« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

7/31のリング星雲M57

晴れが続いていますが雲も多くて星撮りは難しい空が続いていました。30日は珍しく雲の少ない空が来たのでM57を試し撮り。

M57_c11_asi174mc_1080x5sec

M57 2016/07/30 22:47- 1080x5sec  C11+μ用コマコレクタ+ASI174MC ノータッチガイド

気流はいまいちでしたが 短時間多数枚のおかげか 過去最高のリング星雲が出てきて嬉しい~ ( ^ω^)

2016年7月10日 (日)

7/6-7日の惑星状星雲 その4

最後はアンドロメダ座のNGC7662青い雪玉星雲です。明け方は気流が安定してきたようで 今まで最高の写りでした。

Ngc7662_m180f10_120x5sec

NGC7662 2016/07/07 02:14:36- 120x5sec(AutoStakkert!2で1.5倍拡大スタック) μ180(コマコレクタF9.8)+ASI174MC iEQ45Pro極軸ずらしドリフトによるノータッチガイド撮影

7/6-7日の惑星状星雲 その3

次 はくちょう座の惑星状星雲NGC6894で 初めて撮る対象ですが・・

Ngc6894_m180f10_720x5sec

NGC6894 2016/07/07 00:47:07- 720x5sec(AutoStakkert!2で1.5倍拡大スタック) μ180(コマコレクタF9.8)+ASI174MC iEQ45Pro極軸ずらしドリフトによるノータッチガイド撮影

1枚5秒露光では淡すぎ 1時間分重ねてもサッパリな写りでした。ちゃんとガイド撮影した長めの露光が必須のようです。

2016年7月 9日 (土)

7/6-7日の惑星状星雲 その2

続いて撮ったのは はくちょう座の NGC6826 まばたき星雲。撮りやすい対象なので過去何度が撮ってます。

Ngc6826_m180f10_120x5sec

NGC6826 2016/07/06 23:46:49- 120x5sec(AutoStakkert!2で1.5倍拡大スタック) μ180(コマコレクタF9.8)+ASI174MC iEQ45Pro極軸ずらしドリフトによるノータッチガイド撮影

自分がデジカメで過去に撮ったまばたき星雲より かなり解像度アップした感じです。ハッブル望遠鏡画像と比べると大ボケですが 口径はハッブル宇宙望遠鏡の約1/13 価格は宇宙スケール程の差があるでしょうから その割には健闘してるのかもしれません。  

2016年7月 8日 (金)

7/6-7日の惑星状星雲 その1

星が撮れそうな晴れ間が来たので薄明終了前から準備していました。が 雲が湧いたり消えたりの空でスッキリ晴れず約2時間ロス。雲があるので最初は気流もいまいち。

最初の対象はヘルクレス座の惑星状星雲IC4593

Ic4593__m180f10_120x5sec

IC4593 2016/07/06 22:46:41- 120x5sec(AutoStakkert!2で1.5倍拡大スタック) μ180(コマコレクタF9.8)+ASI174MC iEQ45Pro極軸ずらしドリフトによるノータッチガイド撮影

中心星付近以外はかなり暗い惑星状星雲のようで あかるいインナーシェルだけ小さな金平糖のように写りましたが 外側はまったく写らずガッカリ。土星状星雲を小さくした外観ですが 意外と淡いのかも。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »