« 11/12の木星 | トップページ | 11/15の月 »

2010年11月16日 (火)

11/15の木星

寒気が流入して気流が悪く 木星はグニャグニャ歪んでいましたが 黄砂が去って透明度の良い空に一際輝いてる木星を撮ってみました。

Jp101115_18h43m58s_90sec

南赤道縞の暗柱の右上と左下がやや暗くなってるような・・・

2010/11/15 18h43m58sから90秒動画を処理 μ180+EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp101115_18h58m39s_90sec

2010/11/15 18h58m39sから90秒動画を処理

Jp101115_19h26m20s_90sec

2010/11/15 19h26m20sから90秒動画を処理

Jp101115_19h48m20s_90sec

2010/11/15 19h48m20sから90秒動画を処理

Jp101115_20h55m14s_90sec_l

気流が徐々に良くなったので 150%拡大して復元処理してみました

2010/11/15 20h55m14sから90秒動画を処理

    

« 11/12の木星 | トップページ | 11/15の月 »

天文」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。こんばんは。
universeと申します。
天体初心者でございます。

天体望遠鏡でさまざまな画像をネットで見ているうちに、webカメラやデジタルビデオカメラなどで天体を撮影できることを知りまして、こちらのサイトへいきつきました。とてもすばらしい画像ばかりで驚いております。
そこでこのような画像をいったいどのような装備をすれば撮影ができるのかがいまいちよく理解ができておりません。
当方、ビクセンのR200SS-SXWを所有しておりまして、
デジタルビデオカメラはソニーのhdr-cx370vを持っています。このビデオカメラをR200SSに取り付けるにはどのようなものが必要なのか、そしてWEBカメラを利用するには接眼レンズあたりの機材などはどのようなものを用意すればよいのかがわからずにいます。
もしよろしければご説明していただければと思っております。
突然のコメントで大変恐縮ではあるのですが、ぜひともこちらのサイトのようなすばらしい天体画像が撮れたらと思いまして投稿させていただきました。よろしくお願いいたします。

universeさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

SXW赤道儀とR200SSのセットと、ビデオカメラのHDR-CX370Vをお持ちなのですね。ビデオカメラは裏面照射CMOSセンサーで天体撮影によさそうですね。

カメラと望遠鏡の接続についてのご質問ですが、R200SSにHDR-CX370Vを取り付けるには、接眼レンズを眼で覗く代わりに、ビデオカメラレンズで覗かせる「デジカメアダプター」で接続するのがいいかと思います。
カメラのフィルターネジを利用してアダプタリングにねじ込んで使う物ですが、ビクセン製ですと「ビクセン デジタルカメラアダプター DG-NLV DX 定価 : 10,500 円」があり、これにカメラのフィルター径に合うDGリングを購入すればいいのですが、お持ちのカメラのフィルター径は30ミリなので、 ビクセン DGリングDX37 定価 : 2,625 円 と、ケンコー ステップアップリング  デジカメリング 30-37(P=0.75) 希望小売価格\1,260を併用すれば良いと思います。

接眼レンズとカメラを使った撮影ではケラレがあるので月など大きい対象には不適で、木星や土星などの惑星撮影になります。月などはWEBカメラが良いと思います・・・星雲・星団撮影でガイド用にも使えて一石二鳥です。

カメラのオートフォーカスや自動露出は天体撮影には不向きなので、カメラの説明書を見てマニュアルフォーカスとマニュアル露出にして下さい。撮像素子が高感度なので、土星など暗い天体にも使えるかもしれませんね。

望遠鏡とカメラの接続、自分の場合をブログネタにアップしてみます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/12の木星 | トップページ | 11/15の月 »