« 9/14-15の木星 | トップページ | 9/18の木星とNGC925 »

2010年9月17日 (金)

マークX赤道儀のギア当たり調整

マークX赤道儀は気温が大きく変わると 赤道儀ウォームネジとホイルの遊びが変わるので 季節の変わり目ごとに調整しています。今年もやっと涼しくなって来たので 秋用に調整しました。

ついでに 赤緯部のグリス入替もやってみました・・以前に柔らかすぎるモリブデングリスに替えて調子が悪くなっていたのを 元の硬さのグリス(今回使ったのはリチウムグリス)に戻しただけですが・・・

Markx_1

赤緯モーターを外したところです。ギア当たりは 画像のプラスネジ(引きネジ)と両脇のイモネジ(押しネジ)で調整します。

Markx_2

グリス入替の為 ウォームブラケットを外したところです

Markx_3

赤緯軸の抜け止めを外してウォームホイルが出てきました

Markx_4

ウォームホイルも外し 油脂を拭き取りました

Markx_5

グリスを入れ替えて組み上げたところです。

調子が悪くなっていた頃は 赤緯微動ボタンを押して反転動作するまで 約30秒もかかっていましたが グリスを元の硬さの物に入れ替えた結果 反転動作まで約10秒に戻りました・・・やれやれ。軸受部の油脂選択は微妙に難しいです・・硬さが変わったら 軸受け周りの挙動が大幅に変わります。

ちなみに旧アトラクス赤緯微動は 反転動作まで2-3秒で マークXより遊びが随分小さいです・・この位したくてマークXをいじった結果 逆に調子悪くしたという自業自得なのでした(笑)

    

« 9/14-15の木星 | トップページ | 9/18の木星とNGC925 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/14-15の木星 | トップページ | 9/18の木星とNGC925 »