« 2/18日 木星の撮り納め | トップページ | ガイド望遠鏡の色収差とガイド精度の考察 »

2011年2月21日 (月)

デジ一眼液晶モニタ用のレフレックスルーペを自作

カメラが天頂付近を向いた時 カメラ背面モニターが見づらいですね。バリアングルモニターでも付いてるカメラなら楽ですが・・・。で 手持ち部材で 見づらさを解消するレフレックス式のルーペを作ってみました。

Ref_mag_1

材料は百円ショップで買った折りたたみルーペと鏡とアルミ板です。カメラに固定する1/4インチネジも用意していましたが クイックシューで代用したので ネジは不要でした。鏡は手元のガラクタから ペンタ67のミラーを使いましたが 壊れた手鏡やプラスチックにメッキのミラーでも十分だと思います。

Ref_mag_2

簡単な工作ですので 画像でやりかたは分かると思います

Ref_mag_3

鏡はプラ板のスペーサを挟み 両面テープで貼り付けました。クイックシューのツマミが小さくて回しにくいので 接着剤のキャップをくっつけています

Ref_mag_4

カメラに取り付けて 下から見た様子です

Ref_mag_5

横から見ると こんな感じ

Ref_mag_6

ルーペを覗くと 背面モニターが裏像として見えます

Ref_mag_7

ルーペに目を近づけると 3インチの背面モニター全面が見えます

Ref_mag_8

ルーペをはね上げると 背面モニターを鏡 又は直視で覗けます。以上 ワンコイン?で作れるレフルーペでしたhappy01      

« 2/18日 木星の撮り納め | トップページ | ガイド望遠鏡の色収差とガイド精度の考察 »

機材」カテゴリの記事

コメント

オオ、これは老眼には大歓迎のアイテムですね。
私の場合は屈折ではないので直視でいいのですが、ヘッドルーペを付けないと背面液晶が見づらくて仕方有りません。

市販では直視タイプはありますが、こういう90度屈折させて見るタイプはないと思います。でもワンコインはありがたいですね。

カムイミンダラさん、こんばんは。
自作で雑な作りですが、無理な姿勢からは開放されそうです。地面すれすれの花等を撮る時にも使えるかもと思っています。

自分も老眼なので百円ショップの老眼鏡を使っていますが、眼鏡をつけたり外したりが面倒です。ワンタッチで度数が無段階に変えられる眼鏡でもあれば良いのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/18日 木星の撮り納め | トップページ | ガイド望遠鏡の色収差とガイド精度の考察 »