« FC60+ASI174MC ノータッチガイド撮影 | トップページ | 12/3の はやぶさ2 »

2015年11月 1日 (日)

10/31のハロウィン小惑星 2015 TB145

月軌道の少し外側を小さい山ほどの小天体が通過し 小望遠鏡でも見えるらしい10等星になるというので近場で撮ってみました。

撮る前にμ180望遠鏡144倍 眼視で視野の中を動く星を探してみましたが 楽に見えるかと思った星は 口径180ミリ望遠鏡では大苦戦・・・期待したイメージより暗い星が視野の中を動いていく様子を どーにか見ることが出来ました。

その後 75ミリ屈折望遠鏡に載せ替えてデジカメで撮影してみましたが カメラの背面モニターでは移動天体を確認出来ず ちとがっかり。でも 自宅のPCモニタで拡大してみたら うっすら線になって写っていたのでした。

Img_9210_sn9

ステラナビゲータ9でシミュレート

Img_9210_sn9_m

同じく 小惑星付近の拡大と恒星の等級

Img_9209

実写画像 中央左の線が小惑星?の軌跡のようです

Img_9210

10秒後の実写画像 左上に移動しながら写っています

Img_9210_tr

そのトリミング画像 











« FC60+ASI174MC ノータッチガイド撮影 | トップページ | 12/3の はやぶさ2 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

撮影成功おめでとうございます。
たった10秒の露出でも線になって写ってますね。
次は12月のハヤブサ2のスイングバイに挑戦されるのでしょうか?
ハヤブサ2はハロウィン小惑星より少し暗く11~12等ぐらいでは言われていますので、Fが明るく口径の大きな望遠鏡が良さそうですね。

てげてげさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
10等星なら、ハロウィン小惑星を見るのも撮るのも簡単と軽く考えてたのですが、現実はどちらもギリギリセーフ状態で危なかったです。
雲が通過コースに次々流れて来るし、自動導入した視野にはそれらしき移動天体がなかなか見つからずで、粘らなかったら成果無しで終了するところでした。
ハヤブサ2がさらに暗いとなると、捕らえるのは至難の業になりそうですね。
でも写らなくて当然と、ダメ元で挑戦するのも面白いかもしれません。
天気と準備が整ったら試してみるかもです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FC60+ASI174MC ノータッチガイド撮影 | トップページ | 12/3の はやぶさ2 »