« M31アンドロメダ銀河 | トップページ | ふたご座流星群2014/12/14 »

2014年11月25日 (火)

11/20プチ遠征の残り画像

M31を撮った後 次はM45スバルでも撮るつもりでしたが スバルの南を中心に対日照が見えていたので カブリが出そうで止めました。で スカイフラットを撮り貯めた後 前回撮ったオリオン星雲付近を懲りもせず撮影・・フルサイズカメラより写野が狭いので相変わらず窮屈な構図です(^_^;

Fs60cb_horsehead_orion_hd

2014/11/21 0h39m- 13x10min+8x5min+8x2min+8x1min+14x30sec+12x15sec FS60CB+RD(F4.2) EOS REBEL XTi改 iso800 旧アトラクス恒星時駆動ノータッチ

総露光時間が3時間を越えて前回の約2倍となり 少しは滑らかになったかも。

薄明前の黄道光が明るく壮大で 海面にその照り返しが出てるような感じがしました。

明け方の細い月をデジカメ手持ちでスナップ

Mn141121_05h46m

2014/11/21 05h46m 1sec  EF-S 18-55mm(55mmF5.6) EOS Kiss X4 iso1600

« M31アンドロメダ銀河 | トップページ | ふたご座流星群2014/12/14 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
アンドロメダ銀河にオリオン星雲付近すばらしいですね。
ところで、対日照とは!
聞いたことありますが、まだ見たことないです。
星撮り遠征した時に対日照にお目にかかえれる日を楽しみにしたいと思います。(^^)

はな子さん、こんばんは。
対日照はご存知と思いますが、太陽の反対側のダストが太陽光を反射してボーと光っています・・深夜12時の真南の黄道付近をがその位置です。

対日照は冬の天の川より暗いので、暗くて透明度の高い空が条件となります。そらし眼でぼんやり見てると、付近一帯がわずかに明るいのに気づきます。

次の新月期は対日照が天の川や明るい恒星に近くて肉眼で確認するのは困難になると思われます。今までの経験では11月初め頃が見やすかったです。

対日照って冬の天の川よりも暗いのですか。。
難易度高そうです。
見えやすい時期や見方を教えていただきありがとうございます。
来シーズン覚えてて頑張ってさがしてみます。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216629/60711220

この記事へのトラックバック一覧です: 11/20プチ遠征の残り画像:

« M31アンドロメダ銀河 | トップページ | ふたご座流星群2014/12/14 »