« 自宅でスカイメモRのテスト | トップページ | 落合峠の星空 10月29日 »

2011年10月27日 (木)

近場で星撮り

27日の明け方にかけて 牟岐町のサンライン展望台で天の川付近を撮ってきました。快晴でしたが夜空が少し白っぽく SQM-Lは21.0~21.2止まりでした。気象条件が良ければ21台半ばが出る場所なのですが 前日明け方の透明度が良い空を逃したのが残念。

スカイメモで望遠レンズも使うつもりが 車も揺れる強風が吹き荒れて無理そうなので しかたなく標準レンズと広角レンズで天の川付近の星座を撮影しました。

Img_9500

南天をサムヤン14mm絞りF4で10分露光のプレビュー画像です。シリウスやカノープスが写っています。海面と島影は黒いのですが 空がやや明るいので 処理する気合いがなかなか入りません(^_^;

追記 10/30 : 10分露光6枚を処理してみましたが ガム星雲など赤いのは うっすら出ただけでした~

Pup111027_sy14f4_6x10min

追記 11/11 : EF50mmF1.8Ⅱで撮ったカシオペヤ座を処理して追加しました・・・色収差が大きくて赤ハロが目立つので難しいです・・・色収差の無い反射望遠鏡が処理が楽なのを再認識しました。

Cassiopeia_ef50f4_6x10min

EF50mmF1.8Ⅱ(絞りF4) 6x10min  EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800  スカイメモR

ついでに いっかくじゅう座付近も処理しました。強調すると星が目立ちすぎるので 星は彩度を落とし 星雲などは彩度強調して星々に埋もれるのを誤魔化しました(^_^;

Monoceros_ef50f4_6x10min

EF50mmF1.8Ⅱ(絞りF4) 6x10min  EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800  スカイメモR

 

« 自宅でスカイメモRのテスト | トップページ | 落合峠の星空 10月29日 »

天文」カテゴリの記事

コメント

南阿波サンラインでの撮影ですね。
仰るように透明度が悪いようで明るくカブっていますね。

サムヤンですが、使えるのをゲット出来てうらやましいです。私は結局2本目もダメだったので諦めて返品してしまいました。

透明度の良い空は長続きしないので、お出かけのタイミングで最良の空に遭うのは難しそうです。出掛ける回数が多ければ、そのうちチャンスが来るかもですので、晴天率が上がってほしいですね。

サムヤンは外れでしたか。残念ですね。当たり外れの小さい、品質の安定した製品を供給して欲しいです。

処理したらガム星雲が左下にでてきそうな気がします。

それにしても14mmは広いですね。冬のダイヤモンドも全て収まるのではないでしょうか。

てげてげさん、こんばんは。
ガム星雲は、時期的には少し早いかなーと思っていたのですが、うまく処理出来たら出てくるかも?なのですね・・うーん 自分のへたくそ処理で出せるか自信無しです。フラットを撮って無いので(広角は難しい) なんとかして良質のフラット取得を考えてみます。

14ミリはそこそこ広いですが、対角魚眼もいいなぁと思っています。29日未明に落合峠で撮っていたのですが、天の川とクロスする黄道光や、木星付近の対日照まで入れるには、14ミリでは画角狭かったです。
対日照は木星を指で隠したら、割と簡単に見えました。SQM-Lが21.3で、さして良いとは思えない空でしたが、標高の高さが効いてるのかもしれません・・平地では2等星にしか見えないカノープスが1等星の明るさで見えていました。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅でスカイメモRのテスト | トップページ | 落合峠の星空 10月29日 »