« 風にあおられてガイドエラー | トップページ | 山の紅葉 »

2013年10月22日 (火)

10/22未明の木星

台風の影響でしばらく天気悪そうですが 22日の未明は晴天の空に木星がくっきり。シーイングも この時期にしては良い方だったので いつものようにミューロン180で撮ってみました。

Jp131022_05h07m40s_100sec

2013/10/22 05h07m40s- 100sec  μ180 + RC2x (合成F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 640x480クロップ  4000フレームスタック

撮影の合間に オリオン座流星群でも飛ばないかと注視していましたが 1つも見つけられず(^^; 

« 風にあおられてガイドエラー | トップページ | 山の紅葉 »

天文」カテゴリの記事

コメント

師匠、こんにちは。(^^)/
さすがですねぇ~!

今回の木星、超綺麗です。
気流が安定していると、こんなに模様が写るんですね。
大赤斑の右に見えるグニャグニャした部分、
今後も形が変わるのでしょうか?
私の望遠鏡でも、こんなに写るで良いんですけど・・・

はしもとさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

この日の木星は、大揺れが無い安定した気流でした・・夏のシャープな切れにはとどきませんが。
大赤斑の右は、模様の変化が早くて面白いです。
はしもとさんの25センチ反射なら、μ180より分解能高いはずなので、気流の良い時に使ってみてはいかがでしょうか。


師匠、おはようございます。
私の25cmですか?
これまで何度か惑星に使ってみましたが、
ぜ~んぜん!良い結果になりません。(-_-#)

たぶん?車に積みっぱなしなので、
鏡が動かないよう、セルを強めに締めていて、
鏡面圧迫があるのと、光軸そのものが若干?
狂ってる為に像が甘いようです。
(超格安の鏡なので精度に疑問もありますが)

25cmもあると、シーイングの影響をモロに受けるので、よほど気流が安定してないと・・・とも思いますし。(と、言い訳してみる。f^_^; )

ゆ~くり、時間がある時にでも、
調整した上で、惑星撮りに挑戦してみます。

星雲・星団撮影用のセッティングで、鏡が動かないように固定しているのですね。
月や惑星の場合は鏡の圧迫は禁物ですので、鏡筒を軽く振って鏡からカタカタ音するのが良さそうです。
今の状態では恒星の焦点内外像が鏡の圧迫で変形しているかもしれませんね。
惑星を撮る前に近くの恒星像が丸いか確認されたが良いかもです・・・気流が良い時に高倍率で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風にあおられてガイドエラー | トップページ | 山の紅葉 »