« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

9/28- の103Pハートレー彗星 木星 月

これから明るくなるというハートレー彗星や木星 月を自宅で撮ってみました。気流が悪くて どの画像もピンぼけですが・・・

Comet_103p_20100928_20h09m_tr

まずは ハートレー彗星を月が出る前に撮りましたが 早い時間帯なのでバックが明るく iso400の2分露光でもヒストグラムの山が真ん中付近です。

2010/9/28  20h09mから2分露光6枚を彗星基準で合成 100SDUF EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso400 旧アトラクス恒星時駆動ノータッチ 自宅にて 

Jp100928

続いてμ180で木星撮り。気流の酷さをGIFアニメにしてみました。1秒間から切り出した25枚の静止画を使っています。元の動画は60fpsなので もう少し滑らかに見えますが ユラユラは同じです。 

Jp100928_23h28m17s_80sec

2010/9/28  23h28m17sから80秒動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/60s  旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Jp100928_23h57m45s_80sec

23h57m45sから80s動画を処理

Jp100929_0h41m47s_80sec

2010/9/29  0h41m47sから80秒動画を処理

Jp100929_1h24m07s_80sec

1h24m07sから80秒動画を処理

Mn100929_fc60f16

最後は月を・・まずFC60から

2010/9/29 1h47m FC60+Ext2x(F16)  EOS Kiss X4 iso100 1/10s 

Mn100929_105sdhf_f13

続いて105SDHFですが 色収差の多い望遠鏡です。FC60に比べると 寝ぼけた感じに写ります。

2010/9/29 2h13m 105SDHF+Ext2x(F13.4) EOS Kiss X4 iso100 1/20s         

2010年9月25日 (土)

FC60で9/25未明の月

台風の影響か 風が強くて気流が悪そうなので FC60で月を撮りました。でも ライブビューの月面がユラユラで 小望遠鏡でもボケるほどの酷いシーイングでしたwobbly

Mn100925_2h35m_fc60ext2x

画像復元(PSF半径0.7)してもボケをごまかしきれませんcoldsweats01

2010/9/25  2h35m  FC60+Ext2x(F16)  EOS Kiss X4 iso100 1/40s  マークX恒星時駆動 自宅にて

2010年9月23日 (木)

FC60で中秋の名月と木星 μ180で木星

22日は中秋の名月で 木星も衝だそうで どちらも雲の切れ目から見えてたので たまにガイド用に使ってるFC60で撮ってみました。

Mn100923_0h12m_fc60ext2x

22日に撮った月は雲越しで写り悪いので 日付が変わって雲が取れてからの月です。ライブビューでピント合わせが楽で 写りもフィルムの頃より楽に高解像が得られていいですね・・自分の場合 口径6センチ望遠鏡とフィルムカメラでは無理な解像度です。

2010/9/23  0h12m FC60+Ext2x(F16) EOS Kiss X4 iso100 1/30s マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp100923_0h22m_fc60ext2x

続いてデジカメ一発撮りの木星です。北赤道縞が写りました・・大赤斑がこちらを向いてたら写ったかも。

2010/9/23  0h22m FC60+Ext2x(F16) EOS Kiss X4 iso100 1/4s   

Jp100923_0h34m12s_80sec

最後にμ180でいつものように木星を撮りましたが 気流が悪くて絶えずボケまくりなので解像度が悪いです・・ジェット気流が居座ったら もっとボケて撮影が難しくなるかも。

2010/9/23  0h34m12sから80sec動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/60s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて   

2010年9月22日 (水)

9/22の木星

22日朝の木星を撮ってみました。木星が秋の気流で高速で揺れている状態ですが 何となく詳細も写っているようで まるでソフトフォーカスレンズのようにボケてるけど芯がある写りです。

Jp100922_1h05m56s_80sec

早寝したら 起きるのが遅れて 木星の大赤斑が西に傾いていました

2010/9/22  1h05m56sから80sec動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp100922_1h37m03s_80sec

木星が西に傾いて高度が下がるにつれ 見え味がやや悪くなってきました

2010/9/22  1h37m03sから80sec動画を処理

今日の夕方から雨模様で 夏の名残の気流も終わりそうです。 

2010年9月21日 (火)

9/21の木星

蒸し暑さが戻ってきて 木星の見え味も少し良い感じの21日でした・・雲が来て すぐに撮影終了になってしまいましたが・・

Jp100921_0h38m05s_80sec

2010/9/21  0h38m05sから80sec動画を処理 μ180+Ext2x(F24)  EOS DIGITAL X4 クロップ640x480P iso800 1/60s 60fps 自宅にて

五段城 9/19

四国カルストの五段城まで 姫鶴平から歩いてきました。

Karst_1

四国カルストは東西に連なる標高1400m程の高原です

Karst_2

牛の放牧地にもなっています

Karst_3

灰色の石灰岩地帯の上は秋の空

Karst_4

風が強いので 風力発電適地?

Karst_5

車道脇から五段城に向かう道で 草が刈り払われていました

Karst_6

標高差も小さいので すぐに山頂三角点に到着。周りは木々に遮られています

Karst_7

Karst_8

Karst_9

Karst_10

Karst_11

Karst_12

道端の花々          

2010年9月18日 (土)

9/18の木星とNGC925

月は南に低くて自宅から撮れないので 木星と さんかく座の銀河NGC925を撮ってみました

Jp100918_0h46m44s_80sec

秋の気流の木星は激しく揺れていましたが 処理したら大まかな模様が出て来ました

2010/9/18  0h44m46sから80sec動画の3000フレームをスタック μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp100918_registax

レジスタックスでウェーブレット変換した画像で この後 回転や復元処理などしています

Ngc925_r200ss_115min

薄明まで10分露光12枚撮るつもりが 薄雲通過などで10分10枚と5分3枚の計115分露光になったNGC925です・・ほぼトリミング無し(ディザガイドもどきの為)。輝度が低いので 自宅からでは透明度良くないと無理そうです。真ん中に銀河がポツンと写っているだけでは寂しいですねぇcoldsweats01

2010/9/18 2h13mから10分露光10枚と5分露光3枚合成 R200SS+CC3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800  旧アトラクス+AGS-1 D60mm f300mmガイド鏡+QcamS7500 GAGP1 Ver.4.2でオートガイド 自宅にて

Ngc925_r200ss_tr

等倍トリミングです。気流が特に良いと思わなかったですが それほどボケてないようです・・GAGP1ガイドの修正が頻繁に入ってグラフがギザギザになっていましたが ガイドカメラの1ピクセル程度のエラーでは 星が流れたようには写らないのかな?     

2010年9月17日 (金)

マークX赤道儀のギア当たり調整

マークX赤道儀は気温が大きく変わると 赤道儀ウォームネジとホイルの遊びが変わるので 季節の変わり目ごとに調整しています。今年もやっと涼しくなって来たので 秋用に調整しました。

ついでに 赤緯部のグリス入替もやってみました・・以前に柔らかすぎるモリブデングリスに替えて調子が悪くなっていたのを 元の硬さのグリス(今回使ったのはリチウムグリス)に戻しただけですが・・・

Markx_1

赤緯モーターを外したところです。ギア当たりは 画像のプラスネジ(引きネジ)と両脇のイモネジ(押しネジ)で調整します。

Markx_2

グリス入替の為 ウォームブラケットを外したところです

Markx_3

赤緯軸の抜け止めを外してウォームホイルが出てきました

Markx_4

ウォームホイルも外し 油脂を拭き取りました

Markx_5

グリスを入れ替えて組み上げたところです。

調子が悪くなっていた頃は 赤緯微動ボタンを押して反転動作するまで 約30秒もかかっていましたが グリスを元の硬さの物に入れ替えた結果 反転動作まで約10秒に戻りました・・・やれやれ。軸受部の油脂選択は微妙に難しいです・・硬さが変わったら 軸受け周りの挙動が大幅に変わります。

ちなみに旧アトラクス赤緯微動は 反転動作まで2-3秒で マークXより遊びが随分小さいです・・この位したくてマークXをいじった結果 逆に調子悪くしたという自業自得なのでした(笑)

    

2010年9月15日 (水)

9/14-15の木星

夜曇りの予報が外れたので しつこく木星を撮ってみました。

Jp100914_23h53m37s_1min

薄雲が通過中で カメラモニターの木星は明るくなったり暗くなったりしていました。気流は秋の平均的? いそがしく揺れていました。

2010/9/14  23h53m37sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps 旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Jp100915_1h01m31s_80s

2010/9/15  1h1m31sから80sec動画を処理(3000フレームをスタック) 薄雲はありませんが ユラユラは相変わらずです。

天気が意外に良いので この後 銀河でも撮ろうとしてR200SSで準備完了。1枚目を撮り始めて間もなく PCのガイド星が暗くなったので外に出たら 急速に雲が出て来たのでした・・準備する前に気象衛星の画像を見ていたら 曇るのが分かったハズですが・・・くたびれもうけでした(笑)  

自宅で星撮り NGC891

9/14日未明は気流がボロボロで木星は急流底の石状態 木星撮影は即諦めてR200SSでアンドロメダ座の銀河NGC891を撮りました・・でも 悪気流と風で望遠鏡が揺れたため 解像度は駄目でしたcoldsweats01 

朝は温度計が24℃でしたが 随分涼しく感じました・・まだ平年より高いですが 今までが暑すぎでしたからねぇ。

Ngc891_r200ss_f4

銀河を横から見てるので 天の川みたいですねぇ。どら焼きの様にも見えます。トリミング無しです

2010/9/14  2h15mから10分露光6枚と5分露光14枚合成 R200SS+CC3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800 旧アトラクス+AGS-1 半自作D60mm f300mmガイド鏡+QcamS7500 GAGP1によるオートガイド 自宅にて 

Ngc891r200ss_f4_tr

画面左下に小さな銀河がいくつか写っていたので トリミングしてみました。画面の端に近いので ますますボケて詳細は分かりません

Jp100912_23h55m31s_1min

ちなみに 前日の木星ですが 縁がユラユラ波うつような気流でした。涼しくなって 一気にシーイングが悪くなり 木星撮影は厳しいです

2010/9/12  23h55m31sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24)  EOS Kiss X4 iso800 1/60s 60fps 

2010年9月11日 (土)

9/11の木星

9/10夜は透明度良なら近場にプチ遠征するつもりが 晴れたものの白っぽい空なので やむなく自宅で木星撮り。

Jp100911_0h23m23s_1min

日付が変わる頃 屋根から昇った木星が撮れました・・昇るのが早くなりましたね。気流は前日よりさらに悪化して どうもがいてもボケた木星にしかなりませんでした。動画にはコオロギの鳴き声も入って良いのですが 夏の良気流はそろそろ終わりかな?

2010/9/11  0h23m23sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps クロップ640x480P 自宅にて

Jp100911_2h53m35s_1min

一休みしていたら寝過ごして 次は3時前になってしまいましたcoldsweats01

2010/9/11  2h53m35sから1min動画を処理

Mvi_5410

ちなみに 動画の1フレームは こんな様子で 詳細などサッパリ分かりません。処理したら模様が出てくるレジスタックスは凄いソフトですねぇ。

惑星状星雲なども スチル画像を数十枚以上スタックして処理したら スゴイ画像が出て来たりして・・・ 

2010年9月10日 (金)

自宅で星撮り 9/10日

自宅から見える最微星は3~5等星で 昨夜は4等星が見えていました。星雲などは長い間 撮ってなかったので 遠征した時に備えて自宅で練習しました。星雲の前に いつもの様に木星を撮りましたが 気流がやや悪くて木星は細かく揺れていました。

Jp20100910_0h58m50s_1min

カメラモニターでは大まかな縞模様しか見えませんが レジスタックスで処理すると 悪気流と思えない模様が出て来ました。太い縞の明暗模様等 数日でかなり形が変わるのが面白いです。

2010/9/10  0h58m50sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4中央クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps  旧アトラクス恒星時駆動 

M76_r200ssmpcc_7x5min

続いて惑星状星雲のM76です。気流が悪いので 強拡大は止めてR200SSの800ミリを使いましたが それでもボケボケでした。ガイド鏡のアクロマート300ミリでも PC画面のガイド星が変形しながら揺れてたので ピントの鋭い撮影鏡なら焦点距離300ミリ以下でもボケるでしょうね。

2010/9/10  2h13mから5分露光7枚合成 R200SS+MPCC EOS DIGITAL REBEL XTi改 iso800 旧アトラクス+AGS-1  半自作D60mm f300mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1によるオートガイド 自宅にて。 等倍でトリミングしています 

M77_r200ssmpcc_2x10min5x5min

最後に明け方まで くじら座の銀河M77を撮りましたが 周辺の淡い部分は総露光がわずか45分ではノイズまみれでしたcoldsweats01 空の暗い遠征地なら もちっとマシに写るかも。

3h29mから5分露光5枚と10分露光2枚を合成。 ノイズだらけなので ごまかしの為70%縮小しています・・でも 粗だらけですね(笑) 

2010年9月 6日 (月)

9/6 未明の木星

月が細くなってきたので自宅で星雲でも撮るつもりでいたら 薄雲が流れてきて無理そうなので またもや木星を撮ってしまいました。でも ちょっと撮ったら雲が厚くなってきたので すぐに終了となりました。今回はカメラのisoを400にして撮ったので シャッター1/60sでは露光不足でした。レジスタックスには スタック後に暗い画像を明るく修正してくれるストレッチや 後で明度・コントラストをいじれますが ウェーブレットを掛けたらリング状の偽模様が出やすいです。で いろいろ試行錯誤していたら ローパスフィルター1をアクティブにしてスタックしたら 従来よりマシになった気がしました・・ほんの僅かな差ですが。

Jp100906_0h42m32s_1min

2010/9/6  0h42m32sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P iso400 1/60s 60fps  約2000フレームをスタックしています    

2010年9月 4日 (土)

9/4 未明の木星

2時前に外に出たら晴れていたので またまた木星を撮りました。衛星の影が木星面にクッキリ黒丸をつけていました・・後で調べたらイオの影でした。昔 シューメーカー・レビー彗星が木星に衝突した痕跡が 真っ黒いシミのように見えてたのを思い出しました。

撮影は2時過ぎから1時間半余り 5分間隔で写したので 処理が間に合いません・・星雲・星団もこんな調子でドンドン撮れたら良いのですが 1対象で数時間掛かる時もあるし まだまだ暑くて撮影困難な日々が続いています。

Jp100904_2h15m40s_1min

イオの影が黒丸に イオ本体がその右に微かに写っています。

2010/9/4  2h15m40sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P iso800 1/80s 60fps 

Jp100904_2h45m34s_1min

2010/9/4  2h45m34sから1min動画を処理

Jp100904_3h15m12s_1min

木星の端近くに衛星が来ると 衛星本体が見やすくなります。右端から大赤斑登場・・目玉が右を睨んでるみたいですね~

2010/9/4  3h15m12sから1min動画を処理

Jp100904_3h45m29s_1min

木星の左にイオが離れ 画面右にガニメデが近づいて来ました・・イオの動きが速いのか横に延びて写ってしまいました・・レジスタックスで3点アライメントしたんですがcoldsweats01

2010/9/4  3h45m29sから1min動画を処理   

2010年9月 2日 (木)

9/1 未明の月 μ180+デジ一眼一発撮りでモザイク合成

ミューロン望遠鏡は良像範囲が狭いので 惑星には問題なくても 月など大きな対象では周辺がボケてしまいます。

180mm_coma1

F12直焦点なので フラットでコマ収差もなければ 画面一杯に月を入れたらOKですが・・

180mm_coma2

ごらんの様に中心と端では画質に大きな差があります

Mn_mz_1

なので 中心の良像部分だけ利用するように構図を決め 多数撮ります

Mn_mz_2

次にステライメージのバッチで 中心の2000x2000ピクセルを切り出します。後はフォトショップのフォトマージが自動でモザイク合成してくれます。

一発撮りでは 余程気流が良くないとボケた画像になるので ステライメージで画像復元して完成です。以下の画像は こうして出来た1枚画像のサイズが大きいので 画像分割・結合ソフトで6つに分割したものです・・なので 寄せ集めると元の一枚画像になります・・お試しあれ。

撮影データは μ180mm(F12)+EOS Kiss X4 iso100 1/25s マークX恒星時駆動 自宅にて

Mn100901_180f12_0000

アリスタルコスは ひときわ明るいので難しい対象です

Mn100901_180f12_0001

底の平らな大型クレーター内には 小さなクレーターもあるのですが・・写りませんでした

Mn100901_180f12_0002

彗星の衝突跡といわれてる地形も写っています

Mn100901_180f12_0003

このあたりは見所が多く 望遠鏡で眺めていると時間を忘れます

Mn100901_180f12_0004

月の縁に 月の首振り運動などで 裏側もちょっぴり見えたりします

Mn100901_180f12_0005      

南部もクレーターだらけで見所一杯です。画面上の海の縁付近に 小さな2重同心円のクレーターが写っています

追記: 月の動画も撮っていたのでモザイク合成してみましたが 以前に撮ったWebカメラの月画像より低解像でした・・気流のせい?

Mnmz1

Mnmz2

Mnmz3    

2010年9月 1日 (水)

9/1 未明の木星

9月になっても全然涼しくなりません・・この夏は猛烈な暑さのせいか 古いPCや給湯器が壊れて思わぬ出費で痛い目にweep そろそろ本来の気候に戻って欲しいもんです。

9/1日も木星と月を撮ってみました。どちらも前日より気流がマシだったので 写りもそれなりに良くなった感じです・・相変わらずユラユラが取れない気流で 今年は最高の気流に出会わないまま終わってしまうんですかね~

Jp100901_2h35m20s_1min

2010/9/1  2h35m20sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P iso800 1/100s 60fps

Jp100901_2h41m43s_1min

2010/9/1  2h41m43sから1min動画を処理

Jp100901_2h59m22s_1min

2010/9/1  2h59m22sから1min動画を処理   

8/31 未明の月 LN6E+2倍テレコン+EOS Kiss X4

夏の明け方の半月前後の月は高く昇るし 気流が良い確率も高いので高解像画像を撮るチャンスです。過去画像では7月下旬が最も好結果出ていますが 今年は8月も終わりになってやっと撮れましたが・・

Img_5138

D150mm f1300mmのニュートン反射LN6Eに2倍リアコンバーター(合成 f2600mm)+EOS Kiss X4 iso100 1/16s で撮った画像からの等倍切り出しですが ユラユラが目立つせいか ややぼやけた写りです・・やはり6月か7月の方がシーイングが良いのかもしれません。

Mn100831_ln6e_f2600mm_n

月北部 中部 南部の3コマをフォトショップで1枚にモザイク合成しましたが 画像が大きいので縮小して2分割しました。 

Mn100831_ln6e_f2600mm_s

なので この画像と上の画像はピッタリ合わせる事ができます。   

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »