« 12/24の木星 | トップページ | マークX赤道儀 ウォームギア当たりを冬用に調整 »

2011年12月27日 (火)

夕空の月と金星 12/27

宵の金星に細い月が接近というので撮ってみました。最初 300ミリレンズを付けたら フレームに全然入り切りません。で 180ミリレンズで撮ったんですが それでも長すぎたようで 間延びした感じに写ってしまいました(^_^;

Mn_vn_1

自宅前からでは 山の鉄塔と送電線が邪魔なので

Mn_vn_2

タムロンSP180mmF2.5(F5.6)  EOS Kiss X4 iso800 三脚での固定撮影 露光2s

カメラと三脚担いで百メートル程移動して撮影しましたが うーん もっと短いレンズで 冬のイルミネーションでも前景にしないと画にならなかったようで(^_^;

« 12/24の木星 | トップページ | マークX赤道儀 ウォームギア当たりを冬用に調整 »

天文」カテゴリの記事

コメント

アストロアーツに記事があったので見ましたが、月と金星がけっこう離れてましたね。
自分もアップでと考えていましたが、離れ具合を見て写真を撮る気が失せてしまいました。仰るとおり広角で前景を入れて撮ればよかったかなと思っています。

てげてげさん、こんばんは。
月と惑星の接近風景などは、事前にシミュレーションやロケ地の検討が出来てないと難しそうですね。
自分の行き当たりバッタリ撮影法ではどうにもなりませんでした(^_^;
来月の宇宙花火では観測はプロにお任せして、アマは風景も取り入れた画像もアリかなぁと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/24の木星 | トップページ | マークX赤道儀 ウォームギア当たりを冬用に調整 »