« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

8/31 未明の木星

月が撮れる位置に昇る間に木星を撮ってみました。晴れた空は透明度が良いのですが 気流はもひとつ・・両立する事は めったに無いみたいです。昼間に曇って夜晴れなら 日中の強い日射で地面が熱くならないので 夜は気流に恵まれるかもと思ってるんですが 8月は毎日カンカン照りで暑かった~sad

Jp100831_0h35m57s_1min

2010/8/31  0h35m57sから1min動画を処理 μ180+Ext2x(F24) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P iso800 1/100s 60fps

Jp100831_1h37m15s_1min

2010/8/31  1h37m15sから1min動画を処理

Jp100831_2h30m26s_1min

2010/8/31  2h30m26sから1min動画を処理   μ180+Ext2x +Ext1.5x(F32)  iso800 1/60s 60fps   

2010年8月28日 (土)

8/27 未明の月と木星

雲が南からどんどん流れて気流も悪いですが 晴れ間は透明度が良くて夏と秋が同居したかの様な天気のなか クッキリ明るい月と木星を撮ってみました。

Mn100827_2h49m

まずは 満月過ぎの月をミューロン180とデジ一眼の動画で撮ってみました。中央クロップでは無く フルHD動画から切り出した100フレーム程をAviStackで処理したのですが 処理に数時間もかかってしまいました・・PCがフリーズしたのかと思うほどでした。時間めちゃくちゃ掛かった割に低解像でガッカリ。気流悪いのに拡大率大きすぎたかも。

2010/8/27  2h49mから5秒の動画を処理 μ180mm +Ext2x +Ext2x(F48) EOS Kiss X4 1920x1080P iso800 30fps 1/50s

Jp100827_3h10m0s_1min

木星もユラユラ気流の影響大で冴えない画像になってしまいました。

2010/8/27  3h10m0sから1min動画を処理 μ180+Ext2x+Ext1.5x(F36) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P iso800 60fps 1/60s   

2010年8月27日 (金)

8/26 未明の木星

秋のような透明度抜群の空で 月が無ければ星雲撮りに絶好の条件ですが さすがに満月では厳しいので しつこく木星を撮ってみました。

Jp100826_2h20m45s_1min

透明度が良い証拠に 今までのシャッター1/80sがこの日は1/100sが適正でした。でも気流も秋のようで 木星のユラユラが大きかったです。地上は暑くても 上空は秋の空気に入れ替わったのかも。徳島市の今朝の最低気温が25℃をわずかに下回って 熱帯夜が連続18日で途切れたとニュースでいってたような・・・この動画にも秋の虫の音がはっきり録音されていて 季節が進んでるんだと実感しました。

2010/8/26  2h20m45sから1min動画を処理 EOS Kiss X4  iso800 1/100s 60fps  

2010年8月24日 (火)

8/22と8/24のISS

国際宇宙ステーションISSを撮ってみました。22日は名古屋上空 24日は大阪上空をそれぞれ南下するコースです。22日は徳島から遠いので望遠レンズ手持ち 24日は近いのでマークXをフリーストップ経緯台にしてR200SSに専用エクステンダーのF7.5での撮影です。

Issef300ex20100822

焦点距離450mmでは3倍に拡大しても ISSの形がよくわかりませんでした。

真上通過なら どうにか分かるのかなぁ・・3倍拡大なら 距離が同じでは下の画像と似た大きさになるかと・・・

Iss_20100824

等倍切り出しのR200SS画像ですが 解像度悪いです。北極星でピント合わせした時 やたら星像が大きかったので 気流が悪くてボケたのかも。うーん またしても消化不良のISS撮りでしたcoldsweats01

追記: 24日は夕方にもISSが見えたので 朝と同じ機材で撮ってみました。ただし 福岡上空を北上するコースなので 徳島からISSは大阪上空コースより遠くて小さくしか写りませんでした。夕方は日中の暑さが残っているので気流も悪いですね。

Iss_20100824_2

R200ss_for_iss

極軸を天頂に向けて経緯台モードにしたマークXにR200SSを載せた様子です。   

2010年8月21日 (土)

8/21日の木星 GIFアニメと3D

21日未明の木星は前日よりずっと気流が良く カメラモニターでも木星の主な模様が見えていました。

Jp_100821_2h6m35s_1min

左の衛星はイオです。木星面左上にもシミのように衛星が写っています・・木星最大の衛星ガニメデです・・太陽系最大の衛星でもあるようですね。

2010/8/21  2h6m35sから1min動画を処理 μ180+ペンタックスリアコンバーターRC2(合成F24) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P  iso800  60fps  1/60s  マークX恒星時駆動 自宅にて

Jp_100821_2h53m53s_1min

ガニメデが木星の縁にコブのように写りました

2010/8/21  2h53m53sから1min動画を処理

Jp_100821_3h36m46s_1min

ガニメデは木星面からすっかり離れて見えます

2010/8/21  3h36m46sから1min動画を処理

Jp_ani_20100821

2h6mから3h53mにかけて撮った9画像でGIFアニメにしてみました。ガニメデの見え方が面白いです。北を上にしたので 裸眼を超ズーム出来ればこんな様子に見えるのかも

Jp_3d

自転と衛星の公転を利用して3Dアートにしてみました。交差法(より目です)で立体的に見えるハズです。ガニメデが木星面の手前に見えるでしょうか?

追記: 発光現象前後の動画を処理してみましたが 痕跡は分かりませんでした・・残念

Jp20100821

2010年8月20日 (金)

8/20 未明の木星

透明度が悪くて北極星も見づらい空ですが いつもように木星を撮ってみました。星の瞬きが目立たないので気流がいいかと思ったのですが・・・

Jp100820

撮った動画のなかで比較的写りのいい1フレームですが 太い縞が分かる程度です。カメラモニターの動画では もう少し細かい部分が分かりますが 衛星が激しくボケてチカチカ瞬いてるようです。まるでエアコンの熱風越しに見たような ここ数日で最低の見え方でした

Jp100820_4h38m12s90sec_2

2010/8/20  4h38m12sから90sec動画を処理 μ180+ペンタックスリアコンバーターRC2(合成 F24) EOS Kiss X4 クロップ動画640x480P iso800  1/60s  60fps

5400フレームから2000フレーム厳選しましたが・・写りは最低ですねぇcoldsweats01  それにしても 明け方なのにブロック塀が焼けているのか暑いのなんの・・・汗だらだらの撮影でした~(笑)

2010年8月18日 (水)

8/18日 未明の木星 μ180+EOS Kiss X4

連日の木星撮りです。前日撮影の露光1/60sがややオーバー気味だったので 今日は1/80s露光です。気流は最初ユラユラで 時間とともに良くなっていきました。でも 画像処理後の木星は 気流の違いが結果に反映する程でもなかったです・・処理が下手なだけかもしれません。

Jp100818_3h0m45s_1min

Jp100818_3h44m21s_1min

Jp100818_4h25m43s_1min

機材は前日と同じで 露光開始が上から 3h0m45s 3h44m21s 4h25m43sで それぞれ1minの動画を2000フレーム程スタックしました。シャッター1/80sと少し速くした以外 撮影方法は前日と同じです。 

木星の衛星が写っていますが この画像では木星に近い方がエウロパで もう一つはイオのようです。レジスタックスで木星だけアライメントしたので 衛星はズレてしまったようです

追記 8/20  90秒の動画から3点アライメントした画像を追加しました。でも やり方が下手なのか 結果はあまり変わらずでした

Jp100818_4h25m43s_90sec

2010年8月17日 (火)

8/17日 未明の木星 μ180+EOS Kiss X4

晴れ続きで めちゃくちゃ暑く 星雲等を撮る気力も無いので 前日に続いて木星を撮ってみました。前回は合成F36と拡大率を欲張り iso1600のノイズに苦労したので 今回は合成F24でiso800で撮ってみました。気流は細かく高速で振動する感じでしたが 前日のように木星が大きく変形はしていません。

Jp100817_2h14m50s1min

2010/8/17  2h14m50sから1min動画を処理 μ180+ペンタックスリアコンバーターRC2(合成F24) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P  iso800  60fps  1/60s  マークX恒星時駆動 自宅にて

iso800で どうにかノイズ我慢できるレベルになりました・・惑星用カメラには遠く及ばないでしょうが そこそこの画が出て来ました。

追記 8/19  音声入りの大きいファイルをレジスタックス5で読めるようになったので 試しに2.74GB(80秒 音声入り)のAVIファイルを処理してみました・・何故 読めるようになったのかは謎です。上画像から20分後の木星ですが 木星の自転は速いですね

Jp100817_2h36m_1min_2

2010年8月16日 (月)

8/16日 未明の木星 μ180+EOS Kiss X4

自宅からでは東天が見えないので随分出遅れてしまいましたが、やっと木星が撮れました・・今更ですが今シーズン初撮りですcoldsweats01

Jp100816_04h23m04s_1min

2010/8/16  4h23m4sから1minの動画を処理 μ180+ペンタックスリアコンバーターRC2+ケンコーテレプラス1.5x (合成F36) EOS Kiss X4 中央クロップ640x480P  iso1600  60fps  1/60s  マークX恒星時駆動 自宅にて

透明度は良かったですが 木星がグニャグニャ変形するような気流でした。デジカメ動画の惑星像はノイジーで 3000フレーム合成しても ざらついた感じです。本家ビデオカメラかWebCamのほうが ひょっとしたらマシかも

追記 8/18日 等倍画像追加・・ボケボケです(笑)

Jp100816_4h26m04s_1min

追記 12/29日 木星シーズン終盤のやりかたで再処理・・90秒動画からクォリティー約80パーセント以上の3000フレームをスタック。元画像は色乗りが悪いので色彩強調

Jp20100816_4h24m04s_90s 

2010年8月15日 (日)

阿波踊りヨットレース2010 ちょこっと見物

徳島市の阿波踊り期間中の恒例のイベント 阿波踊りヨットレースをちょっとだけ見物してきました

Awaodori_race_1

マリンターミナルにやってきた観覧船の日本丸です。普段は鳴門海峡の渦潮をみる観潮船だそうです

Nippon_maru

ちなみに 帆船日本丸といえばコレです・・本家大型帆船です。2005年 神戸にて

Awaodori_race_2

末広大橋下でヨットレース参加艇のパレードを見学

Awaodori_race_3

ワンコもクルー? 船酔いは大丈夫かな?

Awaodori_race_4

徳島市から鳴門市沖を往復します。スタート地点に移動して スタート間近の位置取り争いのようです。風が弱くて各艇とも難儀しそうで 一発でスタートが決まらず ゼネラルリコール(再スタート)になってしまいました。セールは地味な色が多かったです 

20000814_nakabayashi

こちらは十年前の阿波踊りヨットレースで 派手な色も混じって綺麗でした。この年は徳島市から阿南市折り返しコースで この画像は阿南市中林海岸からフィルムカメラで撮った写真からです      

2010年8月14日 (土)

8/13日 未明のペルセウス座流星群 

自宅から三脚固定流し撮りでペルセウス座流星群を撮ってみました。肉眼で4等星が見えて 自宅ではまずまずの透明度です。

1時過ぎから4時前まで EOS Kiss X4 iso3200 30s露光 レンズはタムロン17-50F2.8を17mmF4にして三脚固定連写の放置撮影しましたが 3時過ぎからドン曇りになったので 実質2時間の撮影です。

で 写っていたペルセ群は3個だけという寂しい収穫でした・・う~ん 夏の非冷却デジカメ広角画像はノイズだらけなので その中から流星を見つけるのは難儀しますねcoldsweats01

20100813_01h14m

画面右下が北です。1h14mにペガスス座の脚付近に流星が微かに写りました。下辺中央から右上に向かって 夏から秋の天の川が微かに写りました・・肉眼では気付かなかったんですが・・・

20100813_01h20m

1h20m 天の川に沿って カシオペヤ座の端を これまた微かに流星が写りました

20100813_02h36m

2h36m さんかく座のM33をかすめるように流星が写りました・・肉眼で見てたら 明るくて見応えある流星だったかも。

ペルセウス座流星群て3大流星群なのに 写りはこんなん? ちょっと拍子抜けでした~   

2010年8月12日 (木)

WebCam C600 改造失敗

WebCam C600にヒートシンク取付改造しましたが ノイズは気休め程度にしか減少せず失敗でした。超安上がり改造では 効果も微々たるもので・・ガッカリ

C600_rm1

改造前のキャプチャー画面です(シャッター1/5s フルゲイン)・・ノイズを強調してるし 室温33℃なので 実使用時はこれよりノイズ少ないと思いますが・・・

C600_rm2

取り付けたのは小さなヒートシンクで 熱伝導両面テープで貼り付けました

C600_rm3

WebCam C600を分解したところです

C600_rm4

ヒートシンクが大きすぎたので 金ノコでギコギコ切ってどうにか取付

C600_rm5

マウント部品を外したまま組み立てて 熱を逃がす穴とします。接眼部側に隙間があるので 使用時はこの穴から入った空気が暖められて接眼部側に伝わるものと思われます。

C600_rm6

で 改造後の効果は ほんのちょっとノイズが減っただけでした~ 残念。ペルチェ素子で強制的に冷却すると効果大かもしれませんが WebCamがもう1つ買える費用が痛いです。    

2010年8月11日 (水)

100SDUFレンズの曇り etc

100SDUFは高温多湿の季節になるとレンズが曇ります。

100sduf_1

今年も白内障みたいになっていました。曇ってるレンズは前から2枚目のレンズなので 分解清掃しました。

100sduf_2

ホコリが混入しましたが 曇りは除去できたようです。毎年恒例の行事です・・ヤレヤレcoldsweats01

C_1

デジカメのリモートコードは カメラ側が2m PC側が3mのステレオ延長コードを使っています。で 撮影対象を変えた時などにピントチェックをしていますが PCは屋内または車内なのでちょっと不便でした。 

C_2   

百均ショップで買ったステレオ二股コードのジャック部分に小型プッシュスイッチを付けた物を作り 中継してるプラグに挿せば カメラのモニターを見ながらシャッター切れるようになりました。

2010年8月 7日 (土)

コマコレクター3 vs MPCC

どちらを使うか決めかねてるR200SSのコマ補正レンズ CC3とMPCCを撮り比べてみました。R200SSの光軸が少しずれてるのと気流が最高でも無いのですが・・

まずは純正のCC3から

R200sscc330p

アルタイル付近をX4でiso800 30s露光で撮ってみました・・トリミング無しです。赤道儀は旧アトラクスで恒星時駆動ノータッチです。

R200sscc3100p

こちらは等倍トリミング 中央と四隅です

R200ssmpcc30p

続いてMPCCでの画像。撮影条件はCC3と同じです。

R200ssmpcc100p

MPCCでの等倍トリミング画像です。CC3より僅かに星が小さいかなとは思いますが 優劣がはっきり分かる程でもないような・・

M71_r200ssmpcc_iso800_8x5min10min_t

つにでに iso800で 露光5分を8枚 10分1枚の計50分露光でM71を撮ってみました・・こちらは もちろんオートガイドしています。フォトショップで現像してステライメージでコンポジットして2X2ソフトビニング・・ダークとフラットは無しですが 少しずつ構図を変えているので ダークノイズは平均化されて少し目立たなくなってると思います。

それにしてもM71て 散開星団みたいに地味な球状星団ですね・・・窮状かも    

  

2010年8月 4日 (水)

失敗 μ180+2倍リアコンバーターでISS撮り 8/4

4日と6日はISSが条件良く見られそうなので試写してみました・・ISSが現れるまで数分あったし 月が撮ってといわんばかりに輝いてたので ミューロン180にリアコンバーターつけて4000ミリオーバーの焦点距離でついフラフラと月を撮ってしまいました。今回はデジカメ一発撮りです。

Mn100804n_m180exeos_x4

北部 トリミングしてます。カメラのiso400 露光1/8s です。うーん・・デジカメ一発撮りする程の気流でもなかったみたいですねぇ

Mn100804c_m180exeos_x4

中部

Mn100804s_m180exeos_x4

南部

Mn100804_m1802ex_eos_x4_mz

モザイク合成です。解像度は動画からの処理に及ばないようですね。

続いてメーンイベントのISS撮りですが 月を撮った赤道儀状態のマークXで無理矢理μ180を振り回すのはなかなか大変でした・・おまけに月で合わせていたピントノブに触れてしまいピント外したかも・・・焦点距離4メートル強の視野にISSを入れるのは大変で シャッター押しまくりでも 写野に入ったのは8コマだけ・・ぶれまくりのせいかISSの形が変ですねぇ・・大失敗でした

Iss_m1802exeos_x4_2

   

次郎笈 8月1日

奥槍戸登山口から次郎笈まで往復してきました。このあたりも 白髪山付近のように笹の緑が少なくなっていました。

Jirou_1

赤い屋根の売店が夕方まで営業していました。その右の新しい小屋はドアが2つあって 右は売店の電気を供給する発電機室で 左は避難室と書いてありました。でも 避難室のドアはカギがかかって開けられず ちょっとビックリ。車で来る人は車中泊できるので問題ありませんが バイクツーリングでトラブルになったりすると 避難室が使えないのは痛いかも。

Jirou_2

笹の緑が少なくなっていました

Jirou_3

皮をグルリはがされた木

Jirou_4

コケが一杯の大きな木。樹勢が衰えてるようで・・

Jirou_5

このコースで一番好きな景色

Jirou_6

山頂の4等三角点

Jirou_7

剣山

Jirou_8

三嶺方面へと続く縦走路

Jirou_9

Jirou_10

Jirou_11

Jirou_12

Jirou_13

道ばたの花々          

追記 8/4 : 山歩きの晩と翌日未明に撮った星画像を追加・・山に来るたび曇りとかで星が撮れなかったので今回天文機材は持ってなく 普段撮りの非改造カメラとキットレンズを小型カメラ三脚に載せての固定撮影なので写りは×ですが 肉眼で見た雰囲気だけは写ったかな?

天文機材を持ってくると なぜかいつも曇るのは 日頃の行いが余程悪いのかも~

Mw_s_8x20sec_18mm_f35_iso3200

20秒露光固定の8枚合成した夏の天の川です。レンズは18-55ISキットレンズを18mmF3.5開放 EOS Kiss X4 iso3200

Mw_n_8x20sec_18mm_f35_iso3200

同じく夏の三角形付近です

Ori_20sec_18mm_f35_iso3200

翌日未明 昇る冬の星座達です。20秒露光1枚撮り・・前夜もですが 薄雲で透明度やや悪い空でした。湿度も高く レンズがすぐに曇って難儀。気温は半袖では涼しすぎる程でしたが 山を下りると猛暑でクラクラしましたcoldsweats01    

8/1の月 μ180+WebCam C600

8月1日未明の月を撮ってみました。処理は前回と同じですが 今回はフォトショップでモザイク合成それぞれ3~4枚しました。webカメラの画像は 夏の高温の為かノイズが多くて画像暗部を持ち上げられません 。熱くなるチップにヒートシンクを付けるなど 熱を逃がす工夫が必要かも。

Mn20100801n_m180c600

Mn20100801c_m180c600

Mn20100801s_m180c600

2010/8/1 μ180+WebCam C600 マークX恒星時駆動 1秒あたり10フレームの動画各30秒をAviStack2等で処理 自宅にて

気流は前回より悪く ユラユラが大きくて細部が出て来ません。昼間は晴れて暑くても 夜は雲が湧いて撮影機会が少ない変な夏ですねぇ。

1つの動画を処理する時間は 自分のやや遅いPCでは10分以上かかっています。月の全面をモザイクでカバーするには 時間が随分かかりそうでやる気が起きませんcoldsweats01 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »