« R200SSで銀河撮り 1/14 その2 | トップページ | 1/19日の火星と土星 »

2010年1月17日 (日)

R200SSで銀河撮り 1/14 その3

銀河団の第三弾は うみへび座Ⅰ銀河団です。距離は1億5千万光年のようです。

Hydra1_cluster_r200ss_4x20min

トリミング無しです。2010/1/15  2h08mから20分露光4枚合成 R200SS+コマコレクター3 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+AGS-1  45mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 海部郡美波町にて

Hydra1_cluster_r200ss_tr

中央トリミング画像に おもな銀河のナンバーを書き込んでみました。他にも写ってますが 調べるのが面倒なのでこのへんで勘弁してくらはいwink  NGC3314は奇妙な形なので何だろうと調べたら 2つの渦巻銀河が見かけ上重なってるだけでした・・グーグルスカイのハッブル画像に載ってました・・宇宙望遠鏡の解像度はスゴイ!!

Ngc2903_r200ss_6x20min

さて 大きめの銀河も撮っていました。しし座のNGC2903です。 2010/1/14  23h33m(JST)から20分露光6枚合成 他のデータは銀河団のと同じです。

Ngc2903_r200ss_4x20min_tr

こちらはトリミング画像です。よーく見ると小惑星らしき線が写っていました・・加算平均合成なので線が薄くて見にくいですが 元画像は短い線が割とハッキリ写ってます。左から右上に逆行しているようです しょうの位置に近いからかな。お暇な方は調べてみて下さいm(_ _)m   

« R200SSで銀河撮り 1/14 その2 | トップページ | 1/19日の火星と土星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

うみへび座I銀河団は小さな銀河がたくさんあって、撮って楽しい領域ですね。冬の星雲を撮るために77EDを持っていくと、夜半過ぎには撮るものがなくて困ります。そろそろ長い筒の出番かなcoldsweats01

南天低空のクローズアップは、鹿児島からは少し高度が稼げるのでいいですね。気流のいい日にC11などで撮ったら、凄い画像になりそうで楽しみです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R200SSで銀河撮り 1/14 その2 | トップページ | 1/19日の火星と土星 »