« レジスタックス6の処理に難儀 | トップページ | R200SS+MPCCでヘルクレス座銀河団 Abell 2151 »

2011年4月11日 (月)

レジスタックス6で月の動画処理

マルチポイントアライメントで月の処理はどうかな? と試してみました

Cap20100801042920avi_000015400

ウェブカメラで撮った素材の動画から切り出した1フレームです。素材は10fpsで30秒の音声入り動画ですが レジスタックスで読み込める音声を削除した動画に変換したら30fpsになってしまいました。でも この動画を処理してみます

Mn_reg6_a

レジスタックス6のアライメント画面です。アライメント処理時間は1分以内でした

Mn_reg6_l

リミットは無くて良さそうですが 少し捨ててみます

Mn_reg6_s

スタック時間も1分かかりませんでした

Mn_reg6_w

ウェーブレット画面です。レベル調整は無しでよかったかも

Mn_reg6

仕上がり画像です・・AviStack2で処理した画像と変わらぬ画質です。処理時間はトータル3分以内でした。ちなみにAviStack2の処理時間は・・時間が掛かり過ぎるので 静止画300枚で計ったら20分弱。レジスタックス6で同じ静止画300枚処理はトータル1分以内でした。

月面動画処理は今までAviStack2を使ってきましたが レジスタックス6の驚異的速さは 月面モザイク処理に革新をもたらすかも。RegiStax6を少し使ってみた印象は 惑星動画処理に画期的なツールになったRegiStax6ですが 月面処理には更に最適なツールで ただただ凄いという印象です。       

« レジスタックス6の処理に難儀 | トップページ | R200SS+MPCCでヘルクレス座銀河団 Abell 2151 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レジスタックス6の処理に難儀 | トップページ | R200SS+MPCCでヘルクレス座銀河団 Abell 2151 »