« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月21日 (土)

5/19-20の土星

透明度も気流も もひとつですが土星を撮ってみました。

St110519_21h49m18s_90sec_180f24_iso

2011/5/19 21h49m18s- 90sec 3500フレームスタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso3200 1/60s 60fps

St110520_22h15m46s_90sec_180f24_iso

2011/5/20 22h15m46s- 90sec 3500フレームスタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso3200 1/60s 60fps

気流が抜群に良いと 一発撮りでも まずまずの画が出てくるのですが・・

2000年9月8日にμ180と冷却CCDカメラBJ32Lの露光0.5秒一発撮りは こんな写り。Or12mmでの拡大撮影だったかな?・・うろ覚えですcoldsweats01

St20000908_m180or12bj32l_x1

こんな画像を16枚重ね レジスタックスでウェーブレット処理すると

St20000908_m180or12bj32l_x16

静止画でも けっこういけるもんです・・良気流が待ち遠しいです

追記 5/27 : もう 梅雨入りだそうで・・うーん 早すぎ・・・7月の写真展までに何か撮りたかったのにweep

ところで ↑の土星画像の右下付近に衛星が3個写ってますね。撮影時刻は8日の4時半過ぎなのでステラナビで見てみると 10等の2個の衛星はともかく 11.7等のエンケラドスまでノイズまみれですが写っていました・・冷却CCDカメラ恐るべしです。動画の8ビット階調と違って 10ビット超の静止画は魅力あるかも・・まあ 10ビット超といってもRAW画像のデジ一眼ではシャッターショックがあるので 電子シャッターの冷却CCDカメラがビニング超高感度も使えて最適? 

 

2011年5月19日 (木)

5/18日の土星

透明度の良い空になりましたが星の瞬きが激しくて気流は悪そうです。でも久しぶりにμ180で土星を撮ってみました。

St110518_21h15m11s_90sec

2011/5/18 21h15m11s- 90sec  μ180+Ext2x + Ext1.4x(F34)  EOS Kiss X4 iso6400 1/60s 60fps  3500/5395フレームスタック マークX恒星時駆動 自宅にて

St110518_20h57m49s_90sec

2011/5/18 20h57m49s- 90sec  μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso3200 1/60s 60fps  3000/5395フレームスタック 1.5倍リサイズ

ユラユラが激しく モニター画面ではカシニの隙間もサッパリ分かりませんでした。毎年のことですが 5月は気流が悪い日が多い気がします。朝晩と昼の気温差が小さくなり 蒸し暑い日が続くほうが良い気流に恵まれるのではと思います。

2011年5月18日 (水)

ミラー望遠レンズSP350mmF5.6で月・土星 ほか

5/17日はヒョウ混じりの雷雨のち晴れでした。寒気が上空に入って気流悪そうだったので 望遠鏡の出番は無し。普段あまり出番の無い タムロンSP350mmF5.6レンズで月や土星 2重星を撮ってみました・・すべて等倍で切り出した画像です。

Mn110517_sp350mm

2011/5/17 23h09m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso100 1/160s カメラ三脚固定撮影 自宅にて

低空と霞の為か赤っぽい月です・・黄砂もあるのか 花粉症のようなアレルギーが出て困っています。

SP350mmF5.6は手のひらサイズの小さな望遠レンズですが なかなか切れ味鋭いです。天文用としては 大きくなってもいいので 800ミリF5.6とかがあると面白いのですが・・・ 

St110517_sp350mm

2011/5/17 22h48m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso100 1/6s  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動

350ミリでも土星の形がなんとか分かります。ガリレオが作った望遠鏡の見え方は この程度かなぁ?

Mizar_sp350mm

2011/5/17 22h58m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso400 1/4s  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動 

おおぐま座のミザール(左下)とアルコル(右上)です。ミザールの二つの星は それぞれ分光連星なんだそうです。ちなみに ミザールとアルコルは肉眼2重星ですが 肉眼では光害でアルコルが見にくいですねぇ。

Albireo_sp350mm

2011/5/18 1h21m TAMRON SP350mmF5.6  EOS Kiss X4 iso100 1s  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動

はくちょう座のアルビレオです。もうちょっと色を強調したかったのですが・・・うーん・・iso400のほうが良かったかなぁ?

焦点距離がたった350ミリでも 離角のある2重星なら ちゃんと写りますね。フィルム時代には使いにくいレンズでしたが デジタルでは色収差が小さくて解像度のある良いレンズです。撮像素子が微細になったのと ライブビューでピント合わせが楽になった恩恵ですね。フィルム時代より解像度が上がった分 赤道儀の追尾精度を高精度で維持しないと星が流れて大変だぁ~~とも言えますがcoldsweats01    

2011年5月14日 (土)

空が暗ければ 必ず星が良く見えるとは限らない

薄雲や黄砂 大気汚染物質などが上空にあると 普通は夜空が明るくなり星が見づらくなります。星からの光が薄雲などで遮られて減衰するのと 町灯りに照らされて背景が明るくなる為だろうと思います。

四国でも南西部や南東部は空が暗い所ですが 特に山奥の標高のある場所では町灯りの影響が小さくて 夜の雲が暗くて見えないことに気づきます。全天曇りの空は 満天の星空より余程暗くて怖いほどです。夜空が非常に暗い環境では 気象条件次第では夜空が暗いのに星が見えないこともありえます。

背景光を計るSky Quality Meter を用意したので この夏に自宅付近や山奥で確かめるつもりです。自宅でちょっと計ったところ 18-19台の数値が出ています・・雲は当然 夜でも白いですね。

 

2011年5月 9日 (月)

吉野川河口の鳥 5/8日

Yoshinogawa

吉野川河口の鳥を見にいってきました。南岸を上流に向かって1キロほど歩きながら鳥見。環状道路建設中の橋(長さ1.3キロ)が繋がっていました。

シギや千鳥など 河口干潟の鳥は 鳥まで距離があったり 似たような模様の鳥が多くて 鳥名は?で自信はサッパリ有りませんが・・・

Hamasigi

ハマシギ

Kyouzyosigi

キョウジョシギ

Miyubisigi

ミユビシギ

Kiasisigi

キアシシギ カニを捕らえたようです

Chuushakusigi

遠くですがホイピピピと鳴いていたので チュウシャクシギ

Sirochidori

シロチドリ

Daizen

手前の鳥が大型チドリの ダイゼンで 奥は ハマシギ。どちらも夏羽で派手模様

Aosagi

アオサギ

Kosagi

コサギ 尾羽の上に飾り羽根

Koazisasi

小魚を探している コアジサシ

Koazisasi_2

で ダイビングしたところを写したら シャッターが遅れて水柱だけ写りましたcoldsweats01            

2011年5月 6日 (金)

レンズマウントアダプターのガタ対策

ペンタックスレンズをキヤノンEOSに取り付ける PK-EOSマウントアダプターを使っていますが 円周方向にガタがあります。ガタついたままだと 望遠レンズで天体を撮る場合に写野が回転するかもしれません。ガタの原因は マウントアダプターについてるストッパーネジと ペンタックスレンズバヨネットマウントの隙間が大きすぎるようです。

Pkeos

で ストッパーネジにエポキシ接着剤を盛り上げて ガタの元の隙間を埋めてしまいました・・画像でグレーの部分が接着剤です・・・不細工になってしまいましたがガタは無くなりました。

最初はマウントアダプターを取り付けた状態で接着剤を付けたら マウントアダプターが外れずに失敗。接着剤をマウントアダプターに盛り上げ 接着剤がカチカチに硬化する前にマウントアダプターをレンズに取り付けたらうまくいきました。  

2011年5月 1日 (日)

大川原高原 4/30

4/17日は まだ咲いてなかった春の花を見に4/30日 大川原高原へまた行ってきました

Ookawara_1

いきもの愛ランド付近の桜が咲いていました

Ookawara_2

Ookawara_3

Ookawara_4

Ookawara_5

Ookawara_6

Ookawara_7

あったあった 気の早いのが咲いていました

Ookawara_8

雨が似合う花は まだツボミ

Ookawara_9

咲いたら ツツジのトンネル?

Kamiyama_1

大川原高原を後に 神山のフジを見に寄り道

Kamiyama_2

神光寺の のぼり藤

Kamiyama_3

人家や田畑の脇を流れる里の川ですが 岩を削って流れる様子が山奥の渓谷みたいでした。

大川原高原では5/3日に徳島天文研究会の観望会があるので 晴れたら機材持って行こうかと思ってるんですが 天気予報は曇りみたいですね・・晴れに外れるか?

追記 5/3日 大川原高原の観望会は4日に延期らしく 4日なら晴れて星空が見えて良いかも・・・自分は4日は用があるので 残念ながら観望会に行けないのが確定です。

          

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »