« 2/20の火星 μ180+DCR-PC100 | トップページ | 2/23の月 LN6E+1.5倍テレプラス »

2010年2月22日 (月)

R200SSでNGC5005とNGC5033  2/21

ちょっと透明度が悪い空でしたが りょうけん座の銀河NGC5005とNGC5033を撮ってみました。

Ngc5005_5033_r200ss_170min

トリミング無し画像です。左下のNGC5033が大きいですが 中心以外は淡くて貧弱な写りでした。2010/2/21  2h04mから15分露光10枚 10分露光1枚 5分露光2枚を加算合成 R200SS+コマコレクター3 EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-400  旧アトラクス+AGS-1  60mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 自宅にて

Ngc5005_r200ss

等倍トリミングのNGC5005です。

Ngc5033_r200ss

みかけの大きさにつられて撮ったNGC5033ですが 腕付近が写りにくくて難物でしたcoldsweats01

Ngc5002_r200ss

NGC5005のずーと下 かろうじて写ったNGC5002です。グーグルスカイの画像で興味深い形にみえました。    

« 2/20の火星 μ180+DCR-PC100 | トップページ | 2/23の月 LN6E+1.5倍テレプラス »

天文」カテゴリの記事

コメント

NGC5033の腕がよく写っていますね。
ガイドが安定しているようで羨ましいです。
先週末の撮影ではポンコツじじいさんのNGC4631とNGC4656を参考に撮ってみたのですが、ガイドが上手くいかず失敗でした。
1/8の記事のピント合わせの道具はBahtinov Mask
http://astrojargon.net/MaskGen.aspx
でしょうか?

こんばんは、てげてげさん。
ピント合わせはBahtinov Maskです。自分の持ってるF4より暗い望遠鏡では、星雲・星団から惑星までBahtinov Maskのピント合わせで十分な気がしますが、イプシロンなど明るい高性能望遠鏡でも使えるかは分かりません。撮影中、気温変化でピント位置が変わるので、撮る対象導入前に明るい恒星でチェックしています。
ガイドずれは残念でしたね。南の対象のガイドが安定しているのに、北天のガイドがずれるのはなんなのでしょうね。てげてげさんのシステムが私のシステムよりよほどガッチリしてるように見えますが・・。私の場合、天頂付近を通る対象は主鏡の保持など、ちょっとしたガタでも影響が大きいと感じているので、軽く鏡筒を振っても主鏡がカタカタ音しない程度に少し強めに鏡を保持しています。オフアキシスできれば、ガタがあっても全く問題ないのですが・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/20の火星 μ180+DCR-PC100 | トップページ | 2/23の月 LN6E+1.5倍テレプラス »