« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月22日 (金)

3/21の木星

大赤斑が正面むいてる木星を撮ってみました。西に低くなってる時間帯だったので木星は大揺れでしたが まあ仕方ないです。

Jp130321_20h03m20s_100sec

2013/03/21 20h03m20s- 100sec  μ180 + RC2x (合成F24) EOS Kiss X4 iso800 1/60s 640x480クロップ動画から 4000/5995フレームをスタック  自宅にて

3/21のC2011 L4 パンスターズ彗星

西空低いまんまで なかなか厳しい条件のパンスターズ彗星。もひとつ盛り上がりに欠けますが 21日の夕方は低空まで晴れたので いつもの場所で撮ってみました。

130321_c2011_l4_ef300f4

2013/03/21 19h03m34s- 17x8sec  EF300mmF4  EOS Kiss X4 iso400  五藤マークX恒星時駆動  阿南市西路見町  トリミング無し

15日の時は手持ち双眼鏡で見つけられたのですが 今回は駄目でした・・・彗星は順調に暗くなってるのかな? 分裂やらバーストでもして 予想に反した大増光でもしてくれたらいいのにねぇ。

で 写野には 木星と彗星の赤経・赤緯差から 目盛環を使ってなんとか導入。カメラの電源入れたら メモリーカードが入ってないと言われましたが こんな事もあろうかとカメラバッグに予備のカードが入れてあったので どーにか泣きを見ずに済みました(^^;

2013年3月20日 (水)

LED電球購入

先日 スーパーでLED電球を買ってきました。価格は1個7百円余りでした。

Led_1

コード付ソケットに電球を付け 三脚に固定して白いパネルを照らし フラットフレーム取得用の光源にします。以前 LEDポケットライトでやってた事をLED電球に置き換えただけです。

Led_2

これで取得したデジカメのフラットフレームを レベル切り詰めて強調すると

Led_3

こんな感じで ゴミの影や周辺減光の様子が写っています

先日とったパンスターズ彗星はフラットやダーク処理をしていなかったので フラットとダーク処理をした画像と並べてみました(処理済みは下の画像)

Led_4

ELパネルに比べたら精度は低いかもしれませんが安上がりではあります。

ワンショットカラーのデジカメ等では 上記のLED電球のフラットは精度不足かも知れません。でも モノクロ冷却CCDカメラでは使い物になるかもしれません・・・このところ自宅で銀河撮りやってますが フラットは上のLED電球を使ったものです。


  





 

2013年3月18日 (月)

R200SSでAbell 1656 かみのけ座銀河団

M81撮影中 北天は時々雲が通過していて透明度いまいち。天頂付近は良さげだったので 次の対象 かみのけ座の銀河団Abell 1656を薄明前まで撮りました。

Abell_1656_r200mpcc_15x10min

2013/03/16 1h48m-  16x10min   R200SS+MPCC SXVR-H694(-15℃) OAG9+Lodestar PHDガイド 旧アトラクス+AGS-1 0.8倍でトリミング

ピント合わせはきっちりやったのに シーイングが悪くなったのか輝星に出る十字の線が太くなっていました。個々の対象が小さく写る銀河撮りでは ぼやけた像では星だか銀河だか分からくなってツマラナイですね。春の夜空の天体は銀河が多いのに 天気は北と南の空気がぶつかって悪シーイング。結果 ボケボケ画像の量産と相成るパターンが多くて困りますね。

追記 3/30 : 淡い部分を持ち上げた トリミング無しの画像を追加・・人工衛星が写り込んだ画像も加えて再処理しています(Σクリップ2で加算平均)

Abell_1656_r200mpcc_170min


  

2013年3月17日 (日)

R200SSでM81

15日のパンスターズ彗星撮影の後 自宅で木星を撮り。でもシーイング悪くて 処理してみたもののゴミ箱行き。惑星は駄目でも星雲ならいける空かとM81をLフィルターで撮ってはみたものの・・・

M81_r200mpcc_8x10min_tr

2013/03/15  23h32m-  8x10min  R200SS+MPCC SXVR-H694(-15℃) OAG9+Lodestar PHDガイド 旧アトラクス+AGS-1 等倍でトリミング

露光合計80分ではザラザラ画像でした

トリミング無しの縮小画像ではノイズは目立ちませんが

M81_r200mpcc_8x10min

淡い部分が出て来ないのでイマイチです。もっと撮り増ししないと駄目ですが 他に撮りたい対象もあるので つい目移りしてしまいます(^_^;




2013年3月16日 (土)

3/15のC/2011 L4とC2012 S1

14日夕方は透明度抜群の空でしたが西空低空は雲でパンスターズ彗星は見えず。翌15日は透明度が少し落ちました。でも 低空まで雲は無くパンスターズ彗星は双眼鏡で見え ここまでは順調だったのですが・・・

撮影はマークX赤道儀に100SDUFを載せて彗星を撮る計画でした。ところが 鏡筒バンドを持ってくるのを忘れて頓挫。車に乗せっぱなしだった300ミリ望遠レンズを急遽代役に・・・100SDUFはアルミケースに入っていて 鏡筒バンドは別途用意することをすっかり忘れていたのでした。

次に赤道儀を組み立てる途中 電池忘れた事に気がついて唖然。取りに帰る時間は無いので 車のドア横に赤道儀を少し移動して シガレットソケットからモータードライブに繋ぎ どうにかモーターを回すことが出来ました・・・いや~忘れ物多すぎ 大汗かきました(^_^;

130315_c2011_l4_ef300f4

2013/03/15 18h59m46s-  8x8sec + 3x10sec  EF300mmF4  EOS Kiss X4 iso400  五藤マークX恒星時駆動  阿南市西路見町  トリミング無しです

彗星の上で光ってた月を撮って 同じ倍率で並べた画像はこんな感じで

130315_c2011_l4_ef300f4_tr

パンスターズ彗星は 薄明の明るい空ではショボイですが 暗い空なら案外りっぱな姿?

自宅に戻り 今年の年末に北半球から久々の大彗星として見られるかもというアイソン彗星をR200SSと冷却CCDで撮ってみました。まだ遠いですが 既に尾が出てるのが微かに写りました。

130315_c2012_s1

2013/03/15 22h24m- 4x5min  Lフィルター(2x2bin) SXVR-H694(-15deg)  R200SS+MPCC OAG9+Lodestar  PHDガイド  旧アトラクス+AGS-1 自宅にて

2013年3月12日 (火)

3/12のパンスターズ彗星

西低空は春霞で茶色く濁っていましたが 今日もパンスターズ彗星を撮ってみました。

スカイメモRに300ミリ望遠を載せての撮影です・・・トリミング無し。霞んでいるせいか 昨日より写りが悪い気がします。雨上がり後のクリアな空に期待です。

130312_c2011_l1_ef300f4

2013/03/12 18h50m58s-  8x4sec   EF300mmF4  EOS Kiss X4 iso400  スカイメモRで追尾  阿南市西路見町にて

自宅で星撮り R200SSで回転花火銀河M101

春にしては透明度の高い空 おまけに月も出てないので自宅で星撮り。

ただ 気流は悪く 苦心してピント合わせた星も太っていました。ガイドカメラが捕らえた星もぼやけていて 星の写りが悪いせいか使えるガイド星が少なくて難儀しました。

ぼやけた像しか撮れなかったので 等倍では見られたものじゃ無いです。なので粗が目立たないよう トリミング無しの縮小画像のみアップ(^^;

M101_r200mpcc_110min

2013/03/12 03h07m- 11x10min  R200SS+MPCC+SXVR-H694(-15℃) OAG9+Lodestar PHDガイド 旧アトラクス+AGS-1

うーん 透明度とシーイングが両方とも好条件な日は めったな事では来ないのかも~

2013年3月11日 (月)

3/11のC/2011 L4(パンスターズ彗星)

西空低空に現れたパンスターズ彗星を撮ってみました。

撮影地は自宅から車で数分の阿南市西路見町で 西に山の稜線が仰角2度程度あります。

130311_sp180f4_c2011l4

手持ち双眼鏡では彗星は見つからず 三脚固定撮影で撮ったカメラの背面モニターでも ざっと見ただけでは彗星の存在に気がつきませんでした・・・でも 自宅に帰ってPCのモニターで見たら なんとか小さく写っているのに気がつきました。

130311_18h46m_c2011l4

彗星は写らずと思い 撤収する前に地上風景も入れた構図で撮りました。でも よーく見たら この画像にも左上端に彗星が小さく写っていたのでした(^o^)

余談ですが彗星の下 山の稜線に突き出た煙突状の物体は 高城山の山頂にある建物かもしれません・・・高丸山や雲早山は良く見えるのですが 高城山が見えるとは知りませんでした。 

 

2013年3月 6日 (水)

3/5と3/6の木星

夕方には既に西に傾いていて カメラモニターの像も小さくなった木星を撮ってみました。

Jp130305_19h47m20s_100sec

2013/03/05 19h47m20s- μ180 + RC2x (合成F24) EOS Kiss X4 iso800 1/60s 640x480クロップ動画から 4000/5995フレームをスタック

Jp130306_18h44m28s_100sec

2013/03/06 18h44m28s- 100sec   

ようやく気温が上がって春らしい天気になりましたが気流はサッパリ。良気流ならR200SSの出番でしたが あまりのユラユラ木星に やる気は急降下。悪シーイングでも使えそうな より短焦点でシャープな鏡筒も欲しいですねぇ(^^;

月夜の銀河 M51

M106の後 子持ち銀河M51を撮りましたが 気流悪化したようでガイドエラー頻発。撮れた画像は しゃきっとしない写りになってしまいました。焦点距離 たかが800ミリでも シーイングの影響は大きいのかも。

M51_r200mpcc_16x10min_tr

恥ずかしながら等倍トリミングですが 粗が見え見えでいけてませんね(^^;

2013/03/04  02h34m~  Lフィルター16x10min R200SS+MPCC+SXVR-H694(-20℃) OAG9+Lodestar PHDガイド 旧アトラクス+AGS-1

縮小したトリミング無し画像なら なんとか見られるか? 

M51_r200mpcc_16x10min

画面左の輝星の下左あたりにポツポツと星が集まっているようですが 等倍で見ると恒星ではないようです。SDSS画像では銀河集団なのが分かりますが 銀河の形までは分かりません。最高のシーイングで大型望遠鏡を駆使したら あるいは形が写るのでしょうか? どなたか挑戦してみたらいかが。   

2013年3月 4日 (月)

月夜の銀河 M106

下弦の月が昇ってきますが 南に低くて月明かりの影響は小さいだろうと 北斗七星ちかくの銀河M106を撮ってみました。撮影開始は月が出ていなかったのですがSQM-Lは18台 月が南中する頃に計ったらSQM-Lが19.5程と空は暗くなっていました。遠征地より2等級あかるい空ですが 都会の空よりは はるかにマシかと・・・。

旧アトラクスにR200SSを載せ 今回もオフアキガイドで撮ってみました。

OAG9をいじったのでガイドカメラのピント合わせに手こずってしまいました。スリーブの抜き差しでは 微妙なピント合わせがやりにくいですね(^_^;

Oag9_lodestar_phd

オートガイドが順調な時はこんな感じですが 時折1ピクセル程ずれる事もあります。風速は平均2メートルと弱かったので原因は他にありそうです。極軸望遠鏡での適当極軸と赤緯軸周りのアンバランスが問題かもです。

シンチレーションなどで元々ぼけてる星像なので 少しのガイドエラーは目立たないのかも知れません。  

M106_ngc4217_r200ss

M106とNGC4217  トリミング無しです

2013/03/03 22h50m~ Lフィルター10x5min +11x10min  R200SS+MPCC+SXVR-H694(-20℃) OAG9+Lodestar PHDガイド 旧アトラクス+AGS-1

NGC4217とNGC4248の等倍トリミングは こんな感じで

Ngc4217_4248_r200ss_tr

他に小さな銀河も写って  半月の月明かりがあっても意外に写るもんですね(^_^)

 

3/3の木星

なかなか晴れない 晴れても強風が吹き荒れたりで なかなか星撮り日和が無かったのですが 3日の夕方からは穏やかに晴れたので まずは木星撮り。

Jp130303_19h31m33s_100sec

2013/03/03 19h31m33s- 100sec μ180 + RC2x (合成F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 640x480クロップ動画から 4000/5995フレームをスタック  旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

シーイングもひとつですが 真冬の大ボケほど酷くはありませんでした。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »