« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

落合峠で試写 スカイメモR+EF300F4ノータッチ

26日は透明度がもひとつでしたが 落合峠でスカイメモノータッチ試写をしてみました。

M27

スカイメモRにEF300ミリレンズを載せ M27を10分露光で4枚ノータッチガイド撮影。等倍で見ると ピンぼけ画像でも 星が少し流れてるようで 自宅でのノータッチ撮影と同様な流れでした。

峠はほぼ無風で湿度も高かったようで レンズがすぐに曇ってしまいました。気温は6度ていどで 薄着で行ったのを後悔。空の状態は少し白っぽく 春霞でちょっと残念な空でした。それでもSQM-Lの数値は21.3~21.5で 背景の暗さはいつもと同様の数値ですが 眼視では星の輝きが弱い印象を受けました。

4枚を処理して等倍で切り出すと

M27_ef300f4_4x10min_tr

ピント合わせテキトーなせいか 輝星が激しく肥大していました(^^;

トリミング無し画像は こんな感じで

M27_ef300f4_4x10min_s

M27を300ミリレンズでは小さすぎでした~。

Ochiai_pass

 
朝になると あちこちからウグイスの声。遠くではホトトギス・ジュウイチ・カッコウのさえづりが聞こえていました。

2012年5月23日 (水)

スカイモRで75EDHFをノータッチガイド

スカイメモRのウォームギアを再研磨してピリオデックモーションを計ってみました。

Sky_memo_pm_tr

左が前回 右が再研磨後です。グラフの形に変化はありますが 振れは±9秒ほどでしょうか・・ちょっと期待はずれな気がしますが 極軸周りのバランスをキッチリ合わせたのが裏目に出たのかも。P.M測定はいつものように75EDHF+2倍リアコンバーター+EOS X4です。

次にリアコンバーターを外し 焦点距離500mmにしてM13を5分露光で6枚連写してみました・・・極軸望遠鏡での極軸修正はしましたが 軸まわりの東西バランスは合わせたままです。

M13_a

等倍で切り出したM13ですが 星の流れの大きいコマと小さいコマが交互に撮れました。

で 極軸の東側が少し重くなるようにバランスを崩して撮ると

M13_b

星の流れの極端に大きなコマは無くなりました。ただし バランス合わせて写した中で止まっているコマに比べると 星の流れは少し大きいようです。

極軸周りのバランスを再び合わせてM57を撮って見ると

M57

やはり 流れの大きいコマと流れの小さいコマが交互に現れました。

で 流れの小さいコマをステライメージで処理してみました。ダーク処理はしていますが フラット処理はしていません・・周辺減光補正の簡単処理にとどめました。

薄雲通過でマシなコマが3枚しか撮れなかったM57のトリミング無し画像は こんな感じです。ノーマルカメラなので M57の赤味が少ないです。

M57_3x5min

2012/05/23  01h08m- 3x5min ペンタックス75EDHF(f500mm)+EOS Kiss X4 iso400 ケンコー スカイメモR ノータッチ 自宅にて

9枚を処理したM13のトリミング無し画像は

M13_9x5min_s

色収差で明るい星の色滲みが目立ちますが 小さい画像なので星の流れはあまり目立ちません。

M13_9x5min_m

1/2に縮小した画像から切り出すと 星が延びて丸くないのがバレてきます(^^;

2012/05/22 22h45m- 9x5min 75EDHF(f500mm)+EOS Kiss X4 iso400  ケンコー スカイメモR ノータッチ

いろいろいじくり回したスカイメモRですが 焦点距離200ミリ程度までなら なんとか星の流れが目立たない追尾精度になった気がします。あれこれ手を加えた機材なので 愛着がジワーと涌いて来ましたhappy01

2012年5月21日 (月)

雲のフィルター越しの金環日食

21日朝の日食は終始雲越し。望遠鏡は太陽フィルターで減光して撮りましたが 望遠レンズでは雲で眩しく無い時にフィルター無しの手持ち撮影でいけました(^^;

ペンタックス75EDHF+2倍リアコンバーター+EOS X4はこんな写り

Se_1

Se_2

EF300mm+1.5倍テレプラス+EOS Kiss DX改の手持ち撮影はこんな感じ

Se_3

Se_4

食の最大頃 周囲がやや暗くなって気温も少し下がった感じが意外でした~






2012年5月 8日 (火)

スカイメモRのモーター交換

所有しているスカイメモRを去年 ウォームギア偏芯修正や平ギアの交換で追尾精度が少しマシになりました。でも周期の短い回転ムラが残り モーターギアボックスの精度不足ではと考えていました。

で 今は使っていないタカハシHD-4のモーターと取り替えてみました。

Sky_memo_r_1


右が元のモーターで 左がHD-4に付いていたモーターです。HD-4のモーター銘板の文字が消してあって詳細は不明ですが 三龍社のP43Gシリーズのどれかと思われます・・・三龍社のHPによると P43G, P43HG, P43HGMの順にグレードが上がるようです。スカイメモに使われているモーターの取付ベースは2点止めで 標準の4点止めとは違います。一方 HD-4のモーターはギアボックスの出力軸径が4mmで 標準の3mmと異なり特注のようです。

Sky_memo_r_2

ギアの減速比は1/500で どちらも同じですが ギアの素材や精度が同様かは不明

Sky_memo_r_3

HD-4は ドライブ回路のICも御丁寧に銘柄を消してありました。平ギアの減速比がスカイメモRと違いますが 水晶発振器の周波数の違いで平ギアの大きい方の回転は同じになるようです・・・ウォームホイルは どちらも144枚

Sky_memo_r_4

穴径4mmの平ギアを取り寄せ中なので追尾テストは未だですが HD-4に付いていたモーターが高精度な事を祈るのみです・・・お願い!精度よく回って~~(^_^;

追記 5/11: 平ギアが届いたので取り付けてみました・・さっそく試写と行きたいところですが あいにく今はドン曇りに近い空と強風で試写は無理かも・・・まあ 30年前の古いギアードモーターなので 過大な期待はしないほうが吉かもです。

Sky_memo_r_5

ウォームネジとホイルの当たり調整の為 シンチュウのウォームブラケットが付いてるアルミ台座に5ミリのタップを立て イモネジを押しネジにして調節できるようにしてみました・・・ウォームギアとホイル間に わずかに遊びが残るように調整しました。

追記 5/12: 晴れたので 去年と同じ要領で赤道付近の星を撮ってみました。

Pm_120512

左が去年 右がモーター取り替え後の画像で 露光はどちらもウォーム2周期の20分です。ごらんのように短い周期の振れは無くなったので モーターの交換は効果あったようです。自分のスカイメモに元々ついていたモーターのギアヘッドがハズレ品なのだと思います。

でも ウォームギア偏芯と思われる10分周期の振れは 去年の改善後より大きくなってしまいました。イモネジ取付加工の為 ウォーム部を取り外したのですが 後で組み付ける時にウォームネジとホイルの当たり面が分解前とは違う位置になったのかも知れません。ウォームネジとホイルの位置関係に注意しながら 再度研磨すべきかも?

 

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »