« 自宅で星撮り 木星 103P/Hartley Abell426 | トップページ | 星図をデジカメ撮り »

2010年10月 7日 (木)

FC60で木星 100SDUFで103Pハートレー彗星

このところ気流が悪いので FC60なら口径なりの解像度が出るかと思って撮影したのですが・・・

Jp101006_22h12m49s_1min_fc60f24

わずか60ミリレンズの能力も出せませんでしたwobbly

2010/10/6  22h12m49sから1分動画を処理 FC60+Ext2x +Ext1.5x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/60s マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp_fc60_f24

木星はこんな感じで揺れていました・・口径を小さくしたら 能力がフルに出るものでも無いかも

103p_100sduf_101007_0h30m_10x3min

続いて103Pハートレー彗星を100SDUFで撮影。左右をトリミング

2010/10/7  0h30mから3分露光10枚を彗星基準で合成 100SDUF+EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800 旧アトラクス恒星時駆動ノータッチ 自宅にて   

« 自宅で星撮り 木星 103P/Hartley Abell426 | トップページ | 星図をデジカメ撮り »

天文」カテゴリの記事

コメント

6センチで撮られた動画の方はシーイングの状態を見るのによいですね。この画像を撮ってから、ミューロン180で木星を撮ったら、その時のシーイングの状態が良くわかっていいです。これだけ揺れているのにここまで写ったとか、後で判定するのに良い資料になりませんか。またこの方法で何かしらシーイングの定量化はできないでしょうか。木星の画像の上の縁の方が青っぽいのは、やはり大気差でしょうか。大気差も一定の方向に出るようならば撮影時の状態を知るのに利用できますね。私のX-4は、天気が悪くて出番がありません。

あらら、悪天でX4の出番なしですか。試運転できる晴れが来るといいですね。
6センチとμ180の比較、面白そうですね。今日は雲が多くて無理そうですが、次の晴れで試せるといいのですが。
木星画像の縁の着色は大気による色分散でしょうね。きちんと色分散を抑えるには、やはり微小角プリズムが必要そうですね。

3時ころまでハートレ-彗星を一目見ようと粘っていたのですが雲が切れず、本日は断念しました。
@みかん県の西寄りです。

こんにちは、アルビレオさん。みかん県とは、もしかして徳島の向かいの県だったりして。
ハートレー彗星の観測、雲で残念でしたね。今夕は天気回復してそうですね。ぜひぜひ頑張って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅で星撮り 木星 103P/Hartley Abell426 | トップページ | 星図をデジカメ撮り »