« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月25日 (水)

M13とM92 R200SS+MPCC SXVR-H694

M27の前に撮ってた ヘルクレス座の球状星団M13とM92を処理しました。3分露光ではオーバーで 星団の中心が白飛びしてしまいました(^^;

M13l_r200mpcc_8x3min_150p_tr

バーダーLフィルター 8x3min(2x2ビニング)  R200SS+MPCC SXVR-H694 150%リサイズしてトリミング

M13と同様にM92を撮影しましたが 銀河らしき光のシミがかろうじて写ったので 球状星団を画面中心から外してトリミング。M92の上やや左には 接近してる銀河らしきシミが数個

M92l_r200mpcc_8x3min_150p_tr

M92  8x3min

Lフィルターのフラットフレームを薄明で撮ったのですが 空が随分明るくなって取得したせいか精度が低くて使いものにならず フラットエイドでフラット処理をしました。

 

2012年7月24日 (火)

自宅で星撮り R200SSでM27

透明度もひとつでしたが やっと晴れが来たので自宅で試し撮り。

M27ha_r200mpcc_8x10min_a

2012/07/24  01h40m- バーダーHaフィルター8x10min(2x2ビニング)  R200SS+MPCC SXVR-H694 トリミング無しです

150%リサイズしてトリミングすると

M27ha_r200mpcc_8x10min_b

淡い部分は もっと撮らねばザラザラですが 無理矢理持ち上げると

M27ha_r200mpcc_8x10min_c

こんな感じで まだまだ撮り増しが必要そうです(^^;

ちなみにフラット画像には ドーナツ状のゴミの影がチラホラ

Flat_r200mpcc_ha

フィルターは31.7mmと小さいですが 何とか使えるかも?

 

 

2012年7月12日 (木)

青空は減少傾向?

梅雨ですが 今年は特に晴れが少ない気がします。

で 過去と比べてどうかな?と気象台の記録の中から雲量を調べてみました。自宅は徳島気象台管内ですので 徳島市にある気象台の記録項目の雲量から 10年ごとの平均を採ってみました。

2002~2011の10年間の平均は 6.6 (小数点以下2桁で四捨五入)

同様にして1992~2001は 6.4

1982~1991は 6.1

1972~1981は 6.0

1962~1971は 6.1

でした。僅かですが雲量は50年の間に0.5程増えてるようです。

10から雲量を引いた数字が青空だとすると 半世紀前の平均は全天の39%が青空で今は34%と ただでさえ少ない晴れ間が ますます少なくなってるようです。うーん 星屋にとって残念な傾向のようですweep

 

2012年7月 9日 (月)

久しぶりの晴天

七夕の翌日になり やっと青空がひろがりました。で 平地は暑くなるかもと佐那河内村の大川原高原にいってきました。

Okawara_kougen_1

アジサイの見頃は もうちょっと先になりそうでした。

Okawara_kougen_2

風が強く 風力発電の羽根がブンブン回っていました。半袖では北西の風が冷たく コンビニ弁当を食べて早々に退散しました。

夜になっても上天気なので 月が大きいですが 自宅からR200SSで星を試し撮り。

Vega_r200ss_mpcc_sxvrh694

織姫星 こと座のベガを撮ってみました。ホットピクセル除去とレベル切り詰めをしていますが ダークやフラット処理は無しです。星がぼやけてるのは 気流が悪いせいと思いたいですね(^^;

続いて こと座の球状星団M56を5分露光で撮影

M56_r200ss_1x5min

露光は5分ですが その他の処理はベガ画像と同じです。トリミング無し 2750→1600ピクセルに縮小しています。

R200SS+MPCC SXVR-H694 1x5min  アトラクス+D60mm f300mmガイド鏡オートガイド 自宅にて

追記 7/12: M56は4枚撮っていたので 加算合成してデジタル現像した画像を追加

M56 4x5min

M56_r200ss_4x5min

 
ゴミの影や周辺減光をフラットエイドで目立たなくしています

追記 7/15: 補足ですが R200SS+MPCC SXVR-H694で撮影した時 MPCCとCCDの距離は約59mmです・・・Lフィルターを入れてるので 実効は58mm台かも知れませんが MPCC推奨値の55mm(F4.5での最適値?)よりかなり長いです。でもR200SSはF4なので 55mmではコマ補正不足になるのかもしれません?

2012年7月 4日 (水)

惑星や月撮りに EOS Camera Movie Record 良いかも

土星を撮る時 EOS X4のクリップEOSムービーではシャッター速度が1/60s以下は使えず不便でした。ライブビュー画面ではシャッター速度を自由に使え 明るくて大きな土星が見えるのに・・ライブビュー画面を動画録画できたら便利と思っていたら 録画できるソフトが既にいくつかあるのでした・・・知りませんでした(^^;

フリーソフトの EOS Camera Movie Record は EOS X2などライブビュー出来るカメラで動画撮りが出来るのですが EOS X4でも便利そうです

Eos_camera_movie_r_1

EOS X4をUSBケーブルでパソコンとつなぎ カメラの電源を入れてソフトを立ち上げると パソコンモニターにライブビュー画面が映りました。ライトボタンを押すと 動画が録画されます。

Eos_camera_movie_r_2

惑星や月を撮る場合 5倍に拡大して撮るのが良さそうです。EOS X4では1024x680で撮れるので クリップ動画の640x480より迫力ある画像が取り出せるかも・・・便利になりそうですhappy01

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »