« 11/15の月 | トップページ | 11/17の木星 »

2010年11月17日 (水)

望遠鏡とカメラの接続

カメラと望遠鏡の接続 自分の場合

接眼レンズを使うコリメート撮影では

P1

左が接眼レンズのOr12mmです・・カメラの光学ズーム最大で惑星が写野からはみ出ない程度がよいそうです・・もちろん 露出不足では駄目でしょうが。中の2個のリングがアダプターです。右のカメラはソニーDCR-PC100です・・最近 出番がめっきり減りましたcoldsweats01

P2

アダプターリングの中筒に接眼レンズを取り付け

P3

外筒のネジにカメラのフィルターネジ部を取り付けます

P4

R200SSにつけると

P5

こんな感じです

P6

最近 木星の撮影に使ってるμ180とデジ一眼は 拡大にペンタックス望遠鏡用のリアコンバーター2X(たぶん3枚玉)を使っています

P7

ミューロンに取り付けた様子です。R200SSではピント出ないし 接眼部の強度も不安です

P8

ペンタックスのスリーブを固定するため FC60についてた延長筒に落下防止のネジを取り付けてます

P9      

月撮影ではWebCam C600を改造して

P10

24.5→31.7ミリスリーブで接続しています。AVI形式でPCにキャプチャー 800x600PXで30秒程度取り込んでます 

« 11/15の月 | トップページ | 11/17の木星 »

機材」カテゴリの記事

コメント

早急な回答をいただきましてありがとうございます。
取り付け箇所の様子が非常に良くわかりました。
webカメラはスリーブでそのまま差し込んでいるのですね。
接眼レンズをつけないといけないのかと思っていました。
だいぶイメージが固まってきましたので参考にさせていただいて挑戦してみようと思います。
また、なにかご質問させていただくことがありましたら、その際もよろしくお願いいたします。

今後もサイトを閲覧させていただきます。
ありがとうございました。

こんばんは、universeさん。
R200SSにwebカメラ直付けは、広く撮りたい月面撮影の場合です。webカメラが高感度なら、接眼レンズや高倍率バローレンズなどで拡大も可能ですが、自分のカメラは感度が低いので拡大率は控えめにしています。

拙ブログを見ていただいてありがとうございます。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

ポンコツじじいさん。
universeです。こんにちは。
さっそくビデオカメラに関しての必要アダプタなどは、ポンコツじじいさんに教えていただいた部品を購入し到着を待つのみです。
そしてまたご質問になってしまうのですが、以前からwebカメラは Webcam Pro 9000  QCAM-200SX というものを所持していたので、これを使おうかと思っているのですがこのカメラの改造例がいろいろと探しているのですが見つからず、まずは試しに自分なりにカメラの足だけを取り外し、接続で言いますと r200ss→r200ssカメラ回転リング(60mm→42mm)→sx接続アダプタ(42mm→31.7mm)→webカメラ とカメラを手であてがって見てみたのですが、
これだと接眼レンズをつけないで覗いた状態がそのまま映ります。(目で覗くと自分の目が見える状態です。)
そこで、接眼レンズ(NLV 20mm eyepiece)を先ほどと同じような取り付けで以下のように取り付けてみました。
r200ss→r200ssカメラ回転リング(60mm→42mm)→sx接続アダプタ(42mm→31.7mm)→接眼レンズ(NLV 20mm eyepiece)→webカメラ
こうすることで、しっかりと見えるようになりました。
私が理解できていないだけなのかもしれませんが、以前に教えていただきましたwebカメラに取り付けるスリーブ(24.5→31.7ミリスリーブ)とはレンズが付いているものなのでしょうか?
このwebカメラに接続したほうがよいアダプタなども、
ぜひ教えていただければありがたいです。
まったくもって理解不能な人間で大変申し訳ありません。

universeさん、こんばんは。
ビデオカメラを望遠鏡に取り付けるアダプター類は到着されましたでしょうか。
望遠鏡に取り付けるwebカメラはレンズを取り外していて、撮像素子のCCDかCMOSに赤外カットフィルターが着いている状態が一般的だと思います。私のQcamS7500とWebCamC600も、ねじ込み式のレンズユニットを取り外していて、CMOS+赤外カットフィルター+24.5ミリのスリーブに改造しています。24.5→31.7は望遠鏡の接眼スリーブ径が31.7ミリなので、スリーブ径を合わせているだけの素通しの筒です。
Webcam Pro 9000はオートフォーカスのWebカメラとしては高級機なので、レンズ外し改造はもったいないかなと思います。改造するなら、改造記事のあるWEBカメラとなりますが、この場合はuniverseさんお持ちの望遠鏡とビデオカメラの組み合わせより綺麗な絵が出てくるとは限らないと思います。
まずはR200SS+接眼レンズ+アダプター+ビデオカメラを使い倒されてはいかがでしょうか。
もし、月などの撮影でケラレが大きいようでしたら、接眼レンズを焦点距離の長い物に代えるとケラレは少なくなると思いますのでお試し下さい。

ポンコツじじいさん。こんにちは。
ビデオカメラのアダプタはそれぞれ取り寄せの状態のようでして今週末までには届いてくる予定です。今のところ天気も悪いためよかったですが早く届いてほしいものです。
webカメラに関しては、パソコンに赤道儀を接続し、そしてwebカメラも望遠鏡からパソコンへ接続することで画面を見ながら遠隔操作をしようと考えておりましたが、アダプタ類が届き次第ポンコツじじいさんのおっしゃるようにビデオカメラを利用していこうかと思います。
確かに性能ではビデオカメラのほうが良いようですので。
先日、webカメラの接続を鏡筒にあてがった時に、反射鏡が目の前にあるだけの映像だったので、どうすればよいのかがわからなくなってしまいまして・・
アイピースを接続することで見えるようになったのでポンコツじじいさんが説明していただいたスリーブとは何かレンズがあるのかと思っておりました。
天体望遠鏡とビデオカメラやwebカメラの接続に関してはいろんな方法があることを知り、ただ単にそれだけで驚いているほどのど素人でして・・大変ご迷惑をおかけしております。
webカメラは改造をしないで使えるようにしていければと思っています。

universeさん、悪天続きで星見もなかなか出来ず、ヤキモキしますね。機材が届く頃には撮影日和になって欲しいものです。
webカメラを使ってパソコン画面を見ながらピント合わせが出来たら便利ですが、カメラのレンズを外してしまうとそうはいきませんよね。ビデオカメラでの撮影を究め、更なるステップアップに進まれるの時は、惑星用の高級なwebカメラと望遠鏡の電動フォーカサーに挑戦されるといいかもしれません。
誰でもビギナーの時は分からない事だらけですよね。そういう私は、実は万年初心者だったりするのですが(^^;)
星の世界は長年やってても疑問や発見が次々と見つかる面白い世界だと思います。universeさんも天文沼にドップリはまるかもですね。
機材が到着して撮影結果など分かりましたら、使い心地など教えて頂けたらうれしいです。

ポンコツじじいさん。
おはようございます。
今日も雨です・・・。
パソコンからの操作。確かにピント合わせ。望遠鏡の近くにいたのでは遠隔操作になりませんよね。
フォーカサーなどというものがあることを初めて知りました。また驚きです。
今はベランダで天体観測しているのですが、できれば部屋から操作できたらいいなと思い、カメラを見ながら遠隔操作というものを知りまして、そこからどんどん一気に話しが広がっていっています。
非常に天体観測は奥が深いですね^_^;ポンコツじじいさんがおっしゃるように、次々と発見や驚きがあります。
いろんなものがほしくなる病に陥ってきたような気がします・・まずいですね・・。
機材が届き次第、いろいろと悩みながら撮影してみようと思います。
アドバイスをいただき、本当に助かりました。ありがとうございました。
撮影結果等ご報告させていただきます。


何度もすみません^_^;
ポンコツじじいさんのブログの中に風力発電所を撮影されている写真があります。他にもパノラマのお写真があるようですが・・、
このパノラマの撮影はどのようにされているのですか?
すばらしい写真ですね。
あこがれます。
なんだか感動しっぱなしです。。。

こんにちは、universeさん。なかなか晴れませんね。
パノラマ写真ですが、私の場合は風景写真も天体写真のパノラマ合成もAdobe Photoshopを使っています。
メニューの自動処理からphotomergeを使い、読み込んだ複数枚の画像を自動でパノラマ合成してくれます・・天体写真の場合はあらかじめ強調処理しているので、つなぎ目付近の色や明るさを各画像とも合わせておかないと合成がうまくいかない場合がありますが、風景写真なら一発で自動合成できると思います。
Photoshopほどの精度は無いかもしれませんが、デジカメを買ったら付属してくるソフトにもパノラマ合成ソフトが付いているかもしれませんよ。フリーソフトにもパノラマ合成ソフトはあると思いますので、試してみる価値はあると思います。

universeです。
Photoshopなのですね。
なんともこれも驚きです。
そのようなソフトを活用したくさんの画像処理をされているのですね。
またまた勉強になります。
今後はそのような画像処理のお世話になると思うので、ネットで探してみようと思います。
何度もすみません。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/15の月 | トップページ | 11/17の木星 »