« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

大麻山(鳴門市) 3/28

大麻比古神社から大麻山へ 往復5㎞歩いてきました。

Oasayama_1

参道脇のサクラ 見頃はまだ先のようです。毎日寒いですねぇ

Oasayama_2

登り口までやってきました

Oasayama_3

近くには第一次大戦後 ドイツ兵捕虜の収容所があったようで 石造りの小さな眼鏡橋が現存しています

Oasayama_4

気温は低いですが モチツツジのピンクの花や

Oasayama_5

アセビの小さな花々を見ながら登っていくと

Oasayama_6

所々 展望の良い場所から徳島平野を見下ろせます。うっすらと台形に見えてる山が徳島市の眉山で 手前には吉野川が光ってみえます。画面左の建物群は 映画「バルトの楽園」で使われたセットのようです

Oasayama_7

途中 真名井の水で休憩した後 ひと登りで山頂に着きました

Oasayama_8

山頂の神社脇には捨て猫?・・チョコレートしか持っていなかったのですが 空腹だったのかペロリと食べていました。登山者の多い山なので餌には困らないかもしれませんが 寂しい山頂に捨てるなんて・・・      

2010年3月29日 (月)

R200SSとWebカメラで月撮り

満月前の月を R200SS+エクステンダーとウェブカメラで撮ってみました。モザイク合成で月の半分を撮るつもりでしたが 無計画に望遠鏡を振ったので重なりがうまくいかずに 撮り残し領域や重ねすぎ領域だらけで失敗でした。おまけに ウェブカメラのレンズを外していて内面反射対策はしてないので カメラ内の乱反射でフラットが全然決まらず難儀しましたcoldsweats01

Mn100329_r200ssexwebcamc600

2010/3/29  0h10mから30秒の動画15シーンをAviStackで処理 ビクセンR200SS+専用エクステンダー(f 1500mm)+ロジクールWebCamC600 五藤光学マークX恒星時駆動 自宅にて

カメラのシャッターは1/50s程度 ゲインは最低と最高の中間ほどです。  

2010年3月27日 (土)

Webカメラで月撮り 3/26日

5千円で買える200万画素のWebカメラ ロジクールWebcam C600とミューロン180で月を撮ってみました。気流が悪くて最大解像度は無理そうだったので 800x600ピクセルの1秒間10フレームで撮影した30秒の動画をPCに取り込みました。動画取り込みはフリーソフトのhunuaaCapで ファイルにタイムスタンプを自動的に付けてくれるので後の整理が楽です・・他にも機能満載の多機能ソフトで なかなか使いこなせません。後は動画をAviStackで処理するのですが 今回は動画をBMP静止画に切り出して処理しました。切り出しに使ったフリーソフトはGOM PLAYER 動画を設定した間隔で静止画を連続キャプチャーしてくれるので便利です・・10FPSで記録した動画なので0.1秒間隔で切り出しの設定をしたら 出てきた静止画は0.2秒間隔でした・・インターレース前提かな?なので切り出し設定は0.05秒間隔にしたら 1秒あたり10枚の静止画を切り出してくれました。

後はAviStackで静止画約300枚を取り込んで処理しました・・スタック枚数は約200枚で 一連の処理時間は10分余りかかりました。その後レジスタックスでウェーブレット処理 ステライメージで軽く画像復元 フォトショップでモザイク合成と続きます。

今回は気流がもひとつだったので WEBカメラの最大解像度1600x1200は使いませんでしたが 夏の安定した気流なら低フレームレートでも高解像度の月画像が出てくるかもしれません。

Mn100326_m180webcamc600

2010/3/26  μ180+WebCamC600  赤道儀はマークX 恒星時駆動 自宅にて。

それにしても 満月に近くなって晴れましたね・・新月期にもっと晴れるといいのにcoldsweats01 

 

2010年3月26日 (金)

WEBカメラで月の動画 WMV vs AVI

ロジクールWebCam付属のソフトで動画を撮ると WMV形式なので圧縮率が高くて画質が悪いです。で 付属ソフトは使わず AVI形式で保存出来るソフトなら 高画質の画像が得られるかもと試してみました。AVIで動画保存できるフリーソフトはいろいろあるようで今回は hunuaaCapというソフトを使いました。

25日は薄雲の通過はありましたが 月をペンタックス75EDHF+2倍リアコンバーター+ロジクールWebcam C600で撮ってみました。まずは付属ソフトでのWMV動画20秒をAviStack処理した画像です。

Mn_wmv_20sec_stack

20秒のWMV動画 ファイルサイズはたった10メガバイトです。これでは低画質ですねぇ。

Mn_avi_20sec_stack

こちらはAVIを処理した画像。動画サイズは20秒で200メガバイト超です。WMVより画質は良さそうですね。まあ あたりまえですが・・coldsweats01

Mn_avi_1shot

ちなみにAVI動画のスクリーンショットがこれで WMV動画を処理したのと同等以上かも。

   

2010年3月23日 (火)

与島 香川県坂出市 3月22日 

瀬戸大橋 ど真ん中の島 与島を歩いてきました。

Yoshima_p

パーキングエリアの南端から東の集落に行ける細い道がありました

Yoshima_1

アンカレイジの近くを通って集落に降りてきました。白い漆喰の廃屋がありました・・昔 香川の古い家屋が土壁だったりして少雨の気候ならではと思いました・・豪雨が珍しくない徳島県南では考えられないですね。

Yoshima_2

桜かな? 見頃になっていました。

Yoshima_3

島の東海岸にやってきました。向こうに見える島は小与島。与島とともに かっては石切で栄えていたようです。採石で島の形もすっかり変わったんでしょうなぁ。リゾートブームでホテルが作られたそうですが 黒字になることもなく廃業したようです。

Yoshima_4

道脇のかみさま? 航海安全を見守っているようです。

Yoshima_5

じいちゃんが孫の こいのぼり を揚げていました。対岸の景色は坂出市番ノ州工業地で その右の富士山型の山が飯野山(讃岐富士)です。

Yoshima_6

港の岸壁に船の一部を切って持ってきたような待合室がありました。かっての連絡船待合室でしょうか?今はこの前にバス停があります。

Yoshima_7 

与島の南端そばにある鍋島です。頂上の電柱左に灯台の頂が少し見えています。この灯台は1872年点灯以来 140年近く船を見守っている歴史建造物のようです。灯台への道は立ち入り禁止ですが 一般公開されることもあるようで 今年は4/3-4/4に行われるそうです。歩くだけなら無料ですが 島の周りを巡るクルーズ(有料)も企画されてるようで こちらは事前申し込みが必要らしいですね・・詳しくは MY・トリップかがわHPでどうぞ。     

2010年3月20日 (土)

R200SSで球状星団M53とNGC5053   3/20

快晴無風で惑星撮りの天気かと思って望遠鏡で見たら ゆらゆらで難しそうなので予定変更 球状星団を写してみました。

M56_ngc5053_r200ss_65min

トリミング無し画像です・・左下がNGC5053ですが 明るい星しか写ってないので 散開星団と間違えそうです。2010/3/20 2h20mから2.5分 5分 10分 15分露光を各2枚 R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400 旧アトラクス+AGS-1 60mmガイド鏡+QcamS7500 GAGP1でオートガイド 自宅にて

M53_ngc5053

うーん 微恒星が写らないと全然冴えませんねぇcoldsweats01。NGC5053は星数4千と球状星団にしては少ないですが それでも星がちりぢりにならない引力でしょうか。     

2010年3月19日 (金)

R200SSで かみのけ座銀河団  3/19

日中に雨が降ったせいか 夜は透明度の良い空が戻ってきました。で かみのけ座銀河団を撮ってみました。ガイド星は安定していたのに 撮れた画像は星が肥大していました??

Coma_cluster_r200ss_12x15min

合計3時間露光のかみのけ座銀河団です・・距離3億光年だそうです。天の川から離れた領域なので恒星が少なく 画像に写ってるのは天の川の星の遙か彼方 遠くの銀河が多そうです。 2010/3/19 01h25mから15分露光12枚合成 R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 60mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 自宅にて

Coma_cluster_r200ss_12x15min_tr

こちらは等倍で切り出した画像です・・ボケまくりですがcoldsweats01。かみのけ座銀河団は渦巻き銀河が少なそうですが その渦巻き銀河も楕円銀河のような色合いが多く 星生成領域の青が少ないように見えますね。

2010年3月18日 (木)

R200SSでM51撮り直し 3/18

相変わらず白っぽい冴えない空ですが 前日の続き りょうけん座の子持ち銀河M51を撮りました。気流が悪くてガイド星がフラフラしていましたが なんとか3時間分撮れたので 前日の画像と合わせて加算合成しました。

M51

ISO-400で15分露光1枚のプレビュー画面です。春霞で3等星ほどしか見えない自宅からなので 多数枚合成しても厳しそうですね。でも撮影中は部屋でゆっくり休めるので楽です。

M51_r200ss_255min

17日と18日に撮った画像 合計19枚で露光合計255分の合成です・・トリミング無しです。まあ 暗い空で撮った画像には遠く及ばないでしょうが 自宅でお気楽撮影も疲れなくていいかも。

2010/3/17-18  10分露光6枚と15分露光12枚を加算合成 R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1 60ミリガイド鏡+QcamS7500 GAGP1でオートガイド 自宅にて

M51_r200ss_255min_tr

こちらは0.7倍縮小してトリミングした画像です。等倍ではボケボケで見るにたえないですweep。画面左の明るい星の左下あたりに やや黄色っぽい銀河らしき斑点が写っているのでグーグルスカイで見たら やはり遠くの銀河集団のようでした。   

2010年3月17日 (水)

3/17の火星 

いつものようにミューロン180で火星を撮ってみました。

Ms100317_20h27m07s_m180

2010/3/17 20h27m07sから2分の動画を処理 μ180+Or9mm+DCR-PC100 シャッター1/15s ゲイン9db

小さいうえに地味な面がこちらを向いているので さっぱり見栄えしませんねぇcoldsweats01   

R200SSで子持ち銀河M51   3/17

黄砂?で透明度いまいちの空ですが せっかくの晴れなのでM51を撮りました。予定は総露光3時間のもくろみですが どっこいそうは問屋がおろしません。とちゅうから雲に邪魔されて1時間ちょっとで終了・・フラット画像も雲の影響で明るすぎて使えず 以前のを使い回しましたcoldsweats01

M51_r200ss_75min

2010/3/17 0h11mから10分露光6枚と15分露光1枚を加算合成 R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1 半自作60mmガイド鏡 GAGP1でオートガイド 自宅にて

   

2010年3月12日 (金)

R200SSで81PとC/2007 Q3 3/11未明

恒星を色々撮った後 81Pウィルド彗星と C/2007 Q3サイディングスプリング彗星も撮ってみました。自宅からなのと やや霞んだ空で写りはもひとつですが どちらも意外と尾が長そうでした・・透明度の良い暗い空で撮ったら面白いかも。

81p_0311_02h38m_4x5min_r200ss

おとめ座を行く 81Pウィルド彗星です。トリミング無しなので短辺が約1度です。幅広い尾が伸びているようですね。

2010/3/11 02h38mから5分露光4枚合成 R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-800 旧アトラクス+AGS-1 自作45mmガイド鏡+QcamS7500 GAGP1でオートガイド 自宅にて

C2007q3_0311_03h23m_6x5min_r200ss

こちらはC/2007 Q3サイディングスプリング彗星です・・りゅう座 うしかい座の境界付近にいました。トリミング無しですが 彗星まで遠いのに意外と尾が長そうですね。

2010/3/11 03h23mから5分露光6枚合成 その他データはウィルド彗星のと同じです。 

2010年3月11日 (木)

R200SSで星の色撮り  3/11

やっと晴れた11日未明 R200SSで恒星の色が撮れるか試してみました。恒星の表面温度は OBAFGKM 高温から低温へと分類されてます。デジカメで色を写すには 色収差の無い反射望遠鏡が良く R200SSは副鏡支持金具が太いので 輝星に出る十文字型の光が目立っていいかもしれません。

100311_star

R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400 20s露光で 赤道儀は旧アトラクスノータッチです。ステライメージでカラー現像して 自動レベルを中央値から下が3σ 上が30σにしました。星本体はどれも飽和していますが 十字の色が星の色を反映してる気がします。土星は太陽と同じならG2Ⅴですが 土星の大気の色があるので?です。V型は太陽と同じく主系列ですが 星座を構成してる肉眼で見える星は巨星が多いようですね・・明るくて目立つからでしょうか。なお オリオン座の三つ星に代表されるO型の星が撮れなかったのが残念・・撮影時刻が遅かったのでオリオンは西に沈みかけでしたcoldsweats01

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »