« ノータッチガイドで撮った球状星団M13 | トップページ | 7/6-7日の惑星状星雲 その1 »

2016年6月17日 (金)

15日未明の惑星状星雲

ノータッチガイド撮影シリーズ 今度はりゅう座のキャッツアイ星雲NGC6543と こぎつね座のアレイ状星雲M27を撮ってみました。

Ngc6543_sharpcap

非冷却カメラなので センサー温度はすでに27℃超えていて 夏を乗り越えられるか心配になります↑

Ngc6543_m180f10_120x5sec

NGC6543 2016/06/15 01:15:48- 120x5sec μ180(コマコレクタF9.8)+ASI174MC iEQ45Pro極軸ずらしドリフトによるノータッチガイド撮影

短時間露光のラッキーイメージングのおかげで 良い感じの模様が出てきましたが 輝度の小さいアレイ状星雲はなかなか手強く

M27_as2

↑はオートスタッカー2で明るく表示してるので星雲がなんとか分かりますが 撮影中のPCモニタは恒星以外ほとんど真っ暗でM27が導入出来てるか不安になるほどです(^^;

それでも不思議なもので数百枚重ねたらアレイ状星雲が出て来ました↓
M27_m180f10_720x5sec

M27 2016/06/15 02:08:14- 720x5sec μ180(コマコレクタF9.8)+ASI174MC iEQ45Pro極軸ずらしドリフトによるノータッチガイド撮影




« ノータッチガイドで撮った球状星団M13 | トップページ | 7/6-7日の惑星状星雲 その1 »

天文」カテゴリの記事

コメント

キャッツアイとあれい状星雲。
どちらの写りも良いですねぇ~。

私もいつか?ASIカメラを・・・と思っていますが、
それより先に望遠レンズに手を出してしまい、
当分?ASIには手が出そうにありません。(-_-#)

短時間露出で得られた暗く淡い画像でも、
多数枚コンポジットで、何とかなるもんなんですねぇ。

望遠レンズって、もしかして鳥撮り用の大砲レンズ?いいですねぇ(^_^)v

短時間露出の多数枚ノータッチ撮影、撮った後のファイルサイズがとにかく大きくなってSSDやHDDの容量食いですが、処理自体は惑星処理に近いのでPCやソフトの進歩で案外時間かかりません。
一度やったらハマると思いますよ!

あはは、図星です。
でも高価なのは手が出ないので、
シグマの、150-600ズームにしました。
ちょっと、Fが暗いけど星撮りにも使えるかな?
と思いまして。f^_^;

>短時間露出の多数枚ノータッチ撮影
いやぁ~、憧れますねぇ。
いつかは私も・・・です。f^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノータッチガイドで撮った球状星団M13 | トップページ | 7/6-7日の惑星状星雲 その1 »