« 9/29未明の月 木星 | トップページ | よくやる失敗 »

2013年9月30日 (月)

FC60 輝星に出る光芒

FC60の解像度に気をよくして9/29日の未明 月が近いけどプレアデス星団とオリオン星雲を撮ってみました。

マークX赤道儀とアストロアートでのオートガイドが目的の試写でした。赤緯のバックラッシュが長年の酷使で10秒を越えるマークX ガイドでキャリブレートが1回目は赤緯が動かず 赤経だけのオートガイドが始まってしまいました。でもキャリブレートすること数回で赤緯も動作してホッとしました。

等倍でわずかに赤経方向に流れていましたが 接眼部のリングがゆるんでガタガタだったので その影響だったのかも知れません。でも それ以上に困ったのが 明るい星の回りに出る光芒で スバルでは星雲と輝星の光芒が重なってワケわからなくなっていました。

M45_fc60f6_70min

2013/09/29 02h18m-  Lフィルター14x5min  FC60F6.3 SXVR-H694 マークX赤道儀 アストロアート5によるディザガイド(赤経のみ)

M42_fc60f6_38min

2013/09/29 04h02m- Lフィルター6x5min+6x1min+12x10sec

輝星の光芒 原因はなにか? うーん困りました。

追記 10/1 : 強い光源の回りに格子状に出るぼやけた斑点は 撮像素子由来という話もあります。とすると 写野に輝星を入れずに・・・て 散光星雲は輝星が多いですね(^^;

追記 10/2 : 光芒を修正する方法を思いつきました。疑星を撮影して 撮れた擬星まわりのゴーストパターンを使えば ソフト的に修正可能かも。でも 光学系検査のコリメーター装置みたいな物が必要になりそうで 現実的には??  

 

 

« 9/29未明の月 木星 | トップページ | よくやる失敗 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/29未明の月 木星 | トップページ | よくやる失敗 »