« 9/17未明の 2P/Encke | トップページ | 9/19未明の木星 »

2013年9月19日 (木)

FC60に使っているレデューサー

FC60は そのままではF8.3と暗く 星雲・星団撮りにはやや不便でレデューサーが欲しいところです。で 専用レデューサーは持ってないので かなり前にミューロン用に買ったレデューサーを使い始めました。

Fc60_rd

ミューロン180に使うとF12がF9.8に短縮されるのですが 15ミリの延長Tリングと組み合わせてFC60に取り付けるとF8.3がF6.3になりました。延長リングをもすこし長いもので試すと更に短縮出来ましたが 像が甘くなってNGとなりました。

Fc60_eos

APSデジイチでは写野周辺まで まずまずの画質で 焦点距離では近い100SDUFよりかなりシャープな画像が撮れます。

Fc60_h694

SXVR-H694を取り付けるとこんな感じですが 接眼部の回転装置が無いのでファインダーが見辛くなってしまいました。対策をなんとか考えねばです(^^;

これからの季節はシーイングが悪くなるので 焦点距離の長い望遠鏡は像がぼやけて不利になります。上のセットでは合成焦点距離が375ミリ程で悪シーイングに強いと思われますので シーイングに応じてR200SSと使い分けたら ピンぼけ画像量産を少しは減らせるかもと目論んでいます。

 

« 9/17未明の 2P/Encke | トップページ | 9/19未明の木星 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/17未明の 2P/Encke | トップページ | 9/19未明の木星 »