでシャープ処理 150パーセントにリサイズしています。
 

2016年12月23日 (金)

12/20のイプシロンロケット2号機

20日の撮影は無理そうな天気でしたが ダメ元で那賀川河川敷に行って来ました。肝心の空は南西方向の仰角10度程まで双眼鏡でも星が見えない曇り空のようで 高度が上がるにつれ星が見えるものの透明度の悪い空でした。で 写らないだろうとカメラを適当な方向に設置しました。が 帰宅して画像確認したら うっすらと写っていたのでした↓
Rs1
2016/12/20 20h01m32s-20h02m13s(4秒露光8枚を比較明合成)
EF50mmF1.8(絞りF4で使用)
EOS Kiss X4 iso800
画面左上の星は1等星のフォーマルハウトで 明るい星なのに肉眼で分からない空の状態。いいかげんに設置したカメラの方向や傾きがかなりずれていました。オレンジ色の線がイプシロンロケット1段目のようですが 肉眼では気が付きませんでした。ステラナビゲータでは こんな感じで星が並んでいる様子↓
Img_9532_fov
ロケット2段目は透明度がましな空に上昇したようでオレンジ色の炎が肉眼で見え 双眼鏡では後ろに短い尾を引いてるように感じました↓
Rs2
2016/12/20 20h04m08s-20h04m35s(4秒露光6枚を比較明合成)
EF50mmF1.8(絞りF4で使用)
EOS Kiss X4 iso800
Img_9555_fov
ろ座付近を飛んでるイプシロンロケット2段目の写野です↑
その後2段目の光はオリオン座の下の うさぎ座付近で暗くなって見えなくなりました。
で 2段目ロケット軌道付近に雲のようにぼんやり光ってたので撮ってみました。
下の画像は4秒露光を4枚加算平均しております・・1枚ではノイズが酷い(-_-;)
Img_95669569
ロケット由来の雲のようで その写野は↓
Img_9568_fov
たくさん撮ったので ロケット雲付近をGIFアニメにしてみました↓
Rc
2016/12/20 20h06m24s-20h08m35s (4秒露光4枚を加算平均 x7アニメ化)
三脚固定撮影  撮影地: 徳島県阿南市那賀川町 
 
 
 
 

2016年12月20日 (火)

12/19 ボケボケの木星

月を撮った後 木星も撮ってみました・・今シーズン初撮り。自宅からは屋根が邪魔で 木星は南中前まで待たないと撮れません・・この日は すでに青空。来年は今の場所では木星撮影は屋根から木星が上らず無理かも。
PCモニターの木星は太い縞が2本見えていましたが なにも見えないのっぺらぼう状態になる時もしばしば。ピント合わせのガリレオ衛星は激しく飛び回って円盤像はまったく見えず( ;∀;)
Jp161219
木星 μ180+2倍バローレンズ+ASI174MC
FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Camera=ZWO ASI174MC
Filter=L
Profile=Jupiter
Diameter=34.24"
Magnitude=-1.87
CMI=240.7° CMII=98.6° CMIII=188.5°  (during mid of capture)
FocalLength=4200mm
Resolution=0.29"
Filename=Jup_064202.ser
Date=191216
Start=064132.282
Mid=064202.295
End=064232.308
Start(UT)=214132.282
Mid(UT)=214202.295
End(UT)=214232.308
Duration=60.026s
Date_format=ddMMyy
Time_format=HHmmss
LT=UT +9h

12/19の月

前回より良気流の月が撮れました。全6セットの内 1セットだけまともな気流でした・・夏には遠く及ばないですが 冬の当地では良気流でしょう。
Mpm_t5
ムーンパノラマメーカーで5番目の領域を撮影中↑
 
Fc_t5
ファイアキャプチャーの設定↑
 
Mpm161219m180f12asi174mc_t5
オートスタッカー2で 100/200枚スタックしてレジスタックス6でシャープ処理 ステライメージとフォトショップで調整した 領域5の等倍画像↑
Mpm161219m180f12asi174mc_t0_t7
マイクロソフトICEでモザイク合成↑
2016/12/19 03h06m-  露光10ms x200フレーム 100/200フレームx8合成 μ180F12 + ASI174MC iEQ45P  Moon PanoramaMaker0.9.2 FireCapture 2.5beta TheSky6
 

2016年12月17日 (土)

月専用パノラマ撮影ソフトで月撮りの練習

以前ブログネタにした ムーンパノラマメーカー(以下MPMとします) で月を撮ってみました。凄まじい悪気流でボケボケの画像量産しましたが ソフトの使い方練習にはなりました。
Mpm1_2
手動で月のパノラマ撮影すると 恒星時で動かしてる望遠鏡の視野から月がだんだん外れてくるので厄介ですが MPMは自動でズレを修正しながら撮影してくれるので楽ちんです。MPMの指示に従ってランドマークとなるクレータをキャプチャー画面のレチクル交点に入れ 次に月の明るいリムがカメラの短辺に平行になるようにカメラを回転してピント合わせておきます。スタートボタンをクリックしたら MPMがアスコム望遠鏡コントロールとキャプチャーソフトのファイアキャプチャーと連携して自動的に撮影してくれるので ただ撮影終了まで待っているだけでOK
Mpm2
ファイアキャプチャーもしばらく使ってないので 設定など忘れていました(-_-;)
Mpm3
少し処理してみましたが あまりにボケボケ画像だったので 全部処理してパノラマ合成するのは止めました( ;∀;)
 

2016年12月10日 (土)

こうのとり6号打ち上げロケット H-IIB6号機を徳島から撮る?

12/9の22:26:47に種子島宇宙センターから打ち上げられたこうのとり」6号機(HTV6)の光跡を四国の東端付近から狙ってみました。撮影場所は徳島県阿南市那賀川町で図の赤丸付近。JR阿波中島駅から約1キロメートル西の那賀川北岸河川敷からです。
Anan1
Anan2
グーグルのストリートビューで撮影地付近から南東の方角は こんな感じです。山が連なっていて 仰角およそ2度以下は見えなさそうです。
Anan3
種子島の発射台と およそ500キロメートル離れているようです。
Dist
で 三脚にEOS Kiss X4を載せ 標準ズームキットEF-S18-55mmレンズを18mmF4.5にセット カメラ感度iso1600で露光5秒にして連射しました。北天は雲が多く北極星も見えませんが  南西方向は晴れているようでした。
4コマに赤っぽい光跡が写っていて ロケットの光跡かもしれません。撮影地に到着したのが発射5分前で正確な時刻合わせの余裕が無く カメラのSDカードに記録された時刻は約1秒遅れています。おまけにあわてて自宅から移動したので双眼鏡忘れて眼視観測できず。
Img_9424
Img9424data
オレンジ色の光害の右奥 山の稜線から左上にロケットが上がって行くようです
Img_9425
Img9425data
 
Img_9426
Img9426data
Img_9427
Img9427data
この後の画像は ロケット光跡らしき物は何も写らずでした。打ち上げから2分弱の補助ロケット燃焼中はメチャ明るいので写りやすそうですが その後はかなり暗くなって広角レンズでは写すのが困難なのかも?
トリミング無しの縮小画像では光跡が見にくいので 等倍トリミングした画像をGIFアニメにしてみました。
Htv6__from_anan
補助ロケットの燃焼が終了間際になるにつれ 暗くなって写りづらくなっています。
 
追記:写っていたのはロケットだろうということで 下の画像をJAXAに投稿しました(サイズはもう少し大きいです) てげてげさん、ありがとうm(__)m
Htv6_efs18mm_4x5sec
HTV6_from_Anan
2016/12/09 22h28m23s-22h28m47s (5秒露光4枚を比較明合成)
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS (18mm F4.5で使用)
EOS Kiss X4 iso1600
三脚固定撮影  撮影地: 徳島県阿南市那賀川町 
 
 

12/9の月

ミューロン180とUSBカメラで月を撮ってみました。ピントの山が全然分からない気流でしたが 久しぶりの撮影&処理で良いリハビリになりました。いつか気流に恵まれたら ビシッと決まった画像を手に入れたいものです。
Mn161209_1
 
Mn161209_2
 
Mn161209_3
μ180 + ASI174MC 22ms x160  AS!2 RegStax6 PhotoshopCS6

2016年12月 9日 (金)

12/8の月

久しぶりに望遠鏡を出して月を撮ってみました。
デジカメで8枚連射してフォトショップで現像 オートスタッカーで重ねると
161208fc60_as28pic
レジスタックスでシャープ処理した後 フォトショップで調整して縮小
161208fc60f16
 
等倍ではこんな感じで
161208fc60f16n
161208fc60f16s
口径6センチ望遠鏡とデジカメで今の時期ではまずまずの写りでしょうか。USBカメラの動画を処理したら もう少し切れの良い画像になるのかな?
2016/12/08 20:11  タカハシFC60 + 2倍リアコンバーター + EOS Kiss X4 iso100 1/13sec X8  AS!2 RegStax6 PhotoshopCS6

2016年12月 3日 (土)

12/3の月と金星の接近

南西の空で金星と細い月が並んで綺麗に見えるハズと久しぶりに撮影しましたが
 
Img_9290
 
最初は薄雲に邪魔されました。  EOS X4 iso100 1/4s  SP180mmF4
Img_9297
待っていたら雲が薄くなりましたが 今度は送電線に邪魔されました。 iso1600 1/2s
Img_9317
さらに待っていたら 今度は金星が山の木に邪魔されました( ;∀;) iso800 1/2s  自宅から三脚固定撮影

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »