« 9/22の木星 | トップページ | FC60で9/25未明の月 »

2010年9月23日 (木)

FC60で中秋の名月と木星 μ180で木星

22日は中秋の名月で 木星も衝だそうで どちらも雲の切れ目から見えてたので たまにガイド用に使ってるFC60で撮ってみました。

Mn100923_0h12m_fc60ext2x

22日に撮った月は雲越しで写り悪いので 日付が変わって雲が取れてからの月です。ライブビューでピント合わせが楽で 写りもフィルムの頃より楽に高解像が得られていいですね・・自分の場合 口径6センチ望遠鏡とフィルムカメラでは無理な解像度です。

2010/9/23  0h12m FC60+Ext2x(F16) EOS Kiss X4 iso100 1/30s マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp100923_0h22m_fc60ext2x

続いてデジカメ一発撮りの木星です。北赤道縞が写りました・・大赤斑がこちらを向いてたら写ったかも。

2010/9/23  0h22m FC60+Ext2x(F16) EOS Kiss X4 iso100 1/4s   

Jp100923_0h34m12s_80sec

最後にμ180でいつものように木星を撮りましたが 気流が悪くて絶えずボケまくりなので解像度が悪いです・・ジェット気流が居座ったら もっとボケて撮影が難しくなるかも。

2010/9/23  0h34m12sから80sec動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 クロップ640x480P iso800 1/60s 60fps  マークX恒星時駆動 自宅にて   

« 9/22の木星 | トップページ | FC60で9/25未明の月 »

天文」カテゴリの記事

コメント

口径が60ミリでしかもシーイングが悪くてもここまで写るとはおどろきです。

はじめまして、うっぱしさん。コメントありがとうございます。
口径6センチの望遠鏡でも、拡大率を欲張らなければ、案外写るものですね。
夏が過ぎて気流が悪い日が多いので、小望遠鏡がコンスタントに性能を発揮しやすいかもです。

はじめまして。わたしは、ぽんこつじじいさんの撮られた木星を見てその詳細な写りに正直びっくりしました。180ミリの口径で撮ったものとは信じられません。撮影技術や画像処理はもちろんですが、ミューロン180もkiss X-4のクロップ機能というのもすごいですね。クロップ機能がない一眼レフの動画機能でとると、木星を強拡大しなくてはならず、その分露出やISOを必要とします。クロップ機能があると、強拡大が必要ないのでよいですね。また、すばらしい写真を期待しております。

こんばんは、うっぱし さん。
木星画像は、レジスタックスの恩恵で眼視では見えない模様が出てくるのだと思います。
動画が撮れる一眼はX4しか持っていないのでクロップ機能の便利さがピンと来ませんが、仰るように確かに惑星には有効なようですね・・ピントの山も分かりやすいです。
μ180とデジ一眼動画の組み合わせは、小型の軽い赤道儀に載せられるので、機材の出し入れが楽で出番が増えました。R200SSでも見え味に大差は無いのですが、撮影に適当な拡大レンズが無いのと、μ180より大柄でピント合わせも微妙なので出番が無いです。
今後は気流悪化でμ180の出番は減ると思いますが、良い見え方の日があったら撮影してみます。

わたしは、5Dマーク2の動画機能で撮影して、
http://www.youtube.com/watch?v=e7VFVZ560Uk
それをステライメージ5で加算平均して木星を撮っています。画像がフルサイズな為に、かなりの拡大をしています。isoも6400ぐらいでしょうか。加算平均した画像はここに載せることが出来ません(載せ方がわかりません)が、ポンコツじじいさんのようにきれいに撮れません。レジスタックスのほうが良いのでしょうか。フリーソフトといいますが、レジスタックスの最新版は、どこで手に入れるのでしょう。

5Dマーク2をお持ちとは、良いですね。うらやましいかぎりです。
惑星の処理はレジスタックスが優れてると思います。http://www.astronomie.be/registax/でダウンロード出来ますよ。最新版はRegiStax 5_1_9_2です。
使い方はネットで RegiStax を検索したら、いろいろ出て来ます。
大きい画像は処理に時間が掛かるので640x480とか、大きくてもその倍くらいの動画までにしたほうがいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/22の木星 | トップページ | FC60で9/25未明の月 »