« 空が暗ければ 必ず星が良く見えるとは限らない | トップページ | 5/18日の土星 »

2011年5月18日 (水)

ミラー望遠レンズSP350mmF5.6で月・土星 ほか

5/17日はヒョウ混じりの雷雨のち晴れでした。寒気が上空に入って気流悪そうだったので 望遠鏡の出番は無し。普段あまり出番の無い タムロンSP350mmF5.6レンズで月や土星 2重星を撮ってみました・・すべて等倍で切り出した画像です。

Mn110517_sp350mm

2011/5/17 23h09m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso100 1/160s カメラ三脚固定撮影 自宅にて

低空と霞の為か赤っぽい月です・・黄砂もあるのか 花粉症のようなアレルギーが出て困っています。

SP350mmF5.6は手のひらサイズの小さな望遠レンズですが なかなか切れ味鋭いです。天文用としては 大きくなってもいいので 800ミリF5.6とかがあると面白いのですが・・・ 

St110517_sp350mm

2011/5/17 22h48m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso100 1/6s  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動

350ミリでも土星の形がなんとか分かります。ガリレオが作った望遠鏡の見え方は この程度かなぁ?

Mizar_sp350mm

2011/5/17 22h58m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso400 1/4s  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動 

おおぐま座のミザール(左下)とアルコル(右上)です。ミザールの二つの星は それぞれ分光連星なんだそうです。ちなみに ミザールとアルコルは肉眼2重星ですが 肉眼では光害でアルコルが見にくいですねぇ。

Albireo_sp350mm

2011/5/18 1h21m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso100 1s  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動

はくちょう座のアルビレオです。もうちょっと色を強調したかったのですが・・・うーん・・iso400のほうが良かったかなぁ?

焦点距離がたった350ミリでも 離角のある2重星なら ちゃんと写りますね。フィルム時代には使いにくいレンズでしたが デジタルでは色収差が小さくて解像度のある良いレンズです。撮像素子が微細になったのと ライブビューでピント合わせが楽になった恩恵ですね。フィルム時代より解像度が上がった分 赤道儀の追尾精度を高精度で維持しないと星が流れて大変だぁ~~とも言えますがcoldsweats01    

« 空が暗ければ 必ず星が良く見えるとは限らない | トップページ | 5/18日の土星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空が暗ければ 必ず星が良く見えるとは限らない | トップページ | 5/18日の土星 »