« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

マークX赤道儀 ウォームギア当たりを冬用に調整

寒くなってくると 赤道儀のギアの遊びが無くなって回転が渋くなるので 冬用に調整しました。ついでに ウォームネジの研磨もやってみたのですが 赤道儀を組み上げて追尾テストの結果は以前とほとんど変わり無しでした・・スカイメモの様に目に見えて精度アップは認められず ちょっとガッカリ。

Mark_x_pm20111228

オリオンの三つ星付近の星でテストしたところ 追尾誤差は±7秒程度でした。上のグラフはウォームネジ2周期分ですが サインカーブの様な規則的な動きには見えないので ウォームの偏芯意外の要素が効いてるのかも。

500ミリレンズの5分程度の露光なら 数枚に1枚の割で星の流れが目立たないかもと思い 75EDHF直焦点の500mmでオリオン星雲を撮ってみましたが

M42_75edhf_5minmark_x

5分露光では どのコマも星が流れていました。ノータッチでは 200ミリ程度までのレンズにとどめておいたほうが良さそうです。

オリオン星雲を10秒から10分まで段階露光で4枚づつ撮ったので 流れの少ない150秒露光までの画像を足して処理してみました。

M42_75edhf_10204080150sec

ペンタックス75EDHF(F6.7)  EOS KissX4(ノーマル) iso400  露光 4x10sec+4x20sec+4x40sec+4x80sec+4x150sec  五藤光学マークX赤道儀 恒星時駆動ノータッチ 自宅にて

シーイングが悪く レンズの収差も大きいので星が肥大していました。なので スタックした画像をレジスタックス6でウェーブレット処理した後 ステライメージで軽く画像復元して星を小さくしました。オリオン星雲中心のトラペジウムをはじめ 明るい星は10秒でも露光オーバーでした。

大型望遠鏡でオリオン星雲を見ると 自分の場合は緑色は分かりにくいのですが 赤の明るい部分はほんのり色が付いて見えます。眼視で暗い対象を見る場合 色の感じ方は個人差が大きいのでしょうか?

 

2011年12月27日 (火)

夕空の月と金星 12/27

宵の金星に細い月が接近というので撮ってみました。最初 300ミリレンズを付けたら フレームに全然入り切りません。で 180ミリレンズで撮ったんですが それでも長すぎたようで 間延びした感じに写ってしまいました(^_^;

Mn_vn_1

自宅前からでは 山の鉄塔と送電線が邪魔なので

Mn_vn_2

タムロンSP180mmF2.5(F5.6)  EOS Kiss X4 iso800 三脚での固定撮影 露光2s

カメラと三脚担いで百メートル程移動して撮影しましたが うーん もっと短いレンズで 冬のイルミネーションでも前景にしないと画にならなかったようで(^_^;

2011年12月25日 (日)

12/24の木星

強い寒気で雲の通過もあり シーイングはボロボロ。でも木星の大赤斑が見えるので撮ってみました。ボッケボケな写りです。寒さが緩んだら 少しはマシな見え方になるかな~?

Jp111224_19h54m31s_100sec

2011/12/24  19h54m31s- 100sec  5000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps

Jp111224_20h18m19s_100sec

20h18m19s- 100sec  5000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps   雲の通過が多くなって透明度も落ちてきたので シャッターを少し遅くしました

Jp111224_21h10m35s_100sec

21h10m35s- 100sec  5000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps    木星右縁の光点はエウロパです・・20h18mの画像にも ガニメデと共に微かに写っています・・・エウロパは右上手前 ガニメデは右下奥です。

追記 12/26 : 26日も大赤斑がこちらを向いてる木星が撮れました。気流は少しマシになった気がしました。

Jp111226_20h44m00s_100sec

2011/12/26  20h44m00s- 100sec 5000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps

Jp111226_21h03m18s_100sec

2011/12/26 21h03m18s- 100sec 5000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps

2画像で揺らしてみました

Jp111226

衛星はエウロパですが エウロパと木星の間に実はイオも居ます・・木星の影で真っ暗ですが・・・。










2011年12月20日 (火)

12/19の木星

19日の宵の口は雲が多く 雲が少なくなって木星が撮れたのは 大赤斑が中央を通り過ぎてからでした。気流は大ボケは無いですが 終始小ボケが続いて詳細は見えません。

Jp111219_20h45m49s_100sec

2011/12/19  20h45m49s- 100sec  5000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps

画面右奥の衛星はイオです


 

2011年12月15日 (木)

12/14-15の ふたご座流星群

明るい月が出ていましたが ふたご座流星を自宅から撮ってみました。

今回はカメラを赤道儀に載せ 29秒露光+1秒インターバルの30秒間隔で撮り続けてみました。15日の0時40分から6時過ぎまで 600枚余りの中に ふたご群流星が11個 散在流星が1個 人工衛星が数機うつりました。

視界が狭いので 3回ほど構図を変えて撮ったのですが 1個だけ非常に明るい流星が写りました・・経路の後半が写野から出てるのが残念・・・消滅点付近は永続痕があったかもです。

元画像を2x2ソフトビニングして 流星の写っているコマを比較明で合成してみました

Gma

群流星の脇に 出現順に番号をつけてみました。画面の上方に ぎょしゃ座 下方にオリオン座があります

Gmb

星座が西に移動して オリオン座は画面右下です

Gmc

流星8の左付近に ふたご座で目立つ2星がありますが 流星群の放射点は右上の星(カストル)の近くです

Gmd

このコマのみ 画面の左が北です。画面左に北斗七星が昇ってきました。

流星の出現時刻を露光開始時刻で書き出すと

1:0h42m53s-   2:0h44m24s-  3:0h59m23s-  4:1h12m24s-  5:1h58m06s-  6:2h05m06s-  7:2h44m06s-  8:3h19m45s-  9:4h21m15s-  10:5h17m10s-  11:5h22m41s-

でした。

撮影方法は タムロン ズームレンズA16 17mm-50mm(17mm) 絞りF2.8開放 キヤノンEOS Kiss X4 iso800 五藤マークX恒星時駆動ノータッチです。

月が出て空が明るいですが SQM-Lは ペルセウス座付近が18台後半 ぎょしゃ座付近が18台前半 月に近いふたご座は17前半でした。透明度の悪い春から夏にかけての闇夜より 透明度の良い冬の月夜の空が暗いのかもしれません。

撮影準備で外に出てる14日に数個の流星が見え 活発な活動に思えたのですが 15日に写った流星が意外に少ないので 予報より早くピークが来たのかも?

   






12/14の木星

14日の木星は揺れが少しマシになり ボツ画像でゴミ箱行きの前日までに比べると なんとか見られる画像になりました。

Jp111214_20h49m44s_100sec

2011/12/14  20h49m44s- 100sec  3000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp111214_21h42m21s_100sec

2011/12/14  21h42m21s- 100sec  3000/5995フレームスタック

大赤斑後方の変化が大きいので 撮っても面白いですね(^_^;

 


2011年12月11日 (日)

12/10の皆既月食

前半の半影月食の時刻は 雲通過が時折ありましたが それ以外は雲に邪魔されずに見えました。動画にするつもりで 5分間隔で画像を山ほど撮りましたが 処理に時間かかりそうなので 皆既終了2分後の静止画を処理してトリミング。

Img_8468

2011/12/11  0h00m10s  ペンタックス75EDHF(F6.7)  EOS Kiss X4 iso100 露光4s 五藤光学マークX赤道儀 恒星時駆動

皆既前後の月は 赤一辺倒でもない多彩な色の月面なのかなぁ?

↑画像は1枚撮りなので 月の左下白飛びしています。それで 1秒と2秒露光の画像も足して白飛びのない画像にしてみましたが

Mn111210_p75edhf_1s2s4s

うーん 白飛び有りの画像の方が自然な感じもしますね。

75EDHF望遠鏡の上にFA35mmF2(絞りF4)付のカメラを載せて 皆既中の月と おうし座を撮っていました。でも 中途半端な画角でした・・月の近くに明るい彗星でも居たら画になるのですが 都合良くはいきませんね。より広角レンズは狭い自宅の視界では使いにくく 月の周りの冬の星座を広く入れられず 冬の月食の雰囲気は出ませんね。

111210_mn_tau_fa35mmf4

2011/12/10 23h23m- 10x3min FA35mmF2AL(F4)  EOS Kiss DX改 iso800  75EDHF鏡筒バンドに同架 自宅にて

皆既食中の23h30m頃の空の明るさは SQM-L数値が19.88で 自宅ではベストに近い空の暗さでした・・皆既の時刻が24h以降になってたら町灯りが更に暗くなるので SQMが20台の数値になっていたかもしれません。

2011年12月 9日 (金)

12/8の木星と月 12/9の木星

昼は晴れでも夜は曇ったりして星空とはご無沙汰でした。8日に天気回復して月と木星が撮れましたが 冬将軍到来でシーイングが悪く 月や木星はボケボケグニャグニャでした。

Jp111208_21h11m08s_100sec

2011/12/8  21h11m08s- 100sec 4000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動

エウロパが木星の左下奥に見えています。

Mn111208_22h51m_75edhf

月をペンタックス75EDHFで撮ってみました。15枚をレジスタックスでスタックしましたが 木星同様 ぼやけた写りです。ウェーブレットやステライメージの画像復元を施しても クッキリスッキリには遠いです(^_^;  皆既月食となる10日は なんとか晴れて欲しいですね~ 

2011/12/8  22h51m  ペンタックス75EDHF+Ext2x(F13)  EOS Kiss X4 iso100 1/40s マークX恒星時駆動

↑画像の色彩を更に強調してみました。色収差の多い屈折望遠鏡なので 欠け際付近の色が変ですが 他は大まかな色の傾向は出てると思います。

Mn111208_75ed_f13_enh

9日も晴れたので 大赤斑がこっち向いてる木星を撮ってみました。気流は前日よりはマシな気がしますが 処理した画像の解像度は大差無しでした。
Jp111209_22h00m59s_100sec

2011/12/9  22h00m59s- 100sec  4000/5995フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp111209_22h39m25s_100sec

2011/12/9  22h39m25s- 100sec  4000/5995フレームスタック

 

2011年12月 7日 (水)

システム変更考

永いこと天文屋やってると 赤道儀などの架台系や鏡筒など光学系が劣化や陳腐化して 改修しても本来の機能に遠く及ばない事になったりします。

天文という世界の外に目を向けると 経済システムや政治システムなど もっと複雑怪奇なシステムがありますねぇ。

で 今のシステムがどうしても駄目という場合 新たなシステムに置き換える事になるかと思いますが 大きな変更があった場合は思わぬ不具合が見つかる事が多々あると思います。従来のシステムから まったく別のシステムに大きく変わる時の変遷期でしょうか。

ともかく 旧システムではど~しょ~も無いので 換えることに意義があります。そして 変遷期の不具合を直しつつ 新システムを完成させる事が大事なんだろうと思います・・・あっ 変遷期と思って導入したシステムが旧システムと変わらない事もありますね(^_^;) そういう場合は 更なるシステム変更で より良い世界を目指せばいいのでしょう。

2011年12月 5日 (月)

12/3 神戸ルミナリエ

3日の土曜 神戸ルミナリエをみてきました。にわか雨が降る天気でしたが 数年前に訪れた時より暖かで 街路樹の紅葉がまだ残っていて光に映えていました。

Luminarie_1

Luminarie_2

Luminarie_3

水面に映った光もきれい!

Luminarie_4

Luminarie_5

ドームの中に鐘が吊ってあって コインが当たると音がします。数枚のコインを握って投げたけど 見事ハズレでした~(^_^; 次は当てるゾー!! 

阪神・淡路大震災から十数年 今年は東日本大震災が起きたりして大変な年になりましたが 希望の灯りは それぞれ灯し続けたいですね。

2011年12月 1日 (木)

11/29-30の木星と11/30の月

雲の多い天気でしたが ちょっとした晴れ間から木星と月が運良く撮れました。

Jp111129_22h00m56s_100sec

2011/11/29 22h00m56s- 60sec  2500フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps

Jp111130_21h21m34s_100sec

2011/11/30 21h21m34s- 100sec  4000フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps

29日は大赤斑の前方 30日は後方が見えていました。

Mn111130_18h36m_75edhf

2011/11/30 18h36m ペンタックス75EDHF+Ext2x(F13)  EOS Kiss X4 iso100  1/4s  マークX恒星時駆動

高度がやや低く 赤っぽく写りました。薄雲で月がにじんでいましたが 影響はあまりなかったようです。

 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »