« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月26日 (火)

月面を自動でモザイク撮影するソフト

Cloudy Nights のフォーラムを見ていたら月をモザイク撮影する話がありました。で 読んでいたら 惑星や月の撮影でおなじみの FireCapture の作者が一連の動作を自動でやってくれる MoonPanoramaMaker という名のソフトをすでに開発しているようでした。

ASCOM接続の望遠鏡をFireCaptureのpreprocessingに実装するMoonPanoramaMakerがコントロールしながら自動モザイク撮影するのかな? 

ともかく 月のモザイク撮影が楽になりそうで楽しみ。後は良気流待ちですが これがなかなか・・・ 

2016年4月21日 (木)

4/19の木星

このところ晴れたら風が強くて気流が悪い状態になっています。いつもの春より少し悪いような気もしますが 惑星や月の見え具合はこんなものでしょうか。

19日の木星は大赤斑の後方がこちらを向いている位相でした。

Jp160419_1158_0

μ180 + RC2x + RC1.4x + ASI174MC 25ms 39fps gain300/400

木星面右端の黒い筋はイオの影で 計12分の露光で長く延びてしまっています。イオ本体は太い縞(北赤道縞)の中程に居るのですが 写りが悪くて分かりづらいですね。

木星と衛星の動きをgifアニメにするため連続で撮影していたのですが・・・

Jp160419_ani

子午線越えリミットが効いてしまい イオが木星から出てくる前に赤道儀が止まって目論みは失敗してしまいました(^^;

2016年4月16日 (土)

4/11と4/15の木星

寒気の影響か 気流いまいちですが 大赤斑の前後が写っている木星を処理してみました。南の暖気と北の寒気がコロコロ入れ替わる季節は 惑星や月がぼやけて見える日が多いような気がします。

Jp201604111221_2

μ180 + RC2x + RC1.4x + ASI174MC 25ms 39fps gain300/400

Jp201604111300_2

μ180 + RC2x + RC1.4x + ASI174MC 25ms 39fps gain300/400

Jp201604151401_9

μ180 + RC2x + RC1.4x + ASI174MC 25ms 39fps gain300/400







2016年4月10日 (日)

4/5と4/8の木星

5日と8日の木星動画を処理してみました。

5日は木星は高速で変形しながら揺れ続ける見え方でした。2分の動画を6セット撮影して処理した6枚の静止画をgifアニメにすると

Jp160405_a

6枚とも ぼやけた写りでシャキッとしませんが WinJUPOSのデ・ローテーションで束ねると

Jp160405_21h29m_j

少し解像度が上がった感じに仕上がりました。2016/4/5 12:29.4(UT) μ180 + RC2x + RC1.4x + ASI174MC 25ms 39fps Gain300 6x2min De-rotation

一方 8日の木星は大ボケの中に時々スッキリした像が混じる見え方でした。gifアニメにすると こんな感じ

Jp160408_a

3番目と4番目のセットだけ写りが良く あとはボケた画像でした。で 5日の木星と同じようにWinJUPOSで束ねてみましたが・・・

Jp160408_22h03m_j

解像度は期待したほど向上しません。写りの良いセットが2つだけでは De-rotationの効果は小さいのかもしれません。2016/4/8 13:02.2(UT) μ180 + RC2x + RC1.4x + ASI174MC 25ms 39fps Gain300 6x2min De-rotation

写りの良い3セット目の動画サンプルは こんな感じ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »