« μ180の清掃と4/28の火星  | トップページ | 雲のフィルター越しの金環日食 »

2012年5月 8日 (火)

スカイメモRのモーター交換

所有しているスカイメモRを去年 ウォームギア偏芯修正や平ギアの交換で追尾精度が少しマシになりました。でも周期の短い回転ムラが残り モーターギアボックスの精度不足ではと考えていました。

で 今は使っていないタカハシHD-4のモーターと取り替えてみました。

Sky_memo_r_1


右が元のモーターで 左がHD-4に付いていたモーターです。HD-4のモーター銘板の文字が消してあって詳細は不明ですが 三龍社のP43Gシリーズのどれかと思われます・・・三龍社のHPによると P43G, P43HG, P43HGMの順にグレードが上がるようです。スカイメモに使われているモーターの取付ベースは2点止めで 標準の4点止めとは違います。一方 HD-4のモーターはギアボックスの出力軸径が4mmで 標準の3mmと異なり特注のようです。

Sky_memo_r_2

ギアの減速比は1/500で どちらも同じですが ギアの素材や精度が同様かは不明

Sky_memo_r_3

HD-4は ドライブ回路のICも御丁寧に銘柄を消してありました。平ギアの減速比がスカイメモRと違いますが 水晶発振器の周波数の違いで平ギアの大きい方の回転は同じになるようです・・・ウォームホイルは どちらも144枚

Sky_memo_r_4

穴径4mmの平ギアを取り寄せ中なので追尾テストは未だですが HD-4に付いていたモーターが高精度な事を祈るのみです・・・お願い!精度よく回って~~(^_^;

追記 5/11: 平ギアが届いたので取り付けてみました・・さっそく試写と行きたいところですが あいにく今はドン曇りに近い空と強風で試写は無理かも・・・まあ 30年前の古いギアードモーターなので 過大な期待はしないほうが吉かもです。

Sky_memo_r_5

ウォームネジとホイルの当たり調整の為 シンチュウのウォームブラケットが付いてるアルミ台座に5ミリのタップを立て イモネジを押しネジにして調節できるようにしてみました・・・ウォームギアとホイル間に わずかに遊びが残るように調整しました。

追記 5/12: 晴れたので 去年と同じ要領で赤道付近の星を撮ってみました。

Pm_120512

左が去年 右がモーター取り替え後の画像で 露光はどちらもウォーム2周期の20分です。ごらんのように短い周期の振れは無くなったので モーターの交換は効果あったようです。自分のスカイメモに元々ついていたモーターのギアヘッドがハズレ品なのだと思います。

でも ウォームギア偏芯と思われる10分周期の振れは 去年の改善後より大きくなってしまいました。イモネジ取付加工の為 ウォーム部を取り外したのですが 後で組み付ける時にウォームネジとホイルの当たり面が分解前とは違う位置になったのかも知れません。ウォームネジとホイルの位置関係に注意しながら 再度研磨すべきかも?

 

 

 

« μ180の清掃と4/28の火星  | トップページ | 雲のフィルター越しの金環日食 »

機材」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

私のスカイメモNSですが、ビクセンのMT-1モーターで駆動したことがあります。確かに細かい周期の乱れは少なく滑らかになりましたが全体のピリオディックモーションの大きさは変わりませんでした。
ポンコツじいさんの結果報告を楽しみにしています。

hoo-さん、コメントありがとうございます。

本日11日に平ギアが送られて来たので、さっそく取り付けてみました。今はドン曇りで撮影は無理かも知れませんが、晴れて結果が出たら追記しますね。


細かい乱れは劇的に少なくなっていますね。
三龍社のハイグレードモーターは手に入るのでしょうか?
私のNSもラッピング研磨しようかな。
ウオームホイル全周で安定したピリオディックモーションが得られるでしょうか?

追記参考になります。


hooーさん、こんばんは。
仰るようにモーター取り替え後は細かい動きが少なくなり、短時間露光なら少し長めのレンズでも使えるかも知れません。
三龍社モーターの小口購入は可能でしょうか?ネットで検索した限りでは見つかりませんでした。
ウォームのラッピングは、自分の少ない経験ではたいした事は語れませんが、スカイメモのようにウォームが露出している構造は好都合な気がします。ギアがハウジングの中に納まってる赤道儀では、グリスやコンパウンドの入替をギア組み付けたままするのは困難かと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« μ180の清掃と4/28の火星  | トップページ | 雲のフィルター越しの金環日食 »