« 自宅で星撮り NGC891 | トップページ | マークX赤道儀のギア当たり調整 »

2010年9月15日 (水)

9/14-15の木星

夜曇りの予報が外れたので しつこく木星を撮ってみました。

Jp100914_23h53m37s_1min

薄雲が通過中で カメラモニターの木星は明るくなったり暗くなったりしていました。気流は秋の平均的? いそがしく揺れていました。

2010/9/14  23h53m37sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 iso800 1/80s 60fps 旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Jp100915_1h01m31s_80s

2010/9/15  1h1m31sから80sec動画を処理(3000フレームをスタック) 薄雲はありませんが ユラユラは相変わらずです。

天気が意外に良いので この後 銀河でも撮ろうとしてR200SSで準備完了。1枚目を撮り始めて間もなく PCのガイド星が暗くなったので外に出たら 急速に雲が出て来たのでした・・準備する前に気象衛星の画像を見ていたら 曇るのが分かったハズですが・・・くたびれもうけでした(笑)  

« 自宅で星撮り NGC891 | トップページ | マークX赤道儀のギア当たり調整 »

天文」カテゴリの記事

コメント

18cmでもここまで撮れるんですか。X4とregistaxの組み合わせ、恐るべしですね。7Dにもクロップ機能があればよかったのですが・・・

こんばんは。
レジスタックスで惑星画像が飛躍的に高解像になりました・・ありがたい限りです。
てげてげさんのC11なら、Webカメラと組み合わせても、惑星撮りは十分いけると思いますよ。気流さえ良ければ、μ180より高解像になるのは間違いないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅で星撮り NGC891 | トップページ | マークX赤道儀のギア当たり調整 »