« 2015年1月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年2月

2015年2月19日 (木)

1/17のC/2014 Q2 ラブジョイ彗星

暗い場所では肉眼で見えるらしいラブジョイ彗星を撮りに行って来ました。

機材はR200SS+冷却CCDカメラと タムロン180mmF2.5レンズ+EOS XTi改。

PCが冷却CCDカメラを認識せず かなりの時間ロスしましたが USBケーブルを交換したらなんとかカメラ認識して20時前からノータッチガイド撮影開始。

冷却CCDカメラはLフィルターでビニング4x4で30秒露光連続撮影・・彗星の頭部付近の変化狙いです。一方 R200SSの背中に同架のEOSは5分露光の連続撮影で 頭部から延びてる尾を狙いました。

冷却CCDカメラの画像から処理開始ですが

C2014q2_r200ss_h694

30秒露光で2時間余り撮り続けたので264枚も画像ファイルが貯まってしまった。

で 尾の変化が見たいので淡い部分を無理矢理強調しましたが 30秒露光1枚では動画の1コマに使うにもザラザラが酷い。

L002s

2015/01/17 19:56:21 JST  時刻は中央値  画角は横53' 縦42'で 1ピクセル4.6"

30秒露光3枚合成すると どうにか使えるノイズレベル?

L002t

2015/01/17 19:56:21 JST 3枚合成の中央値

約1時間経過した写りはこんな感じ

L132t

2015/01/17 21:07:44 JST 3枚合成の中央値

2時間余り過ぎ 撮影終了間際の写りはこんな感じで

L262t

2015/01/17 22:19:28 JST 3枚合成の中央値

彗星の尾の変化がどうにか写ったようです。でも 思ったより淡い(>_<)

淡くて長い尾の彗星のようですね(^^;

動画の試しに 5分間隔で並べてgifアニメにすると

Photo

強調不足画像では尾が薄くて変化が分かりにくいですね

追記: 頭部付近の画像比べて見ると 彗星核が反時計方向に回転してる感じが・・・錯覚なんだろうか?

追記 2/19 : YouTubeに動画をアップしました。最初、再生時間が8秒程の動画にしていたのですが、もっと高速な方が見やすいらしいので素材の静止画を1/3に間引いて短い動画にしました。まばたきしていると終わっているかも(^^;

尾が後方に流される速さが部分的に違う事が見て取れます。直線的にやや明るくなってる部分が他より圧倒的に早く流されているように見えます・・・頭部に対して数十㎞/毎秒で後退しているのでしょうか?

« 2015年1月 | トップページ | 2015年8月 »