« 南阿波サンラインで星撮り 10/19日 その2 | トップページ | 11/9未明の木星 »

2012年10月26日 (金)

10/26の木星

26未明の木星を撮ってみました。ピントの山が分かりづらい ぼやけた木星でしたが10月末の平均的な見え方かも。

Jp121026_04h56m09s_100sec

2012/10/26 04h56m09s- 100sec  4000/5995 μ180 + RC2x (合成F24) EOS Kiss X4 iso800 1/60s 640x480クロップ動画から 4000/5995フレームをスタック 

左端の衛星はイオ。左上の木星寄りには衛星カリストが居たのですが ギリギリ暗い写りで スタックしたらキレイサッパリ消えてしまいました(´Д`;)

追記 10/30 : 木星の自転2回転後の画像(27日撮影)と合わせてgifアニメにしてみました。気流が悪くて模様の位置が不正確な画像しか得られませんでしたが 木星の赤道付近に比べると 緯度の高い模様は自転が遅い様子が分かるような 分からんような(^_^;

木星面下側の太い縞模様(北赤道縞)に注目すると 雲の動きがなんとなく写ったような・・・

Jp1210_an

« 南阿波サンラインで星撮り 10/19日 その2 | トップページ | 11/9未明の木星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

相変わらず師匠の木星像は綺麗ですねぇ。
ちょっと質問なのですが、
師匠の場合、大半が露出時間を100秒としていますが、これは赤外線リモコンなどを使っているのでしょうか?

私の場合、動画スイッチを指で押す為、
動画の最初と最後に大きく揺れが入り、
結果として動画の前後を切り捨てるような事をしています。(よって、露出時間がマチマチ)

もしリモコンを使っておられるなら、
どこのメーカーを使っているのか?
御教授下さいませ。m(_ _)m

いつも、質問ばかりで済みません。f^_^;

はしもとさん、こんばんは。

EOS X4で動画撮る時、カメラ背面のボタンを押してるのは自分も同じです。ですので動画は2分間撮って100秒だけトリミングしています。たとえば開始位置が5秒で終了位置が105秒、切り出した動画の長さが100秒という訳ですね。

なるほど。了解しました。
で・・・最近、カメラ本体を手で押すのがイヤになり、何か良い物は無いか?と探したら、
http://www.kenko-pi.co.jp/brands/aputure/aputure.html
と言う商品を見つけました。
値段も\2.000以下と言う格安で、
EOSX4の動画スイッチを入切出来ます。(^^)/

行きつけの店舗に置いてなければ、
カメラの○タムラや、ビック○メラなどで、
取り寄せ可能です。
使ってみると、便利ですよぉ~。

はしもとさん、便利な商品の紹介ありがとうございますm(_ _)m

安くて便利そうなリモートレリーズですね。
観光地に行って記念写真撮る時にも活躍しそうです。
キ○ムラなら近所にあるので、手に入りそうですね(^_^)

初めて書き込みさせていただきます。群馬在住のhiroと申します。家主さんよりいっそうのポンコツです(笑)
以前より拝見しておりますが、すばらしい写真の出来、少しでも近づきたいものですが技術の差は如何ともしがたく、思うようになりません。私も月、惑星にX5のムービーを使っていますが、クロップ機能は無く、代わりにデジタルズームがあるのですが1920x
1080のサイズでしか使えません。そのせいか現在使っているmv2aviというソフトでAviに変換すると、時々どこからも開けないAviデーターになってしまうことがあり困っています。もし差し支えなければ、現在お使いの変換ソフトを教えていただくと助かります。
上記のリモートレリーズ、買いました。ところがX5、60Dでは通常タイマーは動作するのですが、ムービーでは動作しません(泣)どうも型番が違うようなのですが、本体に表示が無く、パッケージは捨ててしまったので不明です。仕方なく純正のリモコンを購入する羽目になりましたが、これでスイッチ入切のブレから解放されそうです。

hiroさん、はじめまして。拙ブログを訪れていただいてありがとうございます。ピンぼけと縁をなかなか切れず、難儀しております。

私が使っている変換ソフトは 「QTConverter1.3.0」で、Vectorからダウンロード出来ると思います。自分の場合クロップ640x480なので、その後にレジスタックスで読み込んでいますが、1920x1080と大きい動画ならAviUtlのクリッピング&リサイズで小さい動画にフレームをトリミングしておいたら良いかと思います。
AviUtlはBMPなど静止画で書き出すことも出来たと思いますので便利かと思います。

hiroさん、初めまして。&師匠、横からすみません。

私の場合、師匠と同じカメラ。同じコンバータを使っていますが、月などを撮影する時にロップを使わず1920×1080で撮影しaviに変換すると、
とんでもなく大きなファイルが出来ます。
経験上、出来上がったaviファイルが4GBを超えると、レジスタックスでは読めないような気がします。

その場合、撮影時間を1分以下(40秒以下?)くらいにして、出来上がったaviファイルが4GB以下になるようにすれば読み込めると思います。

はしもとさん、補足ありがとうございます。

そうですね、月の拡大撮影なら30秒あれば十分だと思います。
惑星の場合は1920×1080のフレーム一杯の惑星像じゃ無いと思いますので、惑星より少し大きいフレームにトリミングしてファイルサイズを抑えることが出来ます。

家主さま、はしもとさま、アドバイスありがとうございます。RegiStaxを使い出して1ヶ月ほどの超ビギナーですので、本ブログはバイブルのような存在です。北関東の冬季の気流の悪さは半端ではなく、チャンスは少ないのですが、色々やってみるつもりです。ところで、時によりアライメントエリアの縁が破綻して、パッチワーク状態になる場合がありますが、なにか注意点がありますか?(聞いてばかりですみません)
今後とも、よろしくご指導いただけるとうれしいです。

hiroさん、こんばんは。

気流が悪くて惑星がグニャグニャ変形する時、レジスタックス6では仰るようにパッチワーク状態の惑星画像が出て困る事がありますね。

こんな時はマルチポイントアライメントのレジスタックス6を諦め、シングルポイントアライメントのレジスタックス5で処理すると縁の破綻はありません。ただ、処理速度は6よりかなり遅いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南阿波サンラインで星撮り 10/19日 その2 | トップページ | 11/9未明の木星 »