« 7/24未明の木星 | トップページ | 近場で星撮り 7/23日 »

2011年7月25日 (月)

7/24未明の月 μ180(F24)+EOS X4

24日の未明 木星の撮影の合間に月も撮ってみました。静止画15枚を4セット撮り レジスタックス6のマルチポイントでスタック。フォトショップでモザイク合成して月の全体像を得ました。

Img_7021

静止画1枚のコペルニクス付近は こんな感じです。ユラユラ気流で写りは もひとつですが 15枚をスタックしてウェーブレット処理すると

Mn_reg6

動画からには及ばないと思いますが それなりに詳細が出てきます。このままでは大気差による色ズレがあるので ステライメージでRGB分解・合成して色ズレ補正すると

Mn_reg6_rgb

こんな感じになります。さらに ステライメージのルーシー&リチャードソン法の画像復元を軽くかけると

Mn_reg6_rgb_lr

ようやく完成画像になりました。少々気流が悪くても レジスタックス6のマルチポイントアライメントのおかげで まずまずの画が出てきました。AviStack2より処理時間が圧倒的に短くて済むのがありがたいです。

完成画像から等倍で切り出した画像は

Mn110724_180f24_tr_n

月面北部の虹の入り江からコペルニクス付近あたりは こんな感じ。

ミューロン望遠鏡の中央付近はシャープですが 周辺は強烈なコマ収差があるので どうしてもボケてしまいます。ミューロン250以上と補正レンズで周辺までシャープになるらしいですが 高嶺の花で手が届きません。Fの大きなニュートン望遠鏡なら コストパフォーマンスが良さそうですが こんどは搭載する赤道儀が大がかりになりますねcoldsweats01 

Mn110724_180f24_tr_c

中央付近は こんな感じ。海の溶岩に埋もれたクレーターや 海周辺の溝 クレーター底の溝などが写っています

Mn110724_180f24_tr_s

南部はクレーターだらけで なかなか名前も覚えられませんcoldsweats01



全体像の縮小画像は こんな感じです。ココログの制限で1600ピクセルより大きく表示できないので この画像では6センチクラス望遠鏡で撮った画像と見分けがつかないかも(^_^;

2011/7/24 03h52mからの15枚×4セットモザイク μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso400 1/10s  五藤光学マークX赤道儀 恒星時駆動 自宅前にて

« 7/24未明の木星 | トップページ | 近場で星撮り 7/23日 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/24未明の木星 | トップページ | 近場で星撮り 7/23日 »