« フォトマージ恐るべし! | トップページ | 11/12- の木星 »

2011年11月12日 (土)

レジ袋とタッパーでフラット用小物の作成

スカイフラットを撮る時 望遠鏡やカメラレンズの前にレジ袋を被せ ゴム紐などで適当に縛っていました。でも 袋がクシャクシャになったりして不便でした。

そこで 円筒形のタッパーのフタと底をくり抜き フタでレジ袋を固定できるようにしてみました。袋をピンと張った状態で固定出来るので カメラレンズのフラット精度が向上するかも。

Flat_df_1

袋は2枚重ねです

Flat_df_2

小さいレンズにも使えるように 柔らかいプラ板で固定できるようにしてあります

Flat_df_3

円筒の内径は 小型屈折望遠鏡のフードに被せられる大きさです

Flat_df_4

小さいカメラレンズに被せるのは やや苦しいですが なんとか取付可能です(^_^;

試しに 自宅からドン曇りの夜空でフラットを撮った時は 絞りF4でiso800の5秒露光でヒストグラムの山が まんなか程度になりました。フラット用の同露光ダークも撮って引きました。晴天の夜空で取得するより大幅に時間短縮出来て フラット補正の結果もまずまずのようです。

« フォトマージ恐るべし! | トップページ | 11/12- の木星 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フォトマージ恐るべし! | トップページ | 11/12- の木星 »