« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

1/30日の木星

宵の口は雪がチラホラ舞う天気でしたが 一応晴れだったので木星を撮ってみました。強い寒気で木星はアメーバ状態 最悪に近いシーイングでした。

Jp110130_17h41m03s_90sec

2011/1/30 17h41m03s- 90sec  3000/5395スタック  μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて

イオと影が通過してるようです

Jp110130_17h53m40s_90sec

17h53m40s- 90sec

Jp110130_18h07m52s_90sec

18h07m52s- 90sec   

2011年1月29日 (土)

マークX赤道儀のピリオディックモーション 再計測

去年の秋にマークXのグリスを入れ替えました。いまは気温が底ですが グリス入替後はギア当たり調節しなくてもウォームネジの回転はスムースです。入替前のグリス(望遠鏡用モリブデングリスと称した物です)は柔らかすぎたので 油膜が薄くて気温が変わるとギア当たりの調整が煩雑でした。

去年から今年にかけて木星を撮っていましたが 動画撮影中の木星のふらつきが小さいような気がしていました。ピリオデックモーションが小さくなって東西へのふらつきが少なくなってる感じです。

で 再測定してみました。

Mark_x_pm1

75EDHFに2倍エクステンダーを付けてカメラはEOS Kiss X4で10秒固定撮影したオリオン座の三つ星 ミンタカです。ほぼ赤道付近の星なので10秒間に150秒角動きます。画面では星の軌跡は180ピクセルでした

Mark_x_pm2

つづいて赤道儀の極軸を約1度水平に振って 同じ写野をモーションの1周期より少し長い12分露光の恒星時駆動で撮りました。ミンタカは明るすぎるので 少し南の星で計ったところ 東西への振幅は18ピクセル程でした・・ピリオデックモーションは±7.5秒程度のようです・・・駆動直後から露光開始したので 最初の安定前の影響を除くとピリオデックモーションは±6秒程度かもしれません。

グリスの選択がうまくいって 赤道儀本来の精度を引き出せたのかも・・たかがグリス されどグリス・・・でしょうか? それにしても マークXて高精度に加工されてたのですねぇ 今更ながらビックリしました。

余談ですが 画像の露光終了の時に星がジャンプしてますね(^^; X4はDXよりシャッターーショックが大きいのかも??   

2011年1月26日 (水)

1/26日と1/27日の木星

25日の木星は雲の上 天気には勝てませんdespair

大赤斑の見えない今日は晴れました・・・

Jp110126_18h02m15s_90sec

2011/1/26 18h02m15s- 90sec  3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps 自宅にて

Jp110127_18h31m00s_90sec

27日も雲が多めながら晴れてたので 屋根に隠れる寸前まで撮ってみました。大赤斑がギリギリ写りました・・鮮度の落ちた魚の目のようです・・・赤斑孔になるのでしょうか?

2011/1/27 18h31m00s- 90sec  3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps 自宅にて

  

2011年1月22日 (土)

1/22日の木星

望遠鏡が揺れる強風で気流最悪かと思ったら 意外に良くて木星の南赤道縞の南北の縁取りがカメラモニターで見えていたので撮ってみました。

Jp110122_17h47m09s_90sec

2011/1/22 17h47m09s- 90sec  3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

画像右の裏側の大赤斑付近が気になります・・25日に正面に回ってくるので 天気と気流が良ければ撮影したいものです。  

2011年1月15日 (土)

薄雲越しのM51 R200SS+MPCC 1/14日

子持ち銀河M51を撮ってみましたが 薄~い雲があったようで 被りが酷いうえに明るい星が滲んでいました。

M51_kumori

10分露光1枚画像をレベル切り詰めてみました・・星が滲んでいます。ガイド星が暗くなったり元にもどったりの繰り返しで 薄雲か雪片が上空を通っていたのかも。

M51_r200mpcc_125min

総露光時間が短く 透明度も悪かったので写りはサッパリでした

2011/1/14 02h55m- 125min(9x5min+8x10min)  R200SS+MPCC  EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800  旧アトラクス+60mmガイド鏡でガイド撮影 自宅にて

追記: 1/16  去年の3月 R200SS+コマコレクター3で撮ったM51を足してみました。MPCCとCC3では合成焦点距離や歪曲収差が違うかもしれないと思っていましたが 案の定ステライメージの2点指定合成ではうまく重なりません。なので MPCCでの画像を3900→3856ピクセルに縮小したら 画面の2/3程度が重なったようです。

M51_r200_cc3mpcc_380min

去年と今年 3日で合計380分露光のM51です・・でも 3日とも透明度が悪い日ばかりだったようで 露光時間の割に写りがよくないですね(^^;  

2011年1月14日 (金)

1/13-1/14日の木星

両日とも気流最悪ですが・・・

Jp110113_18h35m30s_90sec

2011/1/13 18h35m30s- 90sec  2000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso1600 1/60s 60fps   薄雲越しの撮影です

Jp110114_17h47m40s_90sec

2011/1/14 17h47m40s- 90sec  3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps

Jp110114_18h08m22s_90sec

2011/1/14 18h08m22s- 90sec   

2011年1月12日 (水)

自宅で星撮り R200SS+MPCCでM106 1/11日

りょうけん座の銀河M106の淡い部分を 自宅でどの程度撮れるかやってみました。ふくろう星雲を撮った時より透明度が悪く おまけに気流が悪くてガイド星がボケてユラユラしていましたが・・・。

M106_r200mpcc_225min_e 

2011/1/11 01h25m09s-  15x5min+15x10min R200SS+MPCC  EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800

M106_r200mpcc_225min_tr_e 

こちらはトリミング画像です・・気流が悪くて星が大きく肥大しているので 画像復元などでごまかしてもシャープ感に欠けますね・・透明度の影響か淡い部分の写りも もひとつです・・・暗い空に遠征して撮り増ししないと駄目そうで また課題が増えました(^^;

追記: 1/20  色が薄い気がしたので 少し強調した画像に差し替えました・・でも アラが目立ってしまいましたが・・・

追記: 2/2  2月1日に自宅で15分露光(iso400)を9枚撮ったので これを足した画像から 等倍で右下のNGC4217付近をトリミングした画像を追加します・・子午線を挟んで前後半あわせて16枚撮るつもりが 雲襲来で9枚になってしまい画質向上には至らなかったようで残念・・・despair

Ngc4217_r200mpcc_225min135min

NGC4217の左下の小さな銀河(1x0.5分角)はNGC4226で  渦巻きみたいな銀河に伴銀河っぽいのがくっついて 太陽系のある天の川銀河にも似て興味深いです。この画像はショボイですが グーグルスカイだと詳しい様子が見られます。

 

2011年1月11日 (火)

1/11未明の土星

気流が悪くてボケボケですが 土星の白斑が見える日なので撮ってみました・・・土星の前にM106を撮っていたので ガイド星の揺れ具合から土星の見え味が悪いと予想していましたが 想像以上にユラユラボケボケの土星でした。

St110111_06h16m46s_110sec

2011/1/11 06h16m46s- 110sec  3000/6594フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso3200 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

カメラモニターでは白斑どころか 環に落ちた土星の影すらほとんど分かりませんでした。でも 曇って見えないよりマシですねcoldsweats01

2011年1月10日 (月)

1/10未明の土星

6時前に起きて空見たら なんと晴れていました!!・・前日から雪雲がどんどん流れて来て油断していて・・・おまけに予報も なんか降るような天気。

とりあえず温度順応もしてない鏡筒で撮ってみました・・まあ 暖房もしていない極寒の部屋に置いているのですが・・・。この後 すぐに曇ってしまいました・・写りは良くないけど 晴れて撮れただけいいかな

St110110_06h13m13s_90sec

2011/1/10 06h13m13s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso3200 1/60s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

白斑から前方に拡がった白雲?がかろうじて写ってるように見えますが どこまで延びてきてるのか この解像度ではサッパリ分かりませんね(^^; 白斑発生地点が見えるのは明日なので なんとか晴れて~

2011年1月 8日 (土)

ピラカンサを食べに来たヒレンジャク

自宅上の電線に一羽のヒレンジャクが来ていました。

Hirenzyaku_1

Hirenzyaku_2

群れで見ることが多い鳥なのに1羽だけとはと思っていたら 30羽ほどの後続部隊がやってきました

Hirenzyaku_3

しばらくして自宅のピラカンサに降りてきたのですが カメラから見えない位置なので 場所を変えようと移動中にヒレンジャクの群れは飛んでしまいました(^^;

追記:1/10  後日 ピラカンサを食べてる現場を押さえました・・・毎年 実がアッというまに無くなる時期があるのですが ヒレンジャクが来ていたのかも(^_^)

Hirenzyaku_4

Hirenzyaku_5

Hirenzyaku_6   

 

2011年1月 7日 (金)

1/6日と1/7日の木星

6日の夕方は北風が強かったですが 木星は安定した見え方でした・・夏の見え方には及びませんが 少しボカシをかけた程度で 冬なら上々と思います。

Jp110106_18h03m53s_90sec

2011/1/6 18h03m53s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

木星左の衛星はイオのようです

Jp110106_18h15m42s_90sec

18h15m42s- 90sec

この後 北から急速に雲が流れ込んで撮影終了。翌朝の土星も雲に阻まれました

Jp110106__3d

二枚の画像を並べて 3D化。やぶにらみ状態の交差法で 飛び出た木星面と 奥にひっこんだイオが見えるかも

Jp110107_18h30m29s_90sec

続いて7日の木星です。前日 木星の後ろに居たイオが 今度は木星の前に回ってきました。イオは2日足らずで木星の周りを公転するようです。

2011/1/7 18h30m29s- 90sec  3000/5395フレームスタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて 

2011年1月 5日 (水)

自宅で星撮り1/5日 R200SSでM97とM108

久しぶりに星雲撮りです。おおぐま座のM97フクロウ星雲とM108銀河をR200SS+MPCCで撮りました。

M97_fl

気合い入れて撮りました・・5分露光と10分露光のセットを12回 合計3時間露光です

M97_m108_r200ssmpcc_180min

ノイズ低減のため 少しずつ構図をずらしてるので端を少しカットしていますが ほぼトリミング無しです。元画像にはM97とM108以外に たぶん100以上の銀河が写っています

2011/1/5 1h03m- 総露光180分 R200SS+MPCC+EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800

M97_m108_r200ssmpcc_tr

こちらは中央を正方形にトリミング

M108_tr

等倍でトリミングしたM108です・・なにやら複雑な構造と色の銀河ですね

M97_tr

こちらも等倍トリミング フクロウ星雲です。たっぷり露光したおかげか 19等前半の微光星が写っていました。自宅からでは限界等級かもしれません

M97_pv

ちなみにプレビュー画像はこんな感じ。10分露光でヒストグラムの山が真ん中ぐらいで 透明度抜群でした・・・自宅なので冬の天の川は見えませんが 夏の濃い天の川なら見えたかも。夕方は気流ボロボロで木星が激流底の石状態でしたが 明け方は気流が回復傾向でした。気温は5℃→2℃でしたが ピント合わせは最初だけです。温度変化でピント位置がずれるでしょうが 画像復元には かえって滑らかなボケになって好都合ではないかと思います

Ngc1555_r200ssmpcc_rebel_iso800_20m

オマケ画像は先に撮ったハインドの変光星雲NGC1555です・・等倍トリミングで露光は4x5minです。おうし座のアルデバラン近くなので 西に傾いて季節外れです。短時間露光なので 星の赤ちゃんに照らされたごく明るい部分しか写りませんが この周りには大きな分子雲があるみたいです。画面下の星が少ないのは分子雲に遮られている為みたいですね      

2011年1月 3日 (月)

1/2夕方の木星と1/3明け方の土星

2日夕方は上天気でしたが 天気予報では夜半から曇りそうなのでプチ遠征は止めて自宅で惑星撮り・・新月期なので約束事のように悪天になり 星野写真は撮れずガッカリ・・・余程 日頃の行いが悪いのかも~sad

Jp110102_17h56m51s_90sec

2011/1/2 17h56m51s- 90sec 3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps 旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Jp110102_18h55m51s_90sec

18h55m51s- 90sec

この後 R200SSで星雲でも撮るつもりでしたが 透明度が悪くなってきたので 明け方の土星だけ撮るつもりで機材だしっぱなし。土星は今シーズン初撮りで 土星に現れた明るい白斑がこちらを向いてる日です

St110103_05h30m05s_100s

2011/1/3 5h30m05s- 100s  4000/5995スタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso6400 1/60s 60fps 旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

5時頃は比較的クリアな空でしたが 屋根から上がって撮れる頃になると雲襲来。薄雲越しに無理矢理撮影しましたが どーにも露光不足・・・もっと光を!!でした。

今年もしょっぱなから絶不調で 先が思いやられそうですcoldsweats01    

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »