« 金星の日面通過 その1 | トップページ | 冷やしカメラがやってきた »

2012年6月 7日 (木)

金星の日面通過 その2

金星が太陽の端付近では ソーラーフィルターと裸眼では金星の存在が分かりにくかったですが 端から離れると金星が黒い点に見えていました。

適正露光の太陽面も撮ったので等倍でトリミングすると

Img_0741_tr

こんな感じで 一発撮りでは金星が真円になりません・・風が強くてユラユラなので仕方ないですね。フィルターの緑色がちょっと見辛いのでモノクロにして0.5倍に縮小すると

Img_0741_s

こっちの方が見やすいかも。 2012/06/06  10h34m37s  ペンタックス105SDHF(口径を80mmに絞る)+2倍リアコンバーター(合成焦点1400mm)+望遠鏡用サンフィルター EOS Kiss X4 iso100 1/1250s  五藤マークX太陽時駆動

第3接触と第4接触の間も 露出補正 +5で撮った画像には金星の大気らしきものが写りました

Img_0901_tr

2012/06/06  13h32m26s  ペンタックス105SDHF(口径を80mmに絞る)+2倍リアコンバーター(合成焦点1400mm)+望遠鏡用サンフィルター EOS Kiss X4 iso200 1/50s

« 金星の日面通過 その1 | トップページ | 冷やしカメラがやってきた »

天文」カテゴリの記事

コメント

すごいです。大気が写ってますね。
私が撮ったのはピントがあまかったせいか分かりませんでした。
最新の冷却CCDも購入されてたのですね。おめでとうございます。カラーCCDでしょうか?

てげてげさん、こんにちは。

2004年の時は悪天候で見えず、今度も微妙な天気予報でしたが、運良く金星が太陽に出入りする時間帯はバッチリ天気に恵まれました。
てげてげさんも、太陽に関するビッグな現象で晴れたようで、今後も良い天気に恵まれるといいですね。

冷却CCDカメラはモノクロです。感度が高いのがウリなので、遠くの準惑星候補(TNO)などによる恒星の掩蔽観測にも使えないかと目論んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金星の日面通過 その1 | トップページ | 冷やしカメラがやってきた »