« 103P/Hartley彗星とNGC281パックマン星雲の接近 | トップページ | FC60で木星 100SDUFで103Pハートレー彗星 »

2010年10月 6日 (水)

自宅で星撮り 木星 103P/Hartley Abell426

10/6日 数日ぶりに晴れたので 自宅でお気楽天体写真撮り

Jp101006_0h57m11s_90sec

まずは木星です。気流ボロボロで ピント外して見た気流は 猛烈な流れの様でした。

2010/10/6  0h57m11sから90秒動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80 旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

103p_101006_1h44m_3min

続いて103Pハートレー彗星をR200SS+CC3で撮影・・トリミング無しです

2010/10/6  1h44mから3分露光1枚 R200SS+CC3  EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso1600 旧アトラクス+AGS-1 D60mm f300mmガイド鏡+QcamS7500 GAGP1でオートガイド

103p_101006_1h44m_3min_eh

強調すると彗星の淡い部分が・・自宅からなので 極淡い部分は写らないと思いますが この画像の短辺は1度余りなので 彗星は20′以上に拡がっているのかも 

103p_101006_1h54m_10x3min

iso800の3分露光を10枚 彗星位置基準で合成すると 短い尾が右下に出てるみたいですね・・トリミング無しです

2010/10/6  1h54mから3分露光を10枚合成 R200SS+CC3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800

Abell_426_101006_3h32m_7x10min

最後は彗星の近くのペルセウス座銀河団Abell426を撮影。気流が悪いので焦点距離800mmでもボケてます。おとめ座銀河団までの距離の約4倍と遠いので 個々の銀河が小さくしか写らないので 気流が悪いと星だか銀河だか分かりませんねcoldsweats01

2010/10/6  3h32mから10分露光7枚合成 R200SS+CC3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800

Abell_426_101006_3h32m_7x10min_tr

中心付近をトリミングしてみました。画面やや左の ひときわ中心が明るい銀河がNGC1275で 銀河同士が衝突した結果 星が爆発的に生まれ 電波や光を猛烈に放出してるらしいです。    

« 103P/Hartley彗星とNGC281パックマン星雲の接近 | トップページ | FC60で木星 100SDUFで103Pハートレー彗星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

木星は相変わらずすばらしいです。シーイングは夏の高気圧がある頃に比べれば悪いです。木星の右の方が青っぽくなっているのは、大気差ですか。

移動性高気圧の後ろが、春秋ではベターらしいですが、大きな移動性高気圧がやって来ませんねぇ。
木星の右縁が青いのは、仰るように大気差による色ズレの影響と思います。レジスタックスで大体は補正できるのですが、色分散を補正するプリズムのようには綺麗にならないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 103P/Hartley彗星とNGC281パックマン星雲の接近 | トップページ | FC60で木星 100SDUFで103Pハートレー彗星 »