« 12月23日の木星 | トップページ | 1/2夕方の木星と1/3明け方の土星 »

2010年12月24日 (金)

宙の光 地の光

24日の夕方 国際宇宙ステーションが上空を通過するので μ180ミリ直焦点で撮ってみました

20101224issm180f12

2010/12/24 18h19m μ180(F12)+EOS Kiss X4 iso3200 1/1000s

上空約400㎞の光です。マークXをフリーストップにして鏡筒を振り回したんですが 架台のグリスが寒さで粘って動きがギクシャクして難儀しました。気流も悪くてISSはボケてますが 何とか形は写りました。

Anan_ilm1_2

Anan_ilm2

その後 自宅から歩いて10分足らずの公園のLED電飾を見にいったら なにやらミニイベントをしていました・・神戸ルミナリエなどに比べたら こちらは非常にささやかですが 田舎のクリスマスらしくていいかも。   

« 12月23日の木星 | トップページ | 1/2夕方の木星と1/3明け方の土星 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

気流が悪い冬なのに、ISSの形がよくわかりますね。
木星像も冬なのに細部までよく写っていて、すばらしいです。
最近は寒さに負けて望遠鏡を出していません。
年が明けたら新月期なのでボチボチと始動します。

てげてげさん、こんにちは。
ISSが天頂近くを通り、距離が近かったので形が分かる写りになったのかもしれませんね。同じ日に撮った木星は大きな模様しか写らず、画像処理する気が失せました。
正月の闇夜は天気さえ良ければ、光害の影響も少なくて良いですね。後は冬型が緩んで雲の流れ込みが無くなるのを期待しましょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月23日の木星 | トップページ | 1/2夕方の木星と1/3明け方の土星 »