« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

R200SSのフード改良

R200SSの自作フードを固定するゴムを取り替えました。以前は細いゴム紐で固定力が弱かったのですが 百円ショップの自転車荷台ゴムにしたら程よい張力で固定できました。

R200ss_h1

従来は輪っか状のゴムなので 柔らかいフードの上からゴムを通すのは意外に面倒でしたが 荷台ゴムならフックが付いてるので簡単です。ゴムの張力が自作ピント微動と連動しています。

R200ss_h2

ゴムの張力でピント微調整ネジを押しつけてるのですが 従来は弱いゴムだったので ピント合わせした後 ドローチューブ固定ネジを締めていたのですが これからは固定ネジは緩めたままでいけるかもです。少しの変化ですが 使い勝手はかなり良くなるかも。

ピント微調整ネジを1回転すると40ミクロン程ドローチューブが動くので F4のR200SSには十分だと思います。ただ ネジのストロークが12回転程なので 最初に大体のピント合わせが必須ですが・・・。気温変化でのピント位置変化にも 一度データ取りすれば 後は迅速に対応出来るかもしれません。

追記:2/27 アルミ鏡筒の温度変化に伴うピント移動は 1℃で20ミクロン程と思いますので 気温が1℃低下する毎に ネジを半回転ほど反時計方向に回すことになると思います(鏡の焦点距離変化は無視)・・気温変化の大きい春や秋で試し撮りすれば よく分かるはずですが 最近は滅多にスッキリした晴れになりません・・・1月の好天続きの反動でしょうか?despair

ピント微調整機構にバイメタルでも組み込み ピント移動を自動的に補正できたら便利でしょうね。

2011年2月22日 (火)

ガイド望遠鏡の色収差とガイド精度の考察

ガイド望遠鏡が短焦点でレンズがアクロマートレンズの場合 色収差が大きいですね。特に短波長が顕著で 大きな青にじみになると思います。また短波長の光はシンチレーションの影響が長波長より大きいので 惑星撮影ではシーイングが悪い時は赤外域で撮った惑星像が解像度高いようです。星のユラユラ・ボケボケは青色が大きいといえます。

ガイドカメラがモノクロで長波長に十分な感度があるなら シンチレーションの影響を少なくしてガイドを安定させるには 短波長をフィルターでカットしたほうが良いのかもしれません。

2011年2月21日 (月)

デジ一眼液晶モニタ用のレフレックスルーペを自作

カメラが天頂付近を向いた時 カメラ背面モニターが見づらいですね。バリアングルモニターでも付いてるカメラなら楽ですが・・・。で 手持ち部材で 見づらさを解消するレフレックス式のルーペを作ってみました。

Ref_mag_1

材料は百円ショップで買った折りたたみルーペと鏡とアルミ板です。カメラに固定する1/4インチネジも用意していましたが クイックシューで代用したので ネジは不要でした。鏡は手元のガラクタから ペンタ67のミラーを使いましたが 壊れた手鏡やプラスチックにメッキのミラーでも十分だと思います。

Ref_mag_2

簡単な工作ですので 画像でやりかたは分かると思います

Ref_mag_3

鏡はプラ板のスペーサを挟み 両面テープで貼り付けました。クイックシューのツマミが小さくて回しにくいので 接着剤のキャップをくっつけています

Ref_mag_4

カメラに取り付けて 下から見た様子です

Ref_mag_5

横から見ると こんな感じ

Ref_mag_6

ルーペを覗くと 背面モニターが裏像として見えます

Ref_mag_7

ルーペに目を近づけると 3インチの背面モニター全面が見えます

Ref_mag_8

ルーペをはね上げると 背面モニターを鏡 又は直視で覗けます。以上 ワンコイン?で作れるレフルーペでしたhappy01      

2011年2月18日 (金)

2/18日 木星の撮り納め

薄雲が通過中ですが 木星は見えていたので撮ってみました。気流は最悪で木星はユラユラ 望遠鏡も強風でユラユラなので 木星画像は大きな模様しか写りません。すっかり低空になってしまった木星の撮影は厳しいので 今日で撮り納めです・・来シーズンまで木星はおあずけ。

Jp110218_17h58m28s_90sec

2011/2/18 17h58m28s- 90sec  2500/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso1600 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅前にて

エウロパと影が通過中です・・画像ではぼやけた影しか分かりませんが・・・

Jp110218_18h06m50s_90sec

18h06m50s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso1600 1/80s 60fps

Jp110218_18h21m16s_90sec

18h21m16s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso1600 1/60s 60fps   

2011年2月16日 (水)

2/16日の木星

天気崩れが遅れて夕方晴れてたので またまた木星を撮ってみました。大赤斑が左端に沈みかけです。18日は正面に見られるはずですが 天気が悪そうです。

Jp110216_17h59m50s_90sec

2011/2/16 17h59m50s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso1600 1/100s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅前にて

Jp110216_18h06m29s_90sec

18h06m29s- 90sec 他データは上画像と同じ

大赤斑の周りに黒い隈取り模様があるので なんだか目つきの悪い木星のように見えますね(笑) 

2011年2月15日 (火)

2/15日の木星

しつこく木星撮り。最悪に近い気流でしたが 前回よりはマシでした。このあたりの経度は静かな木星面ですね。

Jp110215_18h09m32s_90sec

2011/2/15 18h09m32s- 90sec 3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps マークX恒星時駆動 自宅前にて

雪をかぶったジンチョウゲ

11日に続いて14日も積雪。塀の上には8センチほど雪が積んでいました。蕾が赤くなってきたジンチョウゲも雪化粧ですが 花の香りがはじけるのもあと少しでしょうか。

Zinchouge

2011年2月13日 (日)

2/13日の木星と月

西に低くなって 撮影は今シーズン最後かもの木星を撮ってみました。高度が低いのと 夕食時で家屋からの排熱の影響?でシーイングは最悪。大赤斑後方がやけに黒いのが目について これからが面白い所かもしれませんが 木星の追跡は難しそうです。

Jp110213_18h35m26s90sec

2011/2/13 18h35m26s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso1600 1/100s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅前にて

続いて同じ機材で月を撮りました。天頂付近の月なので 低い木星よりシーイングはマシでした。

Mn110213_19h00m_180f24

2011/2/13 19h00m  μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso400 1/25s   

 

2011年2月11日 (金)

2/11日の月 FC60+2倍リアコンバーター

宵の口は晴れてたので 久しぶりに月を撮ってみました。気流が悪くて 小口径6センチ望遠鏡でもユラユラの月でした。まずは デジ一眼の一発撮りから

Mn110211_fc60_ext2x

2011/2/11 19h14m FC60+Ext2x(F17) EOS Kiss X4 iso100 1/8s  マークX恒星時駆動 自宅にて

ユラユラの影響で ぼやけた月になってしまったので 最大エントロピーで画像復元しています・・PSF半径0.8で最大繰り返し12です・・・1枚画像から復元では効果が少ないかな?

Mn110211_fc60_f17_avistack2

続いて X4の動画から300フレームをAviStack2でオート処理した月面南部ですが 静止画一発撮りと解像度変わりませんねぇ・・R200SSやμ180では動画からの月や惑星が断然良いと思いますが 小口径では動画と静止画の違いは小さいのかな?

追記:2/13  1枚静止画からのシャープ処理では荒れが目立つので 6枚スタックして処理した画像を追加します。手順はフォトショップで現像→ステライメージでスタック→レジスタックスで軽くウェーブレット→フォトショップでノイズ低減→ステライメージで軽く画像復元した後 色彩強調です。

1枚画像からの処理と比べてスベスベ画像になるので 色強調などが無理なく出来る感じです。解像度は余り変わらないと思いますが 1枚画像では部分ボケやクレータの歪みが残る欠点を スタック画像では低減出来たのではと思います。

Mn_x6

春の雪

雪です 春のベタベタ雪。冬の寒さで傷んだアロエに追い打ちかも~despair

S

でも 春霞の元凶の大陸からの汚染物質が 雪や雨で洗い流されて 晴れたら透明度の良い空になるかも~

F

ちっちゃいけど フィルターも用意しましたsun 

2011年2月 2日 (水)

2/1日の木星

屋根に隠れるのが早くなり そろそろ終了近い木星を撮ってみました。寒気が少し緩んで 気流もマシになった感じです。

Jp110201_17h43m01s_90sec

2011/2/1 17h43m01s- 90sec  3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp110201_17h50m36s_90sec

17h50m36s- 90sec

Jp110201_17h58m41s_90sec

17h58m41s- 90sec

ガニメデと影が見えています 

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »