« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

11/29の木星

今日も南赤道縞の気になる位置が見やすいので いつものように撮ってみました。相変わらず気流が悪く木星はぼけっぱなしで 写りの良いフレームと悪いフレームの格差が大きいので いつもなら 5395→4000→3000と選別してるところを 5395→3000→2000 として下位のフレームを多く捨てました。イオとその影が南赤道縞にかかっていたので 暗斑の観察にはちょっと邪魔でした・・・暗斑が無ければ大歓迎のところですが(笑)

Jp101129_18h37m47s_90sec

2010/11/29 18h37m47sから90秒動画2000/5395フレームをスタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて 

Jp101129_19h19m53s_90sec

19h19m53s- 90sec

Jp101129_19h55m24s_90sec

19h55m24s- 90sec

2010年11月28日 (日)

11/27の木星

懲りもせず こればっかりですが(^^;

気流は 木星が激しくボケてる中にピントの合った状態が少し混じる・・この繰り返しでした・・・グニャグニャ歪んでるのではありません

Jp101127_18h11m04s_90sec

2010/11/27 18h11m04sから90秒動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps

Jp101127_19h10m00s_90sec

19h10m00s-

Jp101127_20h35m31s_90sec

20h35m31s-

木星の右の衛星はイオのようです   

2010年11月27日 (土)

京柱峠

先週 四国の中でも山深い奥地の京柱峠まで行ってきました

Oboke_1

Oboke_2

途中 モンベル大歩危店の近くの吉野川と紅葉です。川の対岸にJR土讃線が通っていますが 崖っぷち区間なので大雨が降ると不通になることも普通かも?

R439_1

吉野川沿いの国道32号線から分かれると そこは国道439号線。「よさく」とよばれ 酷道マニアに人気の道だそうな・・でも 四国にはさらに手強い酷道もあります・・・徳島南部の山中を南北に走る国道193号線で 道は狭いわ谷底は深いわで 下手するとアッチに行ってしまいます(^^;)・・・「逝くさ」国道・・・最近行ってませんが(^^;)

R439_2

やれやれ 峠に着きました。標高は1200メートル弱。チャリダーが走ってますな・・・スゴイ!

R439_3

R439_4

峠の茶店のシシ肉うどん 800円なり

R439_5

茶屋から見た 来た道です。山の斜面に家が点々と・・・      

11/27未明の月 ペンタックス75EDHF+テレコン+EOS

明け方の月を小型屈折望遠鏡で撮ってみました。小口径レンズなら 冬の気流でも解像度低下の影響が小さいので 気流が悪いとボヤかずに気楽に撮れますhappy01

Mn101127_75edhf

2010/11/27 3h31m 75EDHF + Ext2x + Ext1.5x + EOS Kiss X4 iso100 1/13s

2倍テレコンバータは木星撮りに使ってるペンタックスのリアコンバーターRC2で これにケンコーの1.5倍テレプラスを併用しています。75EDHFはEDアポクロマートレンズですが 色収差がやや多くてアクロマートレンズの望遠鏡で見た月のように写ります・・月が薄紫色に被りますが 反射望遠鏡や最近の高性能望遠鏡と違う 懐かしの見え味ともいえるかも(笑)

Mn101127_75edhf_mov

続いてEOSで撮った動画の月面北部です。MOV動画をフリーの動画プレイヤー(GOMプレーヤー)で500枚のBMP静止画に切り出し AviStack2でスタックしました。全自動でマルチポイント処理された画像を出してくれるので ただ待ってればいいので楽です。

Mvi_5838

ちなみにスタック前の静止画はこんな感じで ノイズが盛大に出ていて1枚では見られたもんじゃないですねcoldsweats01   

2010年11月26日 (金)

11/26の木星

またまた木星撮り。今日も気流は駄目でした・・おまけに透明度まで悪い・・・大陸から黄砂や大気汚染物質が飛んできてるのかも。

まずは18時台に撮った木星から・・大赤斑付近は まだ変化なし?

Jp101126_18h45m55s_90sec

2010/11/26 18h45m55sから90秒動画を3000/5395スタック μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp101126_19h39m06s_90sec

続いて19時台 北風が吹いて 気流は悪化傾向

2010/11/26 19h39m06s-

Jp101126_20h40m20s_90sec

20時台・・右から暗斑群の登場・・解像度が悪いので 薄黒いノッペリした模様にしか写りませんでしたが・・・

2010/11/26 20h40m20s-

Jp101126_21h42m04s_90sec

最後は21時台 この後は家の屋根で木星が見えなくなります

2010/11/26 21h42m04sから90秒動画を2000/5395スタック 透明度が落ちて少し暗いのでシャッターは1/60s

Registack

レジスタックスで処理中の画面で 左の木星像は上位100フレームをスタックの簡単処理ですが 完成画像の2000-3000フレームをスタックしたのと大差ないですね・・・うーん 処理下手なんでしょうねえcoldsweats01

2010年11月25日 (木)

11/24の木星

久しぶりの上天気になったので木星を撮ってみました。気流が悪くてピント合わせも難儀な状態ですが 復活しつつある南赤道縞が見やすい位置に回ってくるので しつこく撮影しました。

Jp101124_18h09m34s_90sec

大赤斑が左端に写っていました・・カメラモニターのぼやけた木星像では まったく気がつきませんでした。

2010/11/24  18h09m34sから90秒動画を処理(スタック 3000/5395) μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp101124_18h31m51s_90sec

18h31m51s-

Jp101124_18h53m17s_90sec

18h53m17s-

Jp101124_19h23m23s_90sec

19h23m23s-

この後 気流がさらに悪化して木星はコンペイトウにようにグニャグニャでしたが 少し待機してると気流がマシになってきました・・でも いつもピント合わせに使ってるガリレオ衛星ではピントの山が分かり辛いので 望遠鏡をペガスス座の2等星に向け 筒先にバーティノフマスクを被せて恒星の回折像でピントを合わせました・・・気流が悪い時は回折像で合わせるのが迷わずに済む感じです。

Jp101124_20h08m04s_90sec

20h08m04s-

Jp101124_20h31m15s_90sec

20h31m15s-

Jp101124_20h46m37s_90sec

20h46m37s-

Jp101124_21h11m01s_90sec

21h11m01s-

高解像の木星は撮れなかったけど 晴れて撮影出来ただけで十分かもcoldsweats01      

2010年11月18日 (木)

11/17の木星

南赤道縞の暗柱が見やすい位置に来るので 鏡の温度順応をして待ち構えていたのですが・・・

Jp101117_18h42m50s_90sec

気流は最悪に近く 太い縞模様の北赤道縞以外は カメラモニターではほとんど分からず 画像処理しても詳細が出てきません・・おまけに この後 すっかり曇ってしまいました

2010/11/17  18h42m50sから90秒動画を処理 μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて  

Jp101117_20h17m15s_90sec

雲が去って再び晴れて来た時には 気流は文句なしに最悪 赤道縞が見えてるだけでした

2010/11/17 20h17m15sから90秒動画を処理

2010年11月17日 (水)

望遠鏡とカメラの接続

カメラと望遠鏡の接続 自分の場合

接眼レンズを使うコリメート撮影では

P1

左が接眼レンズのOr12mmです・・カメラの光学ズーム最大で惑星が写野からはみ出ない程度がよいそうです・・もちろん 露出不足では駄目でしょうが。中の2個のリングがアダプターです。右のカメラはソニーDCR-PC100です・・最近 出番がめっきり減りましたcoldsweats01

P2

アダプターリングの中筒に接眼レンズを取り付け

P3

外筒のネジにカメラのフィルターネジ部を取り付けます

P4

R200SSにつけると

P5

こんな感じです

P6

最近 木星の撮影に使ってるμ180とデジ一眼は 拡大にペンタックス望遠鏡用のリアコンバーター2X(たぶん3枚玉)を使っています

P7

ミューロンに取り付けた様子です。R200SSではピント出ないし 接眼部の強度も不安です

P8

ペンタックスのスリーブを固定するため FC60についてた延長筒に落下防止のネジを取り付けてます

P9      

月撮影ではWebCam C600を改造して

P10

24.5→31.7ミリスリーブで接続しています。AVI形式でPCにキャプチャー 800x600PXで30秒程度取り込んでます 

2010年11月16日 (火)

11/15の月

15日は木星撮影の合間に 近くにいた月も撮ってみました・・木星と同じ拡大率ですが AviStackでの処理はスタック数が多いと時間が掛かるので 木星のスタックの1/6程度にしました。なので 強い復元処理も出来ず 気流も夏のようには安定していないので写りが悪いですね。月は簡単に写るけど 綺麗に写すのはやっぱり難しい~

Mn1

直線の壁付近です・・2枚モザイク

Mn2

アルプス谷です・・谷底の細い谷の写りは残念ながら?でした

Mn3

ティコ付近です・・もう少し拡大率を小さくして 画素数の多いWebCamで撮った方が 写りは良かったかも 

11/15の木星

寒気が流入して気流が悪く 木星はグニャグニャ歪んでいましたが 黄砂が去って透明度の良い空に一際輝いてる木星を撮ってみました。

Jp101115_18h43m58s_90sec

南赤道縞の暗柱の右上と左下がやや暗くなってるような・・・

2010/11/15 18h43m58sから90秒動画を処理 μ180+EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp101115_18h58m39s_90sec

2010/11/15 18h58m39sから90秒動画を処理

Jp101115_19h26m20s_90sec

2010/11/15 19h26m20sから90秒動画を処理

Jp101115_19h48m20s_90sec

2010/11/15 19h48m20sから90秒動画を処理

Jp101115_20h55m14s_90sec_l

気流が徐々に良くなったので 150%拡大して復元処理してみました

2010/11/15 20h55m14sから90秒動画を処理

    

2010年11月12日 (金)

11/12の木星

淡化してる木星の南赤道縞に白斑が現れ 縞模様復活の兆しだそうです。で 白斑を観測するのに今日はちょうど最適でしたが 見頃の時間前に曇ってしまいました・・残念。でも 見頃の少し前に2セット撮影できましたので処理してみました。気流は今時にしては まずまずと思います

Jp101112_19h14m43s_90sec

2010/11/12  19h14m43s(JST)- 90sec 3000/5395 frames stacked Mewlon180mm+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso1600 1/80s 60fps Mark X

Jp101112_19h16m47s_90sec

19h16m47s- 90sec  3500/5395 frames stacked Mewlon180mm+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso1600 1/100s 60fps

曇る前で透明度最悪・・いつものiso800では暗すぎるので ノイズで不利ですがiso1600で撮りました。レジスタックスで処理して150%リサイズした後 ステライメージで画像復元しました。

白斑が現れた位置は 淡化した赤道縞の右にある暗い模様(暗柱というのかな)の直ぐ左でしょうか?・・暗柱が東西に延びて 淡化する前の状態にもどってゆくらしいです。

   

2010年11月11日 (木)

11/11の103P ハートレー彗星

池谷・村上彗星が撮れればいいのですが 視界の悪い自宅からでは無理なので またまた明け方のハートレー彗星を撮ってみました。

103p_101111_4h19m_4x5min

2010/11/11 4h19mから5分露光4枚合成 100SDUF+EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800 旧アトラクス恒星時駆動ノータッチ 自宅にて

だんだん遠ざかってるので 徐々に暗く小さくなってます。そろそろ ほうき星らしい大彗星が 北半球から見える位置に現れれぱいいのに・・

2010年11月10日 (水)

11/10の木星

またまた木星撮りです。前日は強風で今シーズン最悪の気流でしたが 今日は風も収まり 木星の見え方が良くなっていました。木星面の詳細は分かりませんが 主な模様は写ったかも

Jp101110_19h07m15s_90sec

2010/11/10  19h07m15sから90秒動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps

Jp101110_19h42m50s_90sec

2010/11/10  19h42m50sから90秒動画を処理

Jp101110_20h19m44s_90sec

2010/11/10  20h19m44sから90秒動画を処理

Jp101110_21h20m45s_90sec

2010/11/10  21h20m45sから90秒動画を処理

Jp101110_21h53m08s_90sec 

2010/11/10  21h53m08sから90秒動画を処理

最後の画像だけ150%拡大して画像復元したら 輪郭だけはシャープになりましたが木星模様の解像感は変わらずでしたthink

2010年11月 6日 (土)

11/4-5日の木星

せっかくの新月期晴れですが 自宅からの木星撮りです。気流は最悪に近いですが・・・

Jp101104_21h28m00s_90sec_2

2010/11/4  21h28m00sから90sec動画処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp101104_22h09m24s_90sec

2010/11/4  22h09m24sから90sec動画処理 

Jp101105_22h37m44s_90sec

5日は透明度がやや悪く シャッターを1/60秒にしました。他のデータは4日と同じです

2010/11/5  22h37m44sから90sec動画処理

Jp101105_23h08m52s_90sec

2010/11/5  23h08m52sから90sec動画処理    

自宅のピラカンサ

今年もピラカンサの実が赤くなってきました。寒くなってくると 野鳥の餌が野山に少なくなってくるのか この実を鳥が食べにやって来ます。

ジョウビタキやメジロなど小鳥がはじめに来て それを見ていた大きめの鳥のヒヨドリやムクドリが小鳥を追っ払って実を食べ始めます。

鳥の世界なら丸腰ですが 国や人の世界なら軍事力や経済力を背景に大きなものが幅をきかせるのでやっかいですねcoldsweats01

Pirakansa

秋空の大川原高原

徳島東部を見下ろす大川原高原へ行ってきました

Ookawara_1

Ookawara_2

Ookawara_3

Ookawara_4

風力発電機がなかった頃は静かで見晴らしも良く、アクセスも簡単なので星撮りに良い場所でしたが、今は発電機の風切り音と視界が遮られるのが残念です。   

2010年11月 4日 (木)

11/4 未明の103P ハートレー彗星

古いレンズでハートレー彗星を撮ってみました。冬の天の川も見える近場に遠征すれば良かったですが 風邪気味なので自宅から我慢の撮影です。緑の彗星と赤いバラ星雲の共演を狙ったのですが・・・

103p_takumar105f4_101104_3h53m_10x3

2010/11/4  3h53mから3分露光10枚を恒星基準で合成 ペンタックスSMCタクマー105mmF2.8(F4) EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800 五藤マークX恒星時駆動ノータッチ 自宅にて

色収差の大きいレンズと甘いピント合わせの為 明るい星がオレンジ色のにじみで汚くなって大失敗です。青い星?がオレンジ色に変身はいただけませんね。 

11/3日の木星

風が弱まり 気流は多少ましになったかと思って またまた木星を撮りました。

Jp101103_22h12m06s_90sec

2010/11/3  22h12m06sから90秒動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  マークX赤道儀 恒星時駆動  自宅にて 

Jp101103_22h53m18s_90sec

22h53m18s- 90sec

Reg_hl

気流は 木星がピント外しの大ボケ状態と ピント合った状態を行ったり来たりの繰り返しでした。前回のように 木星の縁が波打つようなボケ方と全然違うのが面白いですね。

レジスタックスも いつものグラフの傾きより大きくて面食らい 低クオリティのフレームを 普段より多めにバッサリ切り捨てました。    

2010年11月 2日 (火)

11/2 未明の103Pハートレー彗星

視界の悪い自宅からは 彗星の撮り頃には月が昇っていますが かまわずハートレー彗星を撮ってみました

103p_sp180f4_101102_04h18m_9x3min

タムロンSP180ミリでの彗星です・・トリミング無し。右の赤いのも入れたかったのですが もっと短いレンズじゃないと窮屈ですね・・おまけに構図もずれてますcoldsweats01

2010/11/1  04h18mから3分露光9枚を恒星基準で合成 タムロンSP180mmF4  EOS KissDX改 iso800 旧アトラクス恒星時駆動ノータッチ 自宅にて

103p_100sduf_101102_04h18m_9x3min

こちらは100SDUFでの彗星です・・左右をトリミング。短いですが 尾が右に出てるようです。画面右上に異常に赤い星が写っています・・やけに赤いのでカメラのホットピクセルかと思ったのですが 星図ソフトで調べたら実在の星?のようです・・でも R等級が11等台ですが B等級はなんと19等台です・・・連続スペクトルの恒星でこんなに赤いのはありうるのかな? もしかして惑星状星雲とか?・・・

2010/11/1  04h18mから3分露光9枚を彗星基準で合成 100SDUF  EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800 旧アトラクス恒星時駆動ノータッチ 自宅にて

 

11/1日の木星 μ180+EOS Kiss X4

約2週間ぶりに星が撮れる空になりました・・近場に遠征でもと考えましたが しばらく撮ってない木星も気になるので 自宅からのお手軽撮影にとどめました

Jp101101_20h36m40s_90sec

2010/11/1  20h36m40sから90秒の動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Jp101101_21h48m56s_90sec

21h48m56s- 90sec 以下同様です

Jp101101_22h17m05s_90sec

22h17m05s- 90sec

Jp101101_22h47m02s_90sec

22h47m02s- 90sec

Jp101101_23h08m51s_90sec

23h08m51s- 90sec

強い風のうえ 気流が悪くて木星はアメーバ状態ですが 今頃の平均より少し良い気流でしょう。大赤斑の周りが縁取られて まるで目玉焼きみたいです。   

西方山

阿南市長生町の西方山に行ってきました

Nishikata_yama_1

案内図の向こうの小山が西方山です。岡川を挟んで北側に日亜化学の本社があります。

Nishikata_yama_2

西方山の遊歩道も日亜化学が整備したらしいです

Nishikata_yama_3

手すり沿いにLEDの電飾がついてます

Nishikata_yama_4

展望台は標高百メートルあまりなので簡単に上がれます。岡川は小さな川ですが 大昔は那賀川本流になっていたことも・・・洪水のたびに流路が変わり 那賀川河口付近のデルタ地帯が出来たんでしょうね。

Nishikata_yama_5

岡川の下流にヒドリガモの群れがいました。グレーのクチバシと栗色の頭が特徴です。   

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »