« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月15日 (土)

阿南星空クラブの例会(総会)に参加

今年から阿南市科学センターを拠点に発足した星空クラブに参加してきました。会則や事業計画の説明などの後 113センチ望遠鏡での観望会で火星 土星 M13 木星状星雲 2重星などを見せてもらいました。さすが1メートルクラス望遠鏡の集光力の威力で コンパクトデジカメを接眼部に当てて写しても カメラのモニターにでっかく土星が表示されます。個人用の小中望遠鏡では逆立ちしても出来ない芸当ですねぇhappy01 大望遠鏡観望の折にはコンパクトデジカメ持参するといいかも。なお 星空クラブの年会費は2千円で この中に年6回の例会及び観望会参加が含まれるので 遠くから来てもいいよという方は県外からでも入会出来るそうです。問い合わせは阿南市科学センターまで電話などでどうぞ。次回の例会&観望会は7月16日(金曜)です。

113センチの望遠鏡とは関係ないですが ミューロン180とウェブカメラで撮って放っておいた動画がPCに残っていたので処理しました。この程度の画像なら 113センチ望遠鏡にデジカメでのぞかせても撮れるかも・・携帯電話のカメラは難しいそうです。

St100507_m180webcam

Mn_20100326_m180webcam 

2010年5月14日 (金)

ヘルクレス座銀河団 撮影失敗

14日未明は珍しく透明度良かったので 自宅から Abell 2151ヘルクレス座銀河団を撮りました。で メモリーカードの画像をPCで見ると MPCCの取り付けが傾いて固定されてたようで 画面隅の星が酷く崩れていて中心もピント悪くて大ショック!! スリーブ接続は要注意ですね。まあ 銀河が淡くて写りがさっぱりだったので 取り付けのトラブル無くても難しい対象かも。

Abell_2151_r200ss_125min

トリミング無し画像です。小さくて分かりにくいですが 画面上端付近の星が円周方向に崩れてます。中心右の輝星の十字が2重にぼやけてます。

Abell_2151_r200ss_125min_tr

等倍ではピンぼけが良く分かりますねぇ~。2010/5/14   0h57mから10分露光2枚と15分露光を7枚 計125分 R200SS+MPCC+EOS REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1 D60mm f300mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 自宅にて

2010年5月 8日 (土)

R200SSでM13 5/8

雨上がりで透明度良い空になったので 自宅からヘルクレス座の球状星団M13を撮ってみました。前回撮った時より月明かりも小さく 春霞も無い好条件でしたが 写りは前回と余り変わらず少しガッカリでした。

M13_g

カメラ感度ISO-400で10分露光と5分露光をそれぞれ10枚 合計150分露光です。1セット露光後 PCの方向キーでガイド星を動かしてディザガイドもどきやってるので 画像の重なりが少ない領域が出来ます。ガイド星は赤経方向に4つ 赤緯に3つ並ぶような要領でジグザクに動かしています。PCモニタのガイド星 最初の位置にテープを貼って動かす目安にしています。

M13_r200ssmpcc_150min_s

重なりが少ない黒い部分はカットします

M13_r200ssmpcc_150min_tr

等倍ではこんな感じになりました。まだまだ達人が撮った画像には程遠いですねcoldsweats01

2010/5/8  1h11mから10分露光と5分露光のセットを10セット 合計150分露光 R200SS+MPCC EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1  60mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド  自宅にて

追記: 使い回のフラットフレームが合ってなかったので 少しはマシなフラットで再処理し デジタル現像も強くかけて星団中心部の飽和を押さえた画像を追加しました

M13_r200ss_150min_tr

 

2010年5月 6日 (木)

高知県馬路村 森林鉄道探訪  5月3日

GWは高知市内など平野部の観光地は人が多そうなので 山間部の馬路村魚梁瀬方面に行ってきました。

Yanase_1

国道55号線を南下して東洋町野根から北川村経由で魚梁瀬ダムにやって来ました。向こうの集落はダムで水没した旧魚梁瀬集落の代替地として造られた丸山台地にあります。

Yanase_2

ダムを見下ろす展望台の案内板です。高知県は かっては林業で栄えた地域で なかでも魚梁瀬杉は美林で 藩政時代からこのあたりの木を切り出し 奈半利川や安田川から下流に運んでいたようです。

Yanase_3

明治にはトロッコ軌道が敷かれ 水運から鉄道輸送に変わりましたが

Yanase_4

昭和30年代にトラック輸送とダムによって 森林鉄道は終わったのでした

Yanase_5

丸山台地に森林鉄道を復元した公園があります。復元されたディーゼル機関車がトロッコと木製客車を牽いて約4百メートルの軌道を2周してくれます。画像右の支線は車庫へつながってます

Yanase_6

車庫内部です。奥は最後期まで走っていた機関車かな?

Yanase_7

運行時間が書いてありますが この時間でなくても客がいれば乗せてくれるかも

Yanase_8

天気がまずまずだったので パイプ椅子が4つおいてあるトロッコに乗りました

Yanase_9

遮断機は飾りかと思ったら 列車通過に合わせてちゃんと動作していました。ママチャリでゆっくり走るくらいの速さでゴトゴト動きます。新幹線などとは対照的ですが なんか楽しいですね・・お勧めですよ!

Yanase_10

敷地の支線にも機関車がありました。高知市の鉄工所などで昔の機関車は作られていたようです。高知県は 全国的にも森林鉄道の先進地だったようですね。 

Yanase_11

列車に乗ると こんな乗車券がもらえます。木の香りがしていい感じです。

Yanase_12

魚梁瀬を後にして 森林鉄道が走っていた安田川ぞいの県道を下っていると こいのぼりが泳いでいました。大漁旗のような物は「ふらふ」で 高知東部を主として揚げられてるようです。 

Yanase_13

さらに下っていると 道路脇に小さなトンネルを見つけました。中は封鎖されてるのかと思ったら 向こう側まで通り抜けられました。

Yanase_14

で 出口脇には銘板がありまして トンネルは森林鉄道遺産でした・・やっぱりね。その他 森林鉄道施設が現在の生活道の一部として利用されていたりして 知らずに通過した橋などもあったようですcoldsweats01            

2010年5月 2日 (日)

R200SSで月夜の球状星団 5/1-

珍しく晴天が続いてますが 月明かりで空が白いです。でも自宅からは南に低い月は撮れないので 高く昇った球状星団を撮ってみました。ガイド星がフラフラして気流が不安定な感じがしますが 数日前までのメチャクチャな状態よりは安定してきたようです。

M3_tr

りょうけん座のM3です。元画像の70%サイズでトリミングしています・・等倍では星がぼやけてますcoldsweats01

2010/5/1 22h10mから5分露光12枚合成 R200SS+MPCC EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1  D60mm f300mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 

M13_tr

続いてヘルクレス座のM13です。2010/5/1 23h39mから5分露光12枚合成 他データはM3と同じです

R200ssmpcc

等倍の1枚画像ではこんな感じです。最高の気流なら もう少し星が小さく写るかもしれませんが 日本の空は悪条件のデパートみたいな物ですから 星を針で突いたようにシャープに写すのは難しそうです。

M92_tr 

最後はM92です。10枚撮った時点で薄雲来襲 ガイド星がPCのモニターから消えそうなので終了しました。 2010/5/2  02h06mから5分露光10枚合成 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »