« 便利な小物 | トップページ | R200SSでNGC1535 NGC1637 1/6日 »

2010年1月 4日 (月)

満月明かりで星雲撮り 2010/1/1

正月は上天気でしたが 満月の強烈な明かりで星雲撮りは厳しそうです。でも 大都市圏では 新月でも光害で星雲撮りは困難なのでしょうね。で 田舎の低光害で楽させてもらってるので 都会の星雲撮りを実感するため あえて満月で空が明るい中 星雲を撮ってみました。

Fm_m45_1

ペンタックス75EDHF鏡筒にデジ一眼10分露光での すばるM45 です。デジ一眼の感度は100に設定しました。上画像は処理前のプレビュー画像で 星団にまとわりつく青い星雲が全然分かりませんね。下画像の処理後は ステライメージの周辺減光補正やカブリ補正も使ってフラット処理したところです。月光がフラット用のレジ袋に直射しそうなので  撮影対象から遠い天空でフラットフレーム取得した所 フラットが合いませんでした。

Fm_m45_2

フラット処理せずに強調すると 周辺減光などが凄いです。

M45_75edhf_8x10min_iso100

8枚合成した完成画像です。満月では 青い星雲がやっとこさ写る程度でした。ノイズだらけで色も変ですね。都会はいろんな光が溢れてるので 単純な満月光より難しいのかな?都会で撮影の苦労がしのばれます。

撮影データは 2009/12/31  22h49mから10分露光8枚合成 ペンタックス75EDHF(f 500mm)  EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-100  旧アトラクス+AGS-1  自作45mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1でオートガイド 

Fm_m42_1

つづいてオリオン大星雲M42です。月との角度は30度程と近いですが 星雲がM45より格段に明るいので カメラの液晶モニターでも星雲が写ってるのが楽に分かりました。

M42_75edhf_3x10min_iso100

10分露光3枚合成の完成画像です。すばるの青いガスより 月明かりバックの青さの影響が少ないのかな?

2010/1/1  0h31mから10分露光3枚合成 その他のデータはM45と同じです。

追記 1/5日:  1/4に撮ったバラ星雲画像を追加します。被写体と明るい月の角距離が離れているのと透明度が良かったせいか 10分露光の背景カブリは満月で撮影時の1/2以下です。もっと露光かけるか カメラの感度上げられそうです。フラットフレームは建物で月光の直射を避け 被写体近くで取得したので 今度はバッチリ合いました。 

Ngc2244

プレビュー画面です。背景が満月の時より暗いですね。

Ngc2244_75edhf_6x10min_iso100

ISO-100で10分露光6枚合成のバラ星雲です・・もっと露光かければ良かった。撮影機材や設定は満月の時と同じです。 2010/1/4  0h55mから10分露光6枚合成     

      

« 便利な小物 | トップページ | R200SSでNGC1535 NGC1637 1/6日 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。満月でも撮影とは恐れ入りました。
やはり満月の時は厳しいですね。
そろそろ火星が接近するので撮ろうかと思うのですが、結構降灰があって望遠鏡をベランダに出しきれません。

コメントありがとうございます、てげてげさん。
満月での撮影でも、星雲の輝度の高い部分は出ましたが、青い部分は月明かりの影響が大きくてさっぱりですね。

降灰で大変なのですね。天文だけでなく、日常生活でも影響大でしょうか・・洗濯物は鹿児島では外干しは無理なのでしょうね。

こちらも火星や月も撮りたいのですが、気流が悪くてご無沙汰続きです・・先日、月の出まで星雲撮りしていましたが、ピント合わせ画面の星がやたら太っていました。焦点距離800でも厳しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 便利な小物 | トップページ | R200SSでNGC1535 NGC1637 1/6日 »