« 8/31 未明の木星 | トップページ | 9/1 未明の木星 »

2010年9月 1日 (水)

8/31 未明の月 LN6E+2倍テレコン+EOS Kiss X4

夏の明け方の半月前後の月は高く昇るし 気流が良い確率も高いので高解像画像を撮るチャンスです。過去画像では7月下旬が最も好結果出ていますが 今年は8月も終わりになってやっと撮れましたが・・

Img_5138

D150mm f1300mmのニュートン反射LN6Eに2倍リアコンバーター(合成 f2600mm)+EOS Kiss X4 iso100 1/16s で撮った画像からの等倍切り出しですが ユラユラが目立つせいか ややぼやけた写りです・・やはり6月か7月の方がシーイングが良いのかもしれません。

Mn100831_ln6e_f2600mm_n

月北部 中部 南部の3コマをフォトショップで1枚にモザイク合成しましたが 画像が大きいので縮小して2分割しました。 

Mn100831_ln6e_f2600mm_s

なので この画像と上の画像はピッタリ合わせる事ができます。   

« 8/31 未明の木星 | トップページ | 9/1 未明の木星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

すっ、すばらしい月面ですね。まるで宇宙船から直に見ているような気になります。モザイク合成もすばらしいです。
テクニック公開してほしいです。

こんばんは、コメントありがとうございます。
モザイク合成はフォトショップのフォトマージで自動的にやってくれるので簡単ですよ。
LN6E反射望遠鏡はFが大きいニュートン式なので、良像範囲が広くてモザイク枚数が少なくて済みます。
一方、μ180はコマ収差が大きくて良像範囲が随分狭いです。9/1日にμ180で撮った画像をモザイク合成したので、その様子を記事にしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8/31 未明の木星 | トップページ | 9/1 未明の木星 »