« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

レンズテストいろいろ  4/29

天気いいですが月が明るく本格撮影おあずけなので お手軽にカメラレンズの写り具合をテストしてみました。安物レンズばかりしか持ってないのですが・・

テスト方法は マークX赤道儀にEOS Kiss DX改を乗せて レンズを北斗七星のミザールに向けてシャッターを数十秒程度露光。RAW画像をステライメージで現像(フラットやダーク補正なし)して 等倍で画像中心と4隅を切り出しました。

Tamron_sp17mm

ズームレンズですが 絞り開放でもモザイク前提なら使えそうです。F4に絞ったら 一枚画像でも合格かも。

Smc_takumar_24mm

古いスクリューマウントレンズです。隅の星が倍率色収差で激しく延びてます。画像処理で収差補正しないと駄目そうですね

Pentax_fa35mm

隠れ☆レンズですが 隅は少し星像が崩れてます。でも中心の解像度はなかなかのものかも

Ef50mm

いちばん安物レンズで マウントもプラスチックという造りですが 画質は今回テストした中で一番でした・・まあ 他に超高性能レンズを持っていないからですがcoldsweats01

Pentaxm_50mm

EF50mmよりぼやけてます

Takumar_55mm

発売当時は安くて高性能だったのですが 今ではレンズも黄色く変色してます。ピントリングをストップ位置まで突き当てるだけでピント出るのが唯一の取り柄かも

Takumatr_105mm

絞り開放ではフレアが激しくて天体には使えませんが 1段絞ると全く別レンズのようにスッキリした画質になりました・・他のレンズなら2段絞ったくらいの変わりようです。数十年前のレンズですが ほとんど使わなかったので新品同様です。カリカリにシャープでないのが改造デジカメに幸いなのか 偽色が少なそうです。意外に良さそうなので これから使い倒そうかな

Tamron_sp180mm

EDレンズですが昔の設計なので収差多め。でも明るい彗星などには速写性で重宝してます

Ef_55200mm

初代キスデジの頃のキットレンズ・・意外に健闘ですが 天体用には苦しいかも

Tamron_sp350mm 

ミラー望遠なので絞りなし。ピント合わせも難しいですが 色収差が小さいのが取り柄。星像がやや甘いのは気流が悪かったと思いたい・・後でFC60で星を見たら 中央ディスク周りのリングが全然見えなかったので・・・       

2010年4月26日 (月)

あちこち お出かけ

土日は晴天だったので月を撮れたらと期待してたんですが 気流が悪くてボケボケ画像になりそうなのでやむなく中止。行楽日和に近場へと お出かけしただけでしたcoldsweats01

P1

P2

土曜の夕方 徳島LEDアートフェス2010へ

P3

P4

日曜 ツツジが咲き始めた椎宮神社

P5

佐那河内村の大川原高原 ネイチャーセンター付近の桜

P6

高原から眉山の向こうに淡路島がうっすら

P7

冬から春にかけて湿った雪が多かったのか 高原北西斜面の木が あちこちで枝が折れていました。折れた桜の枝に花が咲いてたのが 痛々しくもたくましいというか・・

P8

阿南市加茂ではイベント準備進行中

P9

すぐ近くの お松大権現

P10

まねき猫と合格祈願の絵馬がいっぱい

P11

月曜 M氏から環水平アークが出てるということで 自宅付近から撮ってみました

P12            

その内側には日暈。高空の氷晶で虹のような色が見える現象?。この季節 地表と上空の温度差が大きいのか 月などの見え方が悪いような気がします。

追記: 幻日環が見えた地域もあったようですね。で 過去画像から幻日環画像を引っ張り出してきました。2005/5/19  13:30  自宅からです・・画面左の白く飽和してる部分が太陽で 幻日環の円周上にあります。画面右の緑色の円弧は太陽のゴーストです

P13    

2010年4月23日 (金)

機材いじり いろいろ

天気悪すぎで写真も撮れないので機材いじりで暇つぶし

E1

FC60鏡筒をペンタックス75EDHF用の鏡筒バンドに取り付ける為のスペーサです。3ミリ厚のゴムシートにクリアファイルを両面テープで貼り付けました。

E2

鏡筒バンドに取り付けた様子です。以前は厚紙で作ってたんですが 夜露でボロになるので作り直しです。FC60の純正鏡筒バンドはガイド鏡に使ってるので ペンタックスのバンドが使えると便利

E3

タカハシの43ミリリングにペンタックス望遠鏡独自の38ミリスリーブアクセサリがピッタリ入るので 以前はビニールテープ等で仮止めしていました。でもカメラなどの重さでピントがずれたりしたので リングに4ミリネジを切って固定ツマミを取り付けました。

E4

FC60やμ180に ペンタックスのリアコンバータ等のアクセサリが ガッチリ固定できるようになったかな?

E5

ビクセンGA4が壊れたので分解して アイピースアダプタを31.7ミリスリーブに バローレンズをWEBカメラにくっつけて再利用しました

E6

WEBカメラのバローレンズは勿論 ネジで取り外せます

E7

昔 鳥に使ってたフィールドスコープが壊れたので アイピースを31.7ミリスリーブにくっつけて 天体望遠鏡用にリサイクル。焦点距離21ミリほど 視野は約60度です

E8

百均ショップで買った蓄光テープを細く切り ビニールキャップをくり抜いた中に貼り付けました

E9

ライトで蓄光テープを照らした後 ファインダー等に被せれば 明視野照明の出来上がり

E10

極軸望遠鏡には ビニールテープなどで仮止め

E11

これも百均ショップにあった 吸い取り紙のような表面が凸凹の紙を使って長いフードを作りました。前回 機材が夜露でびしょ濡れの時も 撮影鏡とガイド鏡は曇り無しでした。無対策のファインダーレンズは すぐに曇ってティッシュ拭き拭きが必要でした。          

2010年4月19日 (月)

R200SSでC/2009 K5 McNaught彗星その他 4/17-18 

やっと晴れたので近場の福井町にプチ遠征 彗星でも撮ろうとして準備OKになった頃 薄雲通過で待ちぼうけ。再び晴れた時には81P彗星は木々に隠れてしまいました。で 明け方のマックノート彗星が撮れる位置に昇るまで暇つぶしで銀河など撮影しました。放射冷却で気温は5度前後。非冷却デジカメにはありがたいですが 夜露で機材がびしょ濡れになってしまいました。

M86_r200ss_6x15min_s

おとめ座銀河団の主要メンバーM86付近です・・トリミング無し 2010/4/17 23h56mから15分露光6枚合成 R200SS+MPCC  EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+AGS-1  半自作60mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 阿南市福井町にて

M86_r200ss_6x15min_tr

こちらはトリミング画像です。撮影枚数不足なので淡い部分が出ませんでしたcoldsweats01 背景は暗いので30分程度の露光できそうですが 長時間ガイドや非冷却カメラのノイズなどハードル高そうです。

M27_r200ss_1x15min

これも暇つぶしで撮ったM27亜鈴星雲です・・1枚撮った時点で彗星が木の梢から現れたので M27は15分露光1枚で終了です・・ピンぼけでした。 2010/4/18  2h42mから15分露光

C2009k5_20100418_03h07m_3x5min

最後はC/2009 K5(McNaught)彗星です・・1枚5分露光ですが 彗星の動きが早いので延びて写ってます。右下方向に尾が写ってるような そうでもないような・・

2010/4/18  3h07mから5分露光3枚を彗星位置基準で合成 R200SS+MPCC+ 旧アトラクス恒星時駆動  その他データはM86付近などと同じです。

追記: 銀河団の赤みを ステライメージの自動レベル調整で追い出した画像を追加してみましたが どちらが良いか自分ではさっぱり分かりません??

M86_r200ss_6x15min_rgb_level  

2010年4月14日 (水)

4/13- の81Pウイルド彗星とM5 100SDUF

やっと晴れました・・気流や透明度は最悪でR200SSでは無理な気象条件でしたが 贅沢いってられませんので短焦点の100SDUFで撮影です。

81p_100413_100sduf_10x5min

81Pウイルド彗星です・・トリミング無し。前回撮った時と同じような写りでした。2010/4/13 23h51mから5分露光10枚を彗星位置基準で合成 ペンタックス100SDUF+EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1  60ミリガイド鏡+QcamS7500 GAGP1でオートガイド 自宅にて

M5_100sduf_4x5min_tr

続いて へび座の球状星団M5です・・等倍でトリミング。雲の通過で5分露光4枚しか撮れませんでした。球状星団はもっと大きな機材で20等星近くまで写さないと見栄えが悪いですね・・この画像の最微星は17等星なので球状星団の中心付近しか写ってなく 星団の大きな広がりが分かりません・・極悪気流でR200SSが使えなかったので仕方ない・・・

2010/4/14 1h42mから5分露光4枚合成 100SDUF+EOS DIGITAL REBEL XTi改

追記 4/15 フラットフレームを4枚→3枚にして処理した画像に入れ替えました。雲の通過でレベル大違いのフレームを外した方がマシみたいです。 

2010年4月 6日 (火)

4/6の火星 μ180+DCR-PC100

曇る直前に火星を撮ってみました。いや~ 小さいですねぇ 2倍にリサイズしても何だかよく分かりません・・大シルチスがやっとでした

Ms100406_19h54m10s_m180

2010/4/6  19:54:10- 2min  μ180mm+Or18mm+DCR-PC100 1/15s 9db  マークX恒星時駆動 自宅にて

2010年4月 5日 (月)

R200SSで準惑星Makemake撮り 4/3-4

冥王星と同じく準惑星のマケマケ(MPL 136472 Makemake )を撮ってみました。17等星なので R200SSで簡単に写るかと思ったら 春霞などで2-3等星程度しか見えない空だったので微かにしか写らず難儀しました。

Makemake_r200ss

19等星程度まで写るかと思っていたのに18等星がやっとでした・・春霞と薄雲の通過もあって厳しい写りで プレビュー画面では何も写ってないと勘違いしましたcoldsweats01 2010/4/3 22h56mから2010/4/4 02h02mまでの間に5分露光5枚を3セット 5分露光4枚を1セット(雲通過で終了)の画像4セットを比較明合成 R200SS+MPCC EOS DIGITAL REBEL XTi改ISO-400  旧アトラクス+半自作60ミリガイド鏡+QcamS7500 GAGP1でオートガイド 等倍でトリミングしています

Makemake

アニメ化すると 右上に動いてるのがわかりますね。かろうじてマケマケが写りました・・余談ですが 阿波弁でマケマケとは コップから溢れそうになる位 酒や水などを注ぐことをいいます。おしっ● ちびった→まけた 子供?の頃やりましたなぁcoldsweats01   

眉山(徳島市)の桜 4/3

満開の桜を見ながら 眉山北麓の諏訪神社から山頂経由で西部公園に降りるコースを歩いてきました。

Bizan_1

神社前の駐車場に車をとめ 鳥居脇の道を上がっていきます

Bizan_2

急な道をがんばったら ロープウェイやパゴダのある山頂部に着きました

Bizan_3

すぐ南は車で上がれますが 狭い駐車場なので既に満杯 あきらめてUターンする車も

Bizan_4

車道沿いにを西部公園をめざします。途中 眉山の一角の万年山からのハイキングコースもあります。万年山は阿波藩主 蜂須賀家代々の墓所ですが 十数年前に訪れた時は荒れ放題になっていて驚いたものです。今は市が整備中で綺麗になってきました。

Bizan_5

西部公園の桜も見頃 花見客も一杯で 道ばたにはネコの家族がまたーりしていました。

Bizan_6

甲子園球場が決勝でヒートアップしてる頃 蔵本球場では徳島のインディゴソックスと愛媛のマンダリンパイレーツとのアイランドリーグ開幕戦やってましたが スタンドは人がパラパラでちと寂しいかもcoldsweats01 

Bizan_7

諏訪神社に戻る途中には徳島市水道局の古い建物もあります。散り始めで 吹きだまりには花びらがいっぱい 

     

2010年4月 1日 (木)

ビクセン2インチアダプタ改造

ビクセンの2インチアダプタは 光路長が変えられるようにフランジ面の両側に60ミリネジが切ってあります。でもR200SSに使うには短い方の光路長で間に合います。それに フランジ面から出っ張ったネジが 2インチサイズアクセサリの挿入に邪魔になります。なので ネジをカネノコギリでゴーリゴーリ切りとばしてしまいました。

V_ad1

右の輪っかが切り取った部分です

V_ad2

ついでに4ミリの固定ネジを追加して3点支持にしました。ネジ位置は出来るだけ斜鏡側に開けたので ドローチューブを最も縮めるとラックピニオン接眼部の端と干渉するので 4ミリネジのネジ山に熱収縮チューブを被せました。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »